FC2ブログ

夏と言えば、恐怖話。

退院してから
早くも2キロ増。

怖ーい。


今日、病院から
入院費用の請求書が届いた。

怖ーい。


身の毛もよだつ恐怖話でございます。


スポンサーサイト



母の手料理

ラクロスが

「あと30分で出るから、
お昼ご飯早くちょーだい!!」

と急かすので、
早くできそうな、ざるうどんとちくわの磯辺揚げにしました。

茹でうどんを1分半茹でて、
冷水にさらし、
うどんを冷ましている間に、
天ぷら粉にたっぷりの青海苔を入れてちくわに絡め、揚げます。
麺つゆにすりごまを入れてハイできあがり。(ラクロスは薬味が苦手。)
15分もかからずに仕上がりました。

全く手作り感の乏しい昼ごはんを出すと、

ラクロス 「うーん!おいしー!おいしー!うどん最高!!」

と。

退院以降、3冊の料理本を参考にあれこれ凝ったものを作ってもあまり喜ばなかったくせに、まるでやっと食べられるものにありつけたかのように歓喜の声を上げるのでした。

うーむ。
モチベーション下がりまくり。(ーー;)


〈おまけ〉
食習慣とは恐ろしいものです。
子どもの頃から、手抜き料理ばかり食べさせていたせいでしょうか。。。(>_<)





『ボルミオリ・ロッコ』

これは耐熱ガラス容器のメーカー名です。
ガラスの歴史を語るには不可欠なメーカーのようです。

婆は初めて聞く名前でしたけど。σ(^_^;)

マリネなど、熱いものを入れてそのまま冷蔵保存し、蓋を外せば食卓にもガラスの器として出せるようなものです。

大きさや形によって、
500円くらいから2500円くらいまであります。

肉と野菜がゴロゴロ入ったマリネを
たくさん作っておくと、
小鉢(我が家では不人気のようですが・・・)とか、
バンに挟んだり、サラダにのせたり、
何かと便利なのでひとつ欲しくなりました。

ただいま正方形と長方形で迷っております。(u_u)
どちらが使い勝手がよいかしらー。




下北沢のオススメカフェ

下北沢の北口を出てピーコックを左にしながら歩き、
カルディを過ぎ、
横浜銀行の角を左に曲がると、
ゆるやかな坂があります。

坂を少し登ると左手に
『OKIDOKEI』
というカフェの看板が目に入ります。

2階なのでちょっと見落としてしまいそうですが、
ラッキーにも気が付いたら、
ぜひ入ってみてください。

とーっても雰囲気のある空間で、
トイレの中の小物まで徹底した雰囲気作りがされています。

女の子っぽくなりすぎず、
大人っぽくなりすぎず、
ほっこりしすぎず、
都会的になりすぎず。

どこか落ち着く雰囲気で統一されているのです。

飲み物の種類は豊富ですし、
料理もこだわりの食材(ピーマンかと思ったら京野菜の万願寺とうがらしを使っているなど。)で、美味しいです。

スイーツ類を含め、全てを23歳のイタリア帰りのイケメンシェフが一から作っています。(←ここは重要なポイント!)

シェフとチョコペンアートが得意なお兄さんの2人で頑張っています。
20代の女子から50代のおばちゃんまで、
下北で休憩する時はオススメです。


〈おまけ〉
ランチセットは900円、
夜の飲み放題は1時間1000円(料理注文の方)と、
お値段も手頃です。(^_^)
分煙なので、さらにGOOD!


私が肝臓の病気だってことは、知ってるよね??

入院中、
ゲリラのように見舞いにやってきた近友の旦那が、
婆の退院のお祝いに、
ワインを買ってくれたらしー。
(⌒-⌒; )

小鉢 × 4 < 主菜 × 2

料理の話ばかりで恐縮です。m(_ _)m


料理本にはメインの料理の他、
もう一品の小鉢も数多く掲載されています。

購入した3冊にも小鉢は載っていまして、
中でも「3分クッキング」には、
特集で101種類もの小鉢が載っています。

中には美味しくなさそう(失礼!好みに合わない、ということで。f^_^;)なものもありますが、
簡単で美味しそうなものは、順にトライしております。

ご飯、
お味噌汁、
肉や魚のメインのお皿の他に、
小鉢が2,3個あると、
華やぐというか何というか、
味は二の次で(笑)、ちょっと嬉しいではないですか。

でもそれは、
婆のひとりよがりだったようです。

昨夜、頑張って小鉢を4種出しましたら、
ラクロスが、

「俺、小鉢とかいらないからー。
メイン2種類だしてくれた方がいいー。」

ですって〜。(T_T)


〈おまけ〉
メインが2種類出せないから、
小鉢で誤魔化しているんだわよ〜
台所事情ってもんがあるんだわよ〜





他人事ではない話

町会長さんから電話がきました。

先日、班長さんから婆の入院の件を聞いたそうで、
「心配だから町会から離脱しなさい。」
という内容でした。

世の中にまだC型肝炎がない頃(いまはE型まである。)、
町会長さんのご主人が急性A型肝炎になり、
婆と同じで、原因の分からない肝炎でもあったそうです。
それがのちのちC型肝炎と命名されるのですが、
その時点ではA型+非B型という診断だったそうです。

もともとご主人は仕事で過労気味であり、
それが原因で体力が落ちているときに肝炎になったようです。
退院後もすぐに仕事に復帰したのですが、
疲れやすく、
無理をしているうちに急性が慢性の肝炎になり、
やがて肝硬変になり、
最終的には肝臓癌でなくなられたそうです。

若い頃に輸血をしたのがC型肝炎の原因になったようですが、
(北海道で生ものを食べ過ぎた婆とは違う。)
町会長さんとしては、ご主人を思い出してしまって、
婆が心配でたまらないのだそうです。

来年は順番通りにいくと婆が班長になる年です。
「集金や会合もあり、なにかと負担が大きいので、いっそ町会を抜けておしまいなさい。必要な情報は回すし、災害時に不利になるようなことも一切ないから。」
と、わざわざ離脱を進めて下さったわけです。
なんとありがたいことでしょうか。

向こう三軒両隣、とはよく言ったものです。
遠くの親戚より近くの他人、とはよく言ったものです。

お言葉に甘えて町会離脱を決意致しました!

部品ひとつのせいで

まずは部品の確認をして、と。

棚付きハンガーラックがAmazonから届いたのである。

*****

婆は過去に、同じような組み立て家具で、
「組み立て作業の途中で、
部品が足らないことに気付いた」
という苦い経験をしているので、
それ以来、部品の確認は怠らない。

さぁ、組み立てよう!

とやる気になって、
組み立てを中断せざるを得なくなった場合、
そのやる気のやり場にも困るけれど、
なにより、
広げた作業スペースと、残りの部品たちがそのままになるという悲惨な状況が数日間続くのが困る。

部屋数豊富な豪邸じゃあるまいし、
家族の動線を邪魔してブーイングの嵐であった。

*****

そんなわけで、今回は無事組み立て完了。



Yahoo!知恵袋さんありがとう(o^^o)

地下室の家具を動かしたら、
白い壁紙に黒ずみを発見しました!!

床に近いところから10センチくらいでしょうか。
湿気が多いので気をつけてはいたのですが、
カビです。

家も傷むし、
何より身体に悪い。

こんなときはYahoo!知恵袋。

ありました、ありました!
壁紙のカビの取り方!

消毒用エタノールを、
カビにスプレーするだけでよいとあります。
(白い壁紙なので色落ちの心配も不要。)

早速薬局でエタノールを購入し、
スプレーしてみると、

え?(°_°)

濡れて黒ずみが目立つだけ。。。

あーあ、ネットの答えなんて
鵜呑みにしたらダメなのねー

諦めてお風呂に入り、
ご飯を食べてから、
「まさか壁紙が変色しちゃったりしてないよね〜(T_T)」
と確認しに行くと、
なんと真っ白!!

カビはすっかり消えていました。
疑ってごめんなさい!

Yahoo!知恵袋さん、ありがとうございます。
(o^^o)




クックパッドさんありがとう(o^^o)

ラクロスはセブンイレブンの茹で卵が好きです。
毎日のように食べています。

毎日食べるとなると高い(←と言っても100円以下。)
ということに漸く気付いたようで、

「お母さん、同じの作って!」

と、簡単に注文してきます。
ラクロスの料理番(←『天皇の料理番』病院で観てました。)としては、
注文があればなんとかしなければなりません。

困ったときのクックパッド。

ありました、ありました!
コンビニ茹で卵の作り方!

冷たくて濃い食塩水に、
茹でてアツアツの卵を漬けると
あのように塩味が染み込むのだそうです。

早速やってみましたら、
ラクロスが

「同じや〜(((o(*゚▽゚*)o)))」

と感動しておりました。
クックパッドさん、ありがとうございます!
(o^^o)

食堂化

週のはじめの月曜の夜、
勤め人にとっては、かったるい夜ですね。
疲れます。

23時頃、はっちゃけが義理息子を連れてやってきました。
週のはじめから残業のようです。

婆 「なんだい?」

はっちゃけ 「母ちゃんが作った春巻をくれ。」

たくさん作って冷凍保存してある春巻を目当てに、
やって来たようです。
まぁ、月曜の夜だし、気持ちは分かります。

豆板醤を使ったタレ(←料理本に載っていた)を小瓶に入れ、春巻と一緒に渡そうとしたら、

義理息子 「もうお腹空いたんで、ここで食べていきます!」


え・・・( ̄◇ ̄;)
要するに、2人とも疲れているので、
婆の家に夕飯を食べに来たのでありました。

春巻定食を食べ、

「ご馳走さまでしたー。」

と、2人でTシャツを短パンにINして、
その短パンを異様に上まで引き上げ、
ドリフターズの小学生のようにして帰って行きました。

変な新婚さん。








むくみ

動き過ぎなのでしょうか。
脚のむくみがすごいです。

入院時に筋肉が落ち、
かなり細くなったふくらはぎですが、
退院後、2cmも太くなりました。
マッサージすると1cmくらいは戻りますが、
足の甲までパンパンになります。

リバウンドで太っているのもありますが、
見るからにむくみなので、
股関節の運動などストレッチが必要だと思います。

どう考えても、
自宅で安静なんて保てませんね。(笑)



南関東一の歯医者さん(かもしれない)

それは京王井の頭線の池ノ上という駅のすぐ近くにある、その名も、
『池の上歯科医院』。

八百屋さんの脇の私道を入った奥にあり、
小さな看板があるのみ。
(婆は通り過ぎてしまったことさえある。)

婆よりちよっと年上の女医さんで、
看護師さんが2人だけのこじんまりとした歯医者さんだけれど、
歯の詰め物なら一回で済む。
2回、3回と通わなくて済むところが実に良い。

古い詰め物を取って、
歯をきれいに削り、
新しい詰め物をして、
(接着剤での固定が非常に上手く、滅多なことでは取れない。)
高さ調整をして20分くらい。
(違和感のない高さまで、丁寧に調整してくれる。)

※ちなみに婆は他の歯科医院で詰めた物が取れてしまったので、久しぶりにこちらに来た。
土曜日の予約がなかなかとれないので、止むを得ず事務所近くの歯科医院で詰めてもらったらすぐに取れてしまったのだ。

こちらは一人当たりの時間が長めになるが、
予約さえして行けば待たされることもなく、
きっとご満足戴ける仕上がりになるだろう。

過去に、歯ぐきが痛むので診てもらった時も、
「疲れたんだねー。」
と抗生物質をスプレーしてくれて、
それだけで翌日には治ってしまった。

余計な治療をすることもなく、
本当に的確な処置をしてくれる歯医者さんだと、
婆は25年ほど前から信頼している。


〈おまけ〉
予約がとれなくてあちこちの歯科医院に浮気をしたが、ここが一番上手だと思います。
第二位は下北沢の『美都デンタルクリニック』ではないかと思います。
※全てあくまでも婆の感想ですけどね。
m(_ _)m



断捨離

入院中から、
家に帰ったらやろうと思っていた
自分の部屋の片付け。

暑さの影響か
「いいや!これも捨てちゃえ!」
と思い切りがよくなり、
今朝は燃えるゴミで6袋も出しました。
(夏は断捨離に適した季節かも。)

婆の部屋には家族のものもたくさんありますから、
それを含めて断捨離したのです。

例えば古いタオル。
「掃除の時に雑巾として使えるから」
と、とっておいたけれど、こんなに何枚もいらないか!
と、数枚残して処分。かなりすっきり。

靴下や下着類も、久しぶりに見ると着古した感じになっていることに気付き、
買い替えよう!
と殆ど処分。
うーんすっきり。

古い靴も処分。
下駄箱が空いて、きれいになりました。

布団もそろそろ買い替えようと思います。
さぁ、家中きれいにするぞー!!


〈おまけ〉
結局昨日は1:30まで断捨離していました。
気持ちはすっきりだけど、身体がクタクタです。
やり過ぎました〜。(T_T)



『内定』

※お食事中の方はお読みにならないで下さい。


今年は8月1日が解禁日ということになっています。

大企業や大まじめ企業はきちんと守っていて、
8月1日から1次面接が始まります。
(リクルーターがついている子は別。)

しかし、多くの企業は7月中に最終面接又はその一歩手前まで進め、
8月1日の面接=意思確認のみ、握手、内定(内々定)
という流れにしているようです。

しかし、それは学生サイドの勝手な想像であって、企業サイドとしては「内定」は明言できないわけです。

ラクロスの友だちに勇気ある子がいまして、
とある企業の4次面接で
「では次は日程調整に来てください。」
と言われたため、
「え?面接ではないのですか?
それは、内定と考えてよろしいのでしょうか?!」
と確認したところ、
「その漢字二文字、平仮名四文字は8月1日までは言ってはいけないことになっているので・・・f^_^;」
と、言われたそうです。
もちろんその子は内定をもらった気でおります。

ラクロスもラクロスの友だちも、
よく言えば素直です。
(普通に言えば、スーパー単純です。)

婆は心配になって、
ラクロスに言いました。

「それ『軟便』かもしれないから、油断して他を辞退とかしないように、その友だちに言ってあげな!」

ラクロス 「なんでよりによって『軟便』なんだよ!!『あなたは軟便です。』って面接官が言うかよっ!!」

社会は怖いからねぇ。
何が起こるかわからんよ〜。
たとえば、の話だよ。d( ̄  ̄)


〈おまけ〉
予想通り、オワハラをする企業はラクロス及びラクロスの周りでは一切聞きません。
むしろ「うちに決めてくれると嬉しいなぁ」系になっているそうです。

太陽の本気モード

家事の中では洗濯が好きで
洗濯物を干すと、
なんだか幸せを感じる婆ですが、
今日は違いました。

先ほど、本日1回目の洗濯物を取り込んで、
2回目の洗濯物を干そうとしましたら、
頭も顔も腕も焼けそう!
いえ、焦げそう!(T_T)

干し終わった頃には
汗だくのヨレヨレでした。

こんな日に、
部活などで外にいる子どもたちよ、
きいつけなはれ〜
太陽は本気出してるぞ〜

ルンバ見守る婆

病気にかこつけて購入したルンバが
もう配達されました。

充電し、
キッチン、ダイニング、リビングで
とりあえず性能を確認しようと思いました。

階段から落ちないか、
カーペットはどうするか、
障害物は分かるか、
初めての家だから勝手が分からず困ってやしないかと、
とにかく目が離せません。

しかも、見ているうちに
なんだか可愛くなってきました。(笑)

だって、あまりにも一生懸命なので。

教室で、ひとり黙々と掃除をする学級委員を
見ているような気持ちになり、
いたたまれなくなって「一緒にやろうか。」と
ルンバに話し掛けてしまいそうになりました。

そうこうしているうちに、
キッチンもダイニングもリビングもすっきり!
素晴らしい働きぶりです。(o^^o)

〈おまけ〉
2階で何かに行き詰まったようなガタゴト音がすると、
「だいじょーぶー?」
と声を掛けたりしていました。
一通り終わったら
「ありがとねー」
もつい言ってしまいました。
ロボットとのテレビCMの中の、たけしの気持ちが分かりました。
(o^^o)


気まずい空気

サッシの建て付けが悪いので、
これも婆の自宅療養期間中に直そうと思い、
工事業者を呼びました。

9時からきてくれていますが、
なかなか大掛かりな工事であり、
狭い家の中で、婆は居場所に困っております。

下の部屋で横になっていたいけれど、
さすがに女性が寝ているのはどうかと思うし、
かと言って、
作業をじーっと見ているのも気色悪いし・・・

結局は掃除したり、
台所に立ったりしています。

が、いよいよ疲れてきました。(笑)

早く終わらないかなー
お昼ご飯までには帰って欲しいなー



オリーブオイル

特殊なもの※を除き、
婆が買うような値段のオリーブオイルなんて
どれも同じ味だと思っていました。

全然違うのですね。
びっくりしました。

暫くサイゼリアのオリーブオイルを使っていたのですが、
このたび成城石井のSALEで、カラブリア産カロレア種のものを購入。
いずれも1000円くらい。

好みの問題ですが、
婆は後者の方が好きです。
パンにつけても、ドレッシングにしても美味しい。

次もまた違うものを買ってみようと思います。


〈おまけ〉
以前、グルメなお友達からいただいたオリーブオイルは、独特の風味があって個性的であり、使う料理を選びました。
「※特殊なもの」とはその手のもののことです。

隅田川の花火

婆は隅田川の花火を見に行ったことがありません。

出身が東京ではないことと、
花火がよく見えるマンションに住んでいる友達がいないことと、
「立ち止まることすら許されない過酷な状況。」
という噂を何度も聞いたからです。

空気の悪いものすごい人混みの中を、
拡声器で「立ち止まらないでください!」と叫ぶ警官の声を聞きながら、
ドーンという爆発音がする度に上を見て、
蒸し暑い夜の花火を見る。

そんな状況を想像すると、
それは友達レベルとは一緒に行けない、耐えられない!
と思うのでした。
隅田川の花火は、死ぬほど好きな人と行かないと、
「こんなん、テレビで見た方がいいじゃないの!!」
と花火以上に爆発してしまいそうだったのです。

そうして、こんな年になりました。

もうこの年になると、浴衣をきて隅田川に乗り込む気力もありませんし、一緒に行こうという果敢な友達もいません。

となりますと、婆は一生、
隅田川の花火を生で見ることはないでしょう。
隅田川の花火より、オーロラを見る方が
確率としては高いかもしれません。

・・・と、浴衣を着る若いお姉ちゃん達を見て思ったのでした。

過酷な状況で、彼氏とケンカなんかしないでね。
仲良くデートするんだよ。

そんな風に思うのでした。



マロンさんの男(?)の料理

「きょうの料理」にマロンさんが出ていました。

見た目は男性、物腰は女性、中身は???

婆は、俗に言う「男の料理」が好きです。
やっかいな下ごしらえの無い、豪快で美味しい料理、とでも言いましょうか。

マロンさんは、わずか20分で
肉料理とサラダとパスタを作りました。
物腰は女性ですが、料理はやはり男性的で簡単です。
仕上がりはとても美味しそうですし、
3品が20分でできるというのは素晴らしい。
電子レンジと、コンロでの調理と、まな板作業とフードプロセッサー作業をうまく組み合わせて、効率良く作るのです。

やってみました。

美味しい!
美味しいですよ、マロンさん!

下ごしらえ無しで、早くて見た目も豪華で美味しいのですから、文句無しです。

男の料理、やめられまへんな。



〈おまけ〉
仕事休んでいるのだから、その間だけでも下ごしらえくらいすべきだ、というご意見もあろうかと思います。
でもごめんなさい、これは性格!

フードプロセッサー

50歳のお誕生日に
はっちゃけとラクロスからもらったフードプロセッサー。

お友達の結婚祝いに贈ったことはあるけれど、
自分は常に包丁派。

これまでドライカレーを作るときなどは、
にんじん、玉ねぎ、ピーマン、りんごを
包丁で一生懸命にみじん切りにしておりました。
26センチのフライパンを2個使うくらいの量を
いっぺんに作るので、材料のみじん切りだけでも相当時間を要しました。

それがフードプロセッサーならあっと言う間。
あれこれ作ってみて、その便利さが分かりました。
これはいい!

