FC2ブログ

大友に会う

近所の友達が近友、
大学の友達が大友。

大友と会って色んなことを話しました。
年末にも会ったけれど、話すことはいっぱいありまして。σ(^_^;)

しかしお互い50間近ですから、
あちこち記憶が飛んでいるわけです。

*****

大友 「大学のときのYちゃん連絡とってる?」

婆 「卒業以来とってなーい。部活のあの先輩と結婚したんだっけ?」

大友 「ううん、違う違う。年賀状の遣り取りはしてるんだけど、えっと、えっと〜」

婆 「なんて苗字になったの??」

大友 「えーっと、旧姓が山田だよね、それが・・・」

婆 「(ー ー;)Yちゃんは伊藤だよ。」

大友 「へ?じゃ、山田だ。f^_^;)」

*****

所詮こんなもんです。
おばはんの会話なんて。(笑)

Yちゃん、元気かなー。

スポンサーサイト



白いTシャツとデニム

Oggiの中吊り広告をご覧になりましたでしょうか。

10人くらいの綺麗どころが、
白い半袖Tシャツに裾をロールアップした
デニムと黒のパンプス
というスタイルで微笑んでいます。

いいなぁ。
今年の夏は
「久しぶりに」こんな格好がしてみたいなぁ。

そう、婆がまだ若かった昭和50年代後半から60年代にかけて
こんなスタイルが流行っていました。

当時は髪型がワンレンかソバージュでしたので、
いまのOggiスタイルよりもけばけばしい感じでしたけれども。

イメージとしては、
岩城滉一の女性版というところでしょうか。

若い頃とはまた違った白Tとデニムが楽しめる年齢になったと思います。

と、

このスタイルを実現するためには
スリムにならないといけない
という壁があることに今気がつきました。

・・・妄想に終わる。



最近は便利ねぇ〜

婆は花粉症です。
一年中花粉症なので、一年中アレルギーの薬を飲んでいます。

それでも効かない時があります。
そう、今日なんかひどいです。
はだどゅばり(花粉症語で「鼻詰まり」を指す。)です。

昨年秋からその傾向は強くなり、
今日などは目がちっこくなっております。
(目が若干腫れたような感じになるわけです。)

もともとちっこい目なのに、
これはいけません。
これはいただけません。

そんなわけで最近は「あそこの病院は上手よ」と聞けば、とりあえず行ってみることにしています。

仕事が終わって、
17時にまっすぐ病院に向かっても、
受診までに1時間〜1時間半は待ちますが、
最近はネットで病院の予約もできるし、
待ち時間もあとどれくらいか分かるんですねぇ。
すご〜く便利。(≧∇≦)

今日は事務所を出る時に予約したら1時間待ちでしたので、
病院に着く頃はちょうど番がまわってくる頃です。
ロスタイムなし。
リオブラボー。

これなら病院通いも、さほど憂鬱ではないですね。
本当に便利な世の中になりましたねぇ。



海外送金時の中継銀行手数料

うちの事務所は新生銀行さんの送金サービスを使っています。
なかなか親切で良いです。

近々マドプロを出すので、電話で中継銀行手数料を確認したところ、
今日現在は7スイスフランでした。

2~3年前は12スイスフランでしたよね。
そこから比べるとずいぶん下がりましたね。

今日のレートですと、
CHFは125.98ですから880円くらいです。
安いですよね?

日本の送金手数料2500円を考えると安く感じるのですが、
中継銀行って、そもそもどんな作業をしてくれているのでしょうか??
その作業内容によっては前言撤回もあり得ます。(笑)




俳優 間宮祥太朗

あれは確か・・・ラクロスが中1の時の運動会でした。

中学にもなって親が運動会にくるなんて、いやがるだろう。
そう思って、同じクラスのお友達お母さんとこっそり見にいったのでした。
(←いやがると知りつつ、結局は行っているモンスターペアレンツ。)

なーんのことはない。
大勢のご父兄がビデオ片手に、がっちり見に来ていたのでした。
隠れる必要なんかない、和気あいあいとしたムードの男子校運動会なのでした。

なーんだ、じゃあ私も、
遠慮なく息子の姿をカメラにおさめようではないか。

そう思ってカメラを構えると、
カメラの前を横切る邪魔な人影が。

なんだか中学生らしからぬ長髪で、
ハチマキを風になびかせた、目元のはっきりしたひとりの少年が
若干カメラ目線で横切っていくのでした。

んもうっ、どいてよ~
もうすぐうちの子が走るんだから~

心の中でぶつぶつ言いながら、
迷惑そうに私は立ち位置を変えましたが、
長髪ハチマキ風なびかせ少年はまた、カメラの前を横切るのでした。

うぬぬぬぬ、邪魔すぎる。
何をうろちょろしておるのだ。
トイレならあっちの方向だ。
父兄のカメラ前を通らず、後ろの通路を横切ってもらいたいものだ。

そう思いながら、必死で息子の徒競走を撮影したのでした。


いま思えば、

あれは最近テレビによく登場する間宮祥太朗くんであり、

あのとき、あの長髪ハチマキ風なびかせ少年を撮っておけば、
イケメン俳優の体操着姿の生写真として高く売れたかもしれないと思うと、
しょぼいラクロスの徒競走に夢中になってビジネスチャンスを逃した自分の浅はかさに、呆れかえるのでありました。

失敗した~(T0T)




産まれた!!!!!!

お友達から
「うんだぞー!今朝6時55分、男の子を無事に出産しました!」と、
メールがきました~\(^^)/

初産なので、実はずっと気になっていたのです。
出産は何が起こるか分からないので、安易に連絡することもできず、
「産まれた」の吉報を心待ちにしていました。

無事出産の連絡でホッとしました~
いやぁ、よかったよかった。
本当によかったぁ。

人も羨む仲良しご夫婦だけど、
これからは赤ちゃんと3人で、もっともっと楽しくなりますね~♬
来年の年賀状も楽しみにしてるよ~

本当におめでとうー!
& ご出産、お疲れ様でした。m(_ _)m



3月1日は各社エントリー解禁日

いくつかの企業は既にエントリーできますが、
多くの企業は3月1日がスタートです。

でもこの日、就活生の多くはパソコンの前にスタンバって、
12時になるや否やアクセスするので、夜中の2時3時まで繋がらないそうです。
(これは3年前の就活生はっちゃけの体験談。)

ようやく繋がったと思ったら、
「殆どの企業は採用ページがオープンしただけで、
エントリーができるのはたったの2社だった。」
そうです。

そして、
「説明会は数日間設定されるから、どこかではとれるし、
あんなに必死になって解禁日にアクセスしたのが馬鹿らしかった。」
というのがはっちゃけの率直な感想でした。

しかし、昨年の情報では
「やっと繋がったと思ったら、もう説明会は満席だった。」
という企業もあったようです。

こうなると、人気の企業を狙っている就活生は、
今年もまた、3月1日未明にサーバーがダウンするくらい殺到してしまうのかもしれません。


『希望者には、全員説明会に出られるよう配慮しますので、どうか慌ててアクセスしないで下さい。』


という、親切なメッセージを送る企業はないものでしょうか。
一言書いてあげれば、全国の就活生の不安は消えると思うのですが如何でしょうか。

就活は、年によって、また企業の人気度によっても随分違うようですね。
ラクロスも部活と就活の両立に苦労しています。
(夕方の説明会に出るため、スーツ姿で練習場に行く、なんてこともあります。
この先、試合と説明会や面接が重なると、苦しいでしょうね。)

全国の就活生の皆さん、頑張って~!!






国別慣習

英国の運輸担当閣外相が台北市長に
時計をプレゼントして顰蹙(ヒンシュク)をかったそうですが、
私も、中華系の民族に時計を贈ることがタブーであるということは知りませんでした。

日本で「これを贈るのは失礼」という品物は、
刃物とか、入院中の方へのお見舞いに鉢植えはダメとか、
ぱっと浮かぶのはそのくらいです。

アルバイトで週2日くらい、
英語と中国語が堪能な方に来ていただいているので(ロシア人のクォーターさん。)、
なぜ時計がダメなのか教えていただきました。

時計のほか、
病人に梨を贈るのもタブー、
四が不吉なわけ、
も併せて教えていただきました。

どれも、漢字の音が理由です。
時計は「鐘」と書き、「終」の音と同じ、
「梨」は「離」の音と同じ、
「四」は「死」の音と同じで、
どれも別れや死を連想させるものだそうです。

へー

漢字と生活が密着していることの不思議もさることながら、
語学を学ぶだけでなく、学ぼうとする国の文化や慣習まで学ぶアルバイトさんを尊敬します。

そして、中国系の国に「時計を贈ると死を連想して失礼にあたる」という慣習の存在を、外交を任された国の代表の側近が知らなかったことにびっくりしました。
本人が知らないのは仕方ないとしても、そうしたチェック担当者が必ずいると思うのですが・・・
(もしかしたら、そうした贈答品に関する事前調査の担当者は、今回の件でクビになっているかもしれませんねぇ。)

でも他国が慣習を理解していないことは、大目に見てくれてもいいような・・・気もします。
そんなことをやっていると、悪気がなくても地球上のあちこちで、戦争が始まってしまいそうなので。

不快感をあらわにしてしまった台北市長も、
「今後は外交マナーを勉強する」と言っているそうですので、
双方学ぶところ大だったのではないでしょうか。

でた、はっちゃけ。

合同説明会にて、
はっちゃけの会社を訪れてみたラクロス。


体育会系の社員(人事)の方に話かけてみたそうです。

ラクロス   「御社では兄弟が在籍していても入社資格はあるのでしょうか」

社員の方  「兄弟・・・?(ラクロスの名札を見る)
 
      あ!はっちゃけだなーーーっ!!!

フルネーム敬称略(いわゆる呼び捨て)で、はっちゃけ登場。(笑)
その瞬間、「こりゃ受ける前から落ちた感じ~。」とラクロスは思ったそうです。



<おまけ>
でもやはり人事の方は素晴らしいと感心していました。
なんでも、はっちゃけの卒業大学もきちんと覚えていらしたそうで、
更に、ラクロスの高校名を聞いて、
同じ高校から採用になった方のお名前もすっと出てきたそうです。
プロですねぇ。



半襟

今週末、はっちゃけは同僚の結婚式。

洋装を予定していましたが、
受付を頼まれたので急遽、振り袖を着ることに。

長襦袢には赤い刺繍の入った半襟がついています。

あぁ〜
確か結婚式では色刺繍の半襟はダメなんですよね〜(T_T)

一縷の望みをかけて、
冠婚葬祭事典と着付けの本で確認してみました。
「金銀白の刺繍はOK。それ以外の色の刺繍でも、最近はこだわらない人もいます。」
微妙〜
基本はやっぱりダメなんですねぇ〜

縫い物は老眼でキツイし、面倒くさいけど、
受付やるならきちんとしないと失礼ですよね。

うーむ、今夜頑張るしかないかー
(と言いつつ、まだ心のどこかで逃げ道を模索中の婆でございます。)


〈おまけ〉

♬かーさんがー
よなべーをして
半襟つけかえただよー

歌いながら縫うことに致します。


マドプロ「色付き商標」「色無し商標」

BOSS不在中にお客様からお電話があり

「マドプロで、白黒商標とカラーだと金額異なりますかー?」

の問い合わせあり。

婆  「異なりますー。白黒の方が若干お安くなりますー。」

お客様  「いくらぐらい変わるもんですかー?」


ぎくーっ(汗)  (@@);

(はっきりとした金額までは頭に入れていなかったので、
特許庁のホームページで「マドプロ手数料のページ」にジェットで飛びました~)

差額は250CHF(日本円で31,500円くらい)ですね。
ちゃんと覚えておかねば。f^^;)


差額をお伝えすると、お客様は
「あまり変わらないならカラーにしようかな・・・」
と仰いました。

その旨BOSSに伝え、
折り返しお電話でお客様に説明をしてもらいました。
(この辺のご相談は、事務員ではなく弁理士からお答え申し上げます。)

とりあえず,すっぽ抜けていた「250CHF」を
頭に叩き込んだ次第です。m(_ _)m


通知書

特許庁から見慣れない通知が来ました。



「           通知書

審査官が、本願意匠の新規性、創作非容易性等の判断の際に
参考とした資料を以下のとおりお知らせ致します。       」




参考文献が記載されており、
閲覧方法に関する説明や、特許庁HPのアドレスまで記載されています。

この親切な通知書はなんでしょうか。

まさか、このあと拒絶理由が来たりしないでしょーね、
と思っていたら同日付けで登録査定になりました。

審査の参考文献は特許査定の時についてくるものくらいだと思っていましたが、
意匠にもつけてくれるようになったのでしょうか。
それとも単に、担当審査官が親切な方だったのでしょうか。
(ちなみに「通知書」と「登録査定」は別々の書類としてきました。)

ま、細かいこと言ってないで、登録を喜びましょう♬









◯◯◯体験

JRの駅構内で流れる旅行案内のアナウンス。

途中から聞いたので、
どこの地方の案内か分かりませんが、

「みなさまで、◯◯◯体験もお楽しみいただけます。」

という一文がありました。

なぜかそれが『りんしたいけん』に聞こえたのです。
一度『臨死体験』に聞こえてしまうと、
もうそのあとのアナウンスは耳に入らなくなってしまいました。(>_<)

臨死体験をする旅行なんてあり得ないので、
頭の中で臨死体験と聞こえる別の単語を探し始めてしまったのです。

*****

『りん』が合っているとしたら

臨死体験、リンチ体験、

いやだなそんなの。
では『りん』が違うとしたら、

ミンチ体験、近視体験、紳士体験、瀕死体験、

これもいやだな。
もしかして『い段』が違うのかな。

乱視体験、扇子体験、天使体験、天子体験、

お、なんだかよくなってきた。
でも確実に違う気がする。

*****

『体験』が違っていたのかもしれません。
『◯ん◯』の三文字構成でもないのかもしれません。

考えても考えてもぴったりの単語が浮かばないので、
明日の朝も同じアナウンスが流れることを期待したいと思います。

一体なんと言っていたのでしょう・・・



就活生の皆さま 適性検査は余裕をもって受検して下さい。

ラクロスが

「さーて、適正検査でも受けてみよう~。」

とパソコンに向かいましたが、
結局昨日は受検できませんでした。

  理由1 Macでは受検できなかった。
  理由2 急遽、私のwindowsで受けようとしたらjavaのバージョンが古かった。
  理由3 javaのインストールに必要なPCパスワードが分からなかった。

パスワードを思い出そうと私が苦悩しているうちに、
ラクロスはすっかり眠くなってしまったのであります。

幸いラクロスは慎重派なので、
〆切までにはまだまだ日があってセーフだったのですが、
これが〆切日当日だったら大変です。

就活生の皆さま
適性検査の勉強も大事ですが、
受検数日前には、PCの環境をチェックしておきましょう。



<おまけ>
私は40分かけてパスワードを思い出しました。f^^;)
大抵は数字の組み合わせが多いのですが、
そのPCだけ「ラクロスとはっちゃけの名前」から作ったのです。
ほかは全てメモしてあるのに、「子どもの名前は忘れるわけないから大丈夫~♪」と思って
記録していなかったのです。
名前を使ったということ自体を忘れるのですから、目も当てられません。
思い出せたのはもはや奇跡です。

マックウッズロンドンのスコーン

昨日は春一番が吹き、
婆のリバウンドもいよいよ大詰めを迎えております。
(冬太り、夏痩せる。特許婆ウソつかない。←ジェロニモ風にお願いします。)

昨日、デパ地下で英国老舗『マックウッズ』のスコーンを発見!

といいますか、
行列を発見したので接近してみたら
『マックウッズ』の期間限定ショップだったのです。

そこにはラムレーズンクリームの挟まったスコーンや
クリームチーズブルーベリーの挟まったスコーンなどもありましたが
何と言ってもプレーンなタイプのスコーンが魅力的に見えました。

あたかも素通りしたような過去形で書いておりますが、
結局は3種類ともしっかり買っております。f^^;)

最も惹かれたのが、

『世界一美味しいロッダ社のクロテッドクリーム!』

の文字。

『世界一』ですよ、世界一。
すごい自信ですなー。
これは買わざるを得ないでしょう。
CAN NOT HELP ING形ですよ。

高いですが(40gで約450円)買いました。
これを買うと、やはり、
プレーンなスコーンが必需品なので買ってしまったのです。

今朝戴きました。

美味。
美味。美味。美味。(←ここはABBAの「GIVE ME,GIVE ME,GIVE ME」でお願いします。)

