FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出願人が未成年

これは結構あります。
婆の特許事務員歴の中で最年少は「8歳」。

今回久々に出願人が未成年者なので、必要書類を確認しました。

未成年者の場合、原則ご両親が【法定代理人】となります。
(この「原則」以外は、婆は手続きしたことがありません。
これ以外のケースは必要書類が異なるはずですからご注意ください。)

必要なのは
「戸籍謄本」 と「住民票」 
です。
住民票は同一世帯の場合、未成年者と法定代理人が全て記載されていれば1通でOKです。

あれ?委任状いらないんだっけ?
念のため特許庁方式に確認したところ、

戸籍謄本と住民票の提出で、未成年者と法定代理人との関係を確認できるので、これをもって代理権を証明する書面とするそうです。

ほほーなるほど。
そうであったか。
大昔は出願の委任状が必要だったから、それと混同していたようですね。

願書の書き方は一般的な願書に以下の項目をプラスします。

【特許出願人】 (←これが未成年者)
の次に
【法定代理人】
その次に
【代理関係の特記事項】 特許出願人○○○○の法定代理人である。

これのみ。
意外と簡単。

【物件名】  戸籍謄本   1
【物件名】  住民票     1
を手続補足書で補足するのもお忘れなく。

なお、面倒ですが
その後の審査請求や中間や特許料納付の際の表書きにも【法定代理人】の記載は必要です。

権利存続期間中に、成人したらどうなるんだろうと以前から思っていました。
お預かりしている案件でもうすぐ権利者が成人するものが1件あります。

どなたかご存知の方、教えて下さい。
m(_ _)m





  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。