「これでドライカレーもっと作ってくれ。」

ラクロスよ、その希望叶えて差し上げましょう!

料理本

入院中にずっと見ていたので、

「3分クッキング」
「きょうの料理ビギナーズ」
「きょうの料理」

の7月号を買い求めました。

おおおー、懐かしい。
病院のベッドで見たっけ。^_^

作りたくて、
食べさせたくて、
食べたくて。(笑)

今日は
冷たい茄子を中華だれで戴くのと、
椎茸の肉詰めと、
フードプロセッサーを駆使したにんじんドレッシングのサラダと、
キュウリともずくの酢の物を作りました。

なーんだか料理するのが嬉しい〜
(((o(*゚▽゚*)o)))



〈おまけ〉
新婚時代を思い出します。
あの頃は、初々しくてピチピチだった。
・・・26年も前のことだわー。( ̄◇ ̄;)




重いものを持つと眠くなーる。

安静は無理。
毎日がリハビリだと思って生活しております。

足の筋肉、腹筋、背筋が落ちていますので、
30分くらい立って何かをしていると(または歩いていると)足と腰が痛くなってきます。

筋肉とは大事だなぁ、
などと実感します。

最もダメなのが重いものを持つことです。

暫く家をあけていたので、
調味料などが古くなっており、
買い替えましたら、調味料類の重いこと!

醤油、味噌はもちろん重く、
オイスターソース、豆板醤、黒胡椒、米酢はどれも瓶入りです。(T_T)

この他、常備野菜のジャガイモ、玉ねぎ、人参あたりを買いますと、もうたいへん!

お供にラクロスを従えるべきだったと、
心底後悔するのでありました。

なんとか家に辿り着くと、
腰痛で階段が登れなくなっています。

速攻で横になると、
入院患者時代の癖であっという間に寝てしまい、
20分後くらいに慌てて飛び起きる
という奇妙な生活を繰り返しております。



今更ながらルンバ買っちゃいました!

前から欲しかったルンバ。
でも高くてもったいないから、ルン婆でいいやと、
ひたすら自分で掃除していました。

いま、婆は病み上がり。
いえ、まだ正常値ではありませんから「病み中」です。

病み中の人は、
暑いさなかに掃除をしてはいけない。
しかも、肝臓は安静にしてこそ快復する臓器。
ゆえに、ルンバを買いましょう。

そんなわけで、買いました!
白×シルバーのヨドバシカメラオリジナル品32800円。
いつの間にかルンバは値崩れしていたのですね。
ちょっと前までは7.8万していましたよね??

病気のお陰でルン婆卒業。o(^_-)O


特許婆『痔主』説浮上

*前の記事に引き続きまして、
お食事中の方はお読みにならないでください。


産みの苦しみを知った後、
「え?!やだ、痔になっちゃった?!」
と思った婆です。

ネットですぐさま検索。(←即、行動。)
「女医 東京 痔」
あった!
近いし、感じの良さそうなお医者さんをみつけました。

悪いところはこの機会に全部治したいのです。
(因みに歯医者も予約済み。←ぬかりなし。)

すぐ行きました。
便は、いや、善は急げです。

おおおー、女性患者でいっぱい。
初めてお尻のお医者さんに来ましたが、
胃腸科もあるし、病院名も「◯◯クリニック」
だけですから、全然恥ずかしくはありません。

手際が良いのかそれほど待たず、順番がきて、
ホームページ通りの気さくな女医さんが問診をし、診察台へ。
目の前に液晶画面があって、
内視鏡の映像を見ながら説明を受けます。

「わーおー」
はじめまして、私のお尻ちゃん。
これはさすがに恥ずかしい。(//∇//)

なのに、

「痔ではないですね。
このまま放っておいて大丈夫です。」

へ?
お尻まで見せたのに?
見せ損?!(←そんないいもんじゃない。)

「本当の痔の人のお尻を見たら
びっくりされますよ。すごいですから。」

そ、そーなのね。
婆が甘ちゃんだったのですね。

大痔主と呼ばれる皆さんは、
日々想像を絶するような苦痛に耐えていらっしゃるのですね。
あぁ、こわい。

恥ずかしかったですが、
痔主ではないと分かり一安心です。(o^^o)




便秘

※タイトルでぴんときたとは思いますが(笑)、
お食事中の方はお読みにならないで下さい。


薬の中には、副作用で
便をかたくしてしまうものと、
逆にゆるくしてしまうものがあります。

入院初期は、副作用に前者があるものを服用していたため、
一緒にモニラックという下剤も処方されていました。
下剤ですから、お通じは1日に3回ありました。

ところが、
途中で肝臓の数値が上がりはじめると、
薬が変わり、
これに伴い、モニラックがなくてもお腹が緩くなりました。
むしろ下痢に近くなってしまったのです。

下痢気味だと申告すると、それでまた薬が変えられたのですが、
これがよくなかったようです。
今度は便秘になってしまいました。
(どうも婆は、薬に対する反応が良すぎるようです。)

入院前、快眠・快食・快便の婆にとって、
たった1日だって、
便秘という難病は非常に辛かったです。

で、便秘明け(そんな単語はない)はもっと辛いんですねぇ。
初めて知りました。

知り合いに「2週間出てない」という人がいたけれど、
あの人は、この先どんな苦しみにも耐えていけると思いました。
いまや、婆にとってあの人は、レジェンドです。


〈おまけ〉
婆はその後、病院で下剤を飲むのを拒みまして、水をひたすら飲みました。
お味噌汁やお茶やジュースとは別に、ペットボトルで水を2リットル。
そして無事出産。|( ̄3 ̄)|





行列

相変わらず 美登利は行列です。
それにしても日本人は行列が好きですね。

渋谷の美登利は順番待ちの発券機がありまして、並ばなくてもよいのです。

買い物をして戻ってきてもよいのですが、
殆どの人が、店先の長い椅子に並んで座っています。

そして不思議なことに、
その順番もきちんと守られていて、
先頭が店に入ると、
全員がいったん腰を上げて前(右横)に詰める、
という作業を繰り返すのです。

そこ、必要ないですよね?(笑)
みなさん、順番の札を持っているわけだし。

でも、毎回立って詰めるんですよ。

そうしたら、驚いたことにラクロスがその悪しき慣習を破りました。
前が空いたのに詰めなかったのです。
わざと。

どうなるのかと見守っていると、
これまでですと最後尾に座るべき方が
さっときてさっとラクロスより前に座りました。

これで、誰も、
いちいち立って詰める必要がなくなりました。

最後尾で立っている人から文句が出ないか
気になりましたが大丈夫でした。

あぁ、お腹がすいた。
もうそろそろ順番です。(o^^o)





ナポリタン

雨で部活中止、
就活もバイトも今日はないというラクロス。


ラクロス 「退院祝いで、お昼なんか食べに行こうよ!」

婆 「ナポリタン!平日しかいけないナポリタン!」

ラクロス 「えー、ナポリタンなんか家で食べられるじゃん、いやだよー。」

婆 「自分で作るんじゃなくってさー、すごく美味しいんだってよー。」


結局、プレゼン能力が足りなかったのか、
ラクロスの希望で美登利寿司になりました。

なぜだ、婆の退院祝いなのに。
なぜなのだ、婆が払うのにー。。。(~_~;)





自宅療養は無理かも

昨日、ほぼ強引に退院して参りました。(^_^)v

医者も看護師も家族も友人も

「ちゃんと自宅でおとなしくしているように」

と、口を揃えて言うけれど、
婆にはどーも無理みたいです。(⌒-⌒; )

はっちゃけが時々来てはくれていたものの、
男所帯というものは、
一見片付いているようですが、よくよくみると
隅々まで埃っぽくなっているものです。

洗濯して
掃除して
布団干して
食器類を洗い直して
浴槽のカビを落として

と気付けばまた腰痛が。
今朝は足が筋肉痛ですし、
どーも一通りきれいになるまでは
おとなしくなんか、
していられるわけがありません!

病院に逆戻りはいやなので、
休み休みやりますけれど、
いつまでかかることやら。(ー ー;)


〈おまけ〉
朝ごはんがあるだけで、
ラクロスはとっても嬉しそうです。(o^^o)




たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR