FC2ブログ

特許料が1/3に軽減されるのはいつまで?!

今年4月以降に審査請求をして、特許査定になって、
10年分の特許料をまとめて納付した件を、以前ブログに書きました。

その後もこのケースはいくつか出てきておりますが、
全てのお客様が「軽減申請や納付の費用を考えても、お得だから10年分納付する!」と、仰って下さるのでご意向通りに10年分まとめて納付の手続きをしました。

ここでふと、
「10年も要らないかも・・・、というお客様が、たとえば最初の4年間分だけ特許料を納付し、平成30年4月以降に5年分以降を納付したいと思ったとき、条件さえ変更なければちゃんと軽減してもらえる??」
と心配になってしまいました。

特許庁のホームページや手引き書を見ると、
『※この軽減措置は平成26年4月から平成30年3月までに
特許の審査請求又は国際出願を行う場合が対象になりますので御注意ください。』
と書かれています。

まぁ、普通の日本語として読めば、
『この期間内に審査請求又は国際出願を行えば、特許料納付自体が平成40年でも、それ以降でも軽減できます。』
になりますが、どうも確認しないと気が済まないのです。

早速、特許庁に確認しました。(笑)
もちろん大丈夫でした!

これでお客様にも自信をもって、
「いま、10年分まとめて手続きすると、軽減申請手数料を引いても○○万円お得です。でも、5年分でも○万円、7年分でも○万円お得ですし、金額がドーンと大きくなる10年分の納付だけ、その時にまたお考えになって軽減申請し直すことも可能です。」
と説明できます。(^^)v

お客様によっては
『10年後、軽減対象となるための条件を満たしていない可能性もある』
ので、それはそれで注意が必要ですが。

とりあえず、特許庁の太っ腹加減に感動します。
個人のお客様は本当に喜んでいらっしゃいます。
ありがとうございます!






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR