スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減免申請について


個人のお客様の案件が特許査定になりました。
市町村民税非課税ということで3年分の特許料を減免申請をすることに。

ここでふと、
スーパーどけちな特許事務員は疑問に思ったのであります。

いまは市町村民税が非課税である出願人様ですが、
たとえば5年後も市町村民税が非課税とは限らないわけで、
先のことまで見通せる状況の出願人様であれば
市町村民税が非課税のいま、4年目以降の特許料も納めてしまった方がお得ではないか、と。

請求項数が1の出願は
第1~3年目までの特許料合計は   7,500円 全額免除
第4~6年目     〃      22,800円 半額軽減
第7~10年目    〃      92,400円 半額軽減
市町村民税非課税の時点で10年目まで一括で納付すると57,600円お得!

結構大きいですよね。

まとめて払ってしまった後に
途中で「この権利要らなかった~。」という事態にならない限り、
この制度をフル活用しない手はないような気がします。

えーっと損益分岐点は何年分かな・・・
計算が面倒くさいのでどなたか計算してくださーい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。