FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者を育てるということ。

内視鏡室には3人のおじーさん、おばーさんが
順番待ちをしていましたが、
入院患者はディズニーのファストパスみたいなもんで、
3人抜き。
ごめんなさいね。

胃の中の泡を消すシロップを飲み、
スポイトみたいなもので喉の麻酔を入れられて、
上を向いて5分待ったらいよいよベッドへ。

いつもの研修医君が、注射の準備をしています。
むむ、君が注射するのかい?

「はーい、眠くなりますよー。」

ああは言ったものの、ちゃんと眠らせてくれるんだ、よかったよかっ。。。
あっと言う間に眠ったようでした。

「あ、あるね。」
「どうします?」
「とってみて。」
「こうですか?」
「いや、もっとこうだよ。」
「こうですかね?」

そんな遣り取りで、薄っすら意識が戻った婆でしたが、
研修医君がポリープをとっているようでした。
むむむ、君がとっているのかい?

どうやら胃の入口部分にあるらしく、
意識も戻っていたので、嗚咽が・・・

ここで恐らく麻酔が追加されたようで、
再び意識が遠のきました。

気が付くと、ストレッチャーで病室に運ばれる途中でした。
むむむむむ、大袈裟じゃない?
歩けるわよ、私。

と、一瞬思いましたが、
次に気が付いたら病室のベッドに寝ていて、
検査開始から2時間半が経過しておりました。
むむむむ、研修医君、どんだけ強い麻酔かけたんだい?

その後、2回、研修医君は大学ノートを片手に婆の部屋に体調を聞きにきました。
その顔はとても嬉しそうで、
いかにも

初めて僕がポリープをとった患者さん!

という感じなのでした〜。

ま、誰かが実験台にならないと、
医者も上達しませんからね。(T_T)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。