スコーンは電子レンジでチンしてしまうと、食感が損なわれるので、
時間がかかりますがオーブンかトースターで焼きましょう。

ええ、そして今朝はいつもの電車に乗り遅れそうになりました。


<おまけ>
美味しいものには目がないと言いますが、
美味しいものには目もくびれもなくなります。
気をつけましょう。









マドプロの書類フォーム変更

昨日付けで、
マドプロの願書・事後指定・名義変更・更新の書類フォームが変わった
というお知らせが出ていますね。

変わるのは良いのですが、
変更点がはっきり分かるように、
変更部分に色付けしてくれると、とーってもありがたいです。

特許庁ホームページのトピックスのところに、
重要な変更点のみ「この辺が変わりました」ということは書いて下さっていますが、
事務としては(婆だけでしょうか)、変更点を全部知りたいわけです。

結局、旧版と照らし合わせないと気が済まない。(笑)

通常業務もあるので、まだMM2しか照合しておりませんが
細かい変更点は点在しておりました。

ただ、国際商標出願室のお知らせの通り、
重要なのは『アドレス書いたら紙では送らないよー』という点でした。
(これまではアドレスを記入しても、その次にチェック欄があって、
メール連絡か紙連絡か選べましたが、そのチェック欄が削除されました。)

他の書類は追々照合することに致します。

まずはお昼ご飯だー



<おまけ>
米国使用意思証明の書類もですね。
すみません、漏れました。m(_ _)m

<おまけ2>
あ、米国だけではないですね。これまた失礼・・・f^^;)








初・ はっちゃけの顔面蒼白

圧迫面接もなんのその、
就活モンスターの異名をとる
重い心臓病の(心臓に毛が生えるという難病)娘・はっちゃけが
生まれて初めて蒼ざめたそうです。

*****

昨日、はっちゃけの携帯に
知らない方からのメールあり。


「昨夜、隣の席で飲んでいた方と盛り上がり、
とても楽しい時間を過ごせました。」


ん?間違いメールかしら・・・
そう思いながら読み進めると、


「その方はあなたのお父さんでした。
監査役 ◯◯」



Σ(・□・;)
((((;゚Д゚)))))))
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
!(◎_◎;)
( ̄◇ ̄;)

はっちゃけの会社の監査役さんが、はっちゃけの父親と飲み屋で隣り合わせになり、わざわざ社内メールではっちゃけにご連絡をくださったのでした。
(どんな絵文字を使っても、
このときのはっちゃけの気持ちを表現することは不可能です。)

*****

この話を聞いた私でさえ、

なななななな、
なにをやっておるのだ〜っ!!
何ゆえ飲み屋で名乗るのだ〜っ!!
というか、どう考えてもこちらから話し掛けたに違いない!!
何の話で盛り上がったのだ〜(T_T)

と、心拍数が急上昇したのでありました。


監査役 ◯◯様
失礼をお許し下さいませ。
伏してお詫び申し上げます。
はっちゃけ母より



微妙な空気


今朝は遅い練習に行くラクロスと、
駅で一緒になってしまった。

飛び乗った所に息子が居た、という状況。

満員電車で息子と一緒。
息子と満員電車。
母と息子の満員電車。

なんだこの気まずさは。(ー ー;)

ガイドブック入手

独立行政法人工業所有権情報・研修館より
「特許情報プラットフォームガイドブック」が送られて参りました。

恐る恐る開くと、

ふむふむ

従来のIPDLと画面のデザインは変わったものの、
全体的な使い方はほとんど同じように見えます。

触ってみないとなんとも言えませんが、
とりあえず、なんとか行けそうなのでホッと致しております。


人から学ぶ。

自分より一回り以上年上の方と話すと、
へー
ほー
はー
と、勉強になることがたくさんあります。

普通に社会に出て働いている年上の人は、
どう考えても経験の量が違うから
どう考えてもそのお話の中には
私の気付かなかった何かが含まれているのです。

本から学ぶことも多いけれど、
人間から学ぶことはもっと多いですね。

いやー勉強になりました。

明日の私が今日までの私より
もう少し大人になれますように。




まちぶせ

昨日の夜、
はっちゃけと渋谷駅を歩いていたら

井の頭線の太い柱の陰から
両手を広げたスーツ姿のサラリーマンが
襲い掛かってきた。

ピンクのネクタイだけが目に入った。


うわっ、
変態だ逃げなくちゃ。


都心ではプチ変態や酔っ払いとの遭遇はありがちなので、そんな時は目を合わせないようにして逃げる。

小走りに2メートル程逃げたところで
はっちゃけが捕まった。

見覚えのある顔。
ただいまはっちゃけとケンカ中の彼氏であった。

許しを乞いにきたらしい。
いちいち紛らわしい男である。

ま、はっちゃけのことが大好きらしいので
良しとしよう。
母は気を利かせて、
変態に娘を渡し、1人で帰宅の途についた。



〈おまけ〉
彼氏とケンカをすると、その経緯をはっちゃけから聞かされるが、いつだって彼氏はちっとも悪くない。(笑)

ホームに巨大バッグ

ナイロン製の巨大なスポーツバッグが
ホームに置き去りにされていました。

そしてなぜか、
近くに持ち主らしき人影がありません。

はっちゃけが言います。


「あれって・・・
エスパー伊藤入ってる?」



おじー再び。再びのおじー。


ラクロスの携帯が鳴ります。
画面を見てラクロスが言います。

「お母さん、おじーちゃんからだよ。」

え?
携帯を見る。
おじーからの着信あり。

横にいたはっちゃけも携帯を見る。
おじーからの着信あり。

私 → はっちゃけ → ラクロス
出ないから順番にかけたのでしょう。

おじー 「次はいつくるんだ?!」

婆 「先週行ったから来月かな。」

おじー 「今週来なさい。(ガチャ)ツーツーツー」

・・・・・(O_O)

そんなわけで
ただいまおじーの横にいます。





悲鳴

デパ地下のワイン売り場から、女性の悲鳴。

恐怖の悲鳴
驚愕の悲鳴
歓喜の悲鳴

悲鳴は色々ありますが、
耳に入ってきたのは、
なんというか、
不思議なニュアンスの悲鳴でありました。

レジを終え、
何食わぬ顔で(本当は興味津々)現場を覗くと

高級そうな白ワインのボトルが
床で砕け散り、
芳醇な香り(が、しそうな)の水溜りができているのでありました。

あぁ、
あれは、

「うひゃー、もったいなーい!」

の悲鳴だったのね、
と妙に納得致しました。

赤じゃなくて良かったですね。
赤をぶちまけるとそりゃ〜もう後始末が大変ですから。
と、心の中で呟きながら現場を去りました。


エントリーシートに文字数制限がない場合

2016年度の就活も、3月1日から本格的に始まります。

いくつかの企業(特に外資系やテレビ局)は、既に受付を終了しているところもありますが、
ラクロスが受けるような企業はだいたい今頃です。

最近の就活はたいへんですね。
とにかく情報戦で、
パソコンが使えなかったら(そんな若い人はいないですかね)アウトですね。

エントリーシートの質問はいろいろありますが、
回答欄も様々で、文字数制限のあるものとないものがあります。
文字数制限があるものは
50文字、200文字、400文字の3パターンが主流のようです。
これははっちゃけの就活の時と変わりません。

しかし、中には「文字数制限」がなく、
入力欄もスクロールでどこまでもいけそうな回答欄があります。

これは、一体何文字くらいが適当なのでしょうか。

転職サイトのenでは「200文字」を目安に、と書かれています。
質問内容にもよりますし、200文字は本当に一般的な数字だと思った方がよいでしょう。

実際にラクロスがエントリーしようとする企業でも、文字数制限がない回答欄がありました。
ぱっと見ると、スクロールせずに見ることができるのは500文字くらいのようでした。

あまり少ないのも熱意を伝えるには難しいと思います。
しかし、スクロールスクロールスクロールで何千字もあったら、読む気がしません。(笑)
おそらく熱意よりも、文章がまとめられない人という印象を伝えてしまい、逆効果です。

あくまでも私の感想ですが、
回答欄をスクロールせずに読める量が最適のように思います。

もちろん、
文字数に拘わらず『印象的で分かり易い内容』の文章が最強です。

ラクロスも夜ごと唸り声を上げながらパソコンに向かっております。(笑)
就活生の皆さん、頑張って下さい!





商標の指定商品

どうも分かりません。
商標の指定商品で「A」という指定商品名を願書に記載したとします。

これと全く同じ指定商品が分類表や過去の採択例になく、
極めて似ている指定商品「B」がある場合、

① 拒絶理由がくるパターン
「A」は明確でないので拒絶する。
これを「B」に補正した場合はこの限りではない。

② 職権訂正が入るパターン
「A」は「B」と訂正した。

の二通りの連絡がきますが、
「A」が間違いではなく、敢えて「A」にしたい場合もあるわけです。

もちろん「A」が間違いで、本当は「B」で出願したかったという場合もあり、
それは拒絶がかかるよりも職権訂正をして戴く方が断然ありがたいわけで、
全てを拒絶理由起案の対象にはして欲しくありません。

これは明らかに間違いだろう → 職権訂正
これは微妙だ → 拒絶理由

この「明らかに」と「微妙」の境界は一体どうなっているのでしょう。
職権訂正と拒絶理由はどの辺を基準にして判断するのでしょう。
審査と方式での遣り取りはどうなっているのでしょうか。

詳細をご存じの方、教えてください。m(_ _)m




その権利はない。

ハンバーグを作りました。

普通より少し小さめのハンバーグ(チーズ入り)を4個と
普通の半分の大きさのハンバーグ(ブレーン)を8個。
旦那はいつもいないので(近所では、死亡説が流れ始めているとか。)、
はっちゃけとラクロスと母の3人でこれを食べました。

面倒なので、大皿に載せて出しました。

気付けばチーズハンバーグが残り1個に。
私はまだ食べていないので、普通に考えるとこれは私のです。


はっちゃけ 「チーズ入りは1人1個食べた?」

母   「私まだ。」

はっちゃけ 「なぁんだまだかぁ。ラクロスは?チーズ食べた?」

ラクロス 「俺、1個食った。」


ん?1個?
この時点で算数の苦手な私でも、ん?と思いました。
では2個食べたのは・・・


しかし容疑者は続けます。

はっちゃけ  「私に最後の1個、食べる権利ある?

ラクロス&母   「ないよっ!!ないないっ。




外内の登録査定2件。嬉しいけれど・・・


朝から複雑な気持ち。(笑)

いけませんな。
はよやらな。

海外旅行中の英語は好きですが仕事の英語は苦手、
という状況は永遠に続くようです・・・(T0T)

パンチくず

二穴パンチを使用しています。
ばっちんとするときの手応えが好きです。

そしてパンチをすると時々思い出す光景があります。

*****

とある事務所に勤めていた頃、
ビルのゴミ集積所にゴミを持って行くと、
同じビル内の某事務所の事務員さんが、パニック状態に陥っていました。

ゴミ袋を集積所の入り口辺りに引っ掛け、
破いてしまったようです。

不幸なことに、そのゴミ袋には
シュレッダーくずやパンチくずが入っており、
散乱する紙くずは僅かなビル風でも宙に舞い、
かき集めるのにたいへん苦労していらっしゃいました。

シュレッダーのくず集めはお手伝いしましたが、
パンチくずは散った桜の如く、
集積所の床で風に舞い続けておりました。

*****

あの人も、あの時のことを時々思い出すのかな。




安物は離れられない。

包袋庫(キャビネット)に用があり、
あれこれチェックしたあとに、その場を離れようとしたところ



離れられない。

何者かが
包袋庫に私をひきつけて動けない・・・。

包袋庫に棲む妖怪か。




安物のジャラジャラした長いネックレスが、
キャビネットにくっついているマグネットに
ぴーったりくっついていたのでした~。(T0T)

ゲーラゲラポー♪
ゲーラゲラポー♪

その後、こそこそと
マグネットからネックレスをはずす作業のむなしさ・・・(笑)

うーん、
やはり、大人の女は本物を身につけなければいけませんなぁ。


たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR