FC2ブログ

新宿OSSO


岩盤浴です。

お風呂はなくて、岩盤浴専門のお店です。
2時間1100円。
ちょっと時間ができた、というときに気軽に利用できます。

高温ではなく、長時間寝ていられるような温度で、男女別、20床くらいあります。
シャワーはあります。
広ーいカーペット敷きの休憩室に雑誌とマンガ本が数百冊あり、
ヨガマットなどもありますので、友達とゴロゴロするには安くて良いです。

ここは初めて利用しましたが、
短所は、
岩盤浴室の入り口付近は温度が上がらず、汗をあまりかかないこと。
奥の場所をキープすることをオススメします。

長所は、
マッサージが上手なことです。
肩凝りが半減、いや、もっと楽になりました。担当してくれたお姉さんの指が、ツボにググッと入ってとても効きました。

18:00〜20:00は混みますので、その前か後の時間のご利用がオススメです。






スポンサーサイト



代々木あたりで迷子


迷子の迷子のお婆さん〜
あなたのお家はどこでしょう🎵

そんな訳で、新宿からの帰り道、
甲州街道で曲がる道を一本間違えまして、

なんだか馬臭いな

と思ったら、代々木の乗馬倶楽部のところに出てしまいました。
我ながら「馬臭い」と感じた鼻を、素晴らしいと思いました。(笑)

感心している場合ではなく、
その辺りは道が入り組んでおりまして
歩道をそのまま行くと、感覚的に我が家とは違う方向へと行ってしまうので、強引に方向転換しました。

具体的に申し上げますと、
50歳近いおばはんが
信号なき大きな道路を斜め横断し、
更に、ガードレールを跨ぐという荒行。

デング熱の代々木公園は念のため迂回し、
数年前に妻が夫をバラバラにしたというマンションの横を、どの部屋かなーと見上げながら通過し、
やっといつもの道に出たときには、何だがホッとしました。(o^^o)


〈おまけ〉
ヒールの靴だったので、一度こけて足首がぐきっとなりました。
やはり歩いて帰る時はスニーカーにすべし!と思いました。
そもそも思いつきで歩くべきではありませんね・・・(;^_^A




ちょっと食べ過ぎました


ちょっと食べ過ぎましたので
新宿から歩いて帰ろうと思います。

でも、スニーカーを持っていません。

8センチヒールでどこまで歩けるでしょうか。

うーん、マメできそー(T_T)

でも肉をたらふく食べた罰として、
頑張って歩きたいと思います。

今日は知らない道で行ってみよー!

ちょっと酔っ払っておりますが、
今日中にはつくでしょう。f^_^;)

こけし

頑固おじーのところに能登のお土産を取りに。

はっちゃけが、

「遅くなったけど、
おじーちゃんに誕生日プレゼント!」

おじーの誕生日は4月である。

しかも、差し出されたものは、
顔が頑固おじーのこけしである。
そう、『頑固おじーこけし』


き、気色悪っ。( ̄◇ ̄;)


はっちゃけは得意満面。
しかし、普通の神経ではこれは飾れない。
はっちゃけは得意満面。
おじー、どうする、おじー?!
はっちゃけは得意満面。
可愛い孫からのプレゼントの行方は?!



うわっ、飾った〜
床の間に飾ったよ〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ





夏の思い出の締めくくり

そろそろ夏も終わりです。

星野リゾートや日光江戸村は良かったけれど、
この辺で、おばちゃんみんなでバーっと
今年の夏の思い出の締めくくりに相応しいところに行きたい!
ということになりまして、
明日、日帰り可能なあれこれを考えてみました。

長瀞のライン下り
屋形船での食事
定番ディズニー
八景島水族館

博多でどんちゃん騒ぎという案も出ましたが、
それは是非とも泊まりがけで実現したい。(笑)

映画はしご
ひねもす寄席

うーんイマイチ。

マッサージ三昧
エステ三昧

いいけど、高そう。却下。

酵素風呂

それは冬でもいいんじゃない?
確かに。

そんなわけで、決まりません。

賞味期限

頑固おじーから電話がありました。


おじー  「能登に行ったときのお土産があるから取りに来なさい。」

婆    「(なぜこの前会ったときに渡さないのだ、と思いつつ)賞味期限とかあるもの?」

おじー  「あるはあるが、そんなに短くはない。」

婆    「じゃー9月の暇な土日で取りに行くー。」

おじー  「まー1週間か10日は持つと思うがな。」

婆    「え?いつ能登に行ったの?」

おじー  「先週。」

婆    「・・・」


そんなわけで、今週も頑固おじーのところに行って参ります。(TT)

ごっちゃになる。


げげげっ、


デング熱感染20000人超えの予想?!


と思ったらそれはエボラでありました。f^^;)

久々登場 はっちゃけさん

朝早く出勤し、
夜遅く帰り、
週末は泊りがけで外出していて
殆ど家にいなかったはっちゃけ。

まともに会話をすることもない日々が続いておりましたが、
今夜は8時くらいにぷらっと帰ってきたので、
珍しく夕飯を一緒に食べました。

「あ、そーだ!お土産。」

そう言ってはっちゃけは、
自分の部屋から小箱を色々持ってきました。

「えーっと、これが仙台のお土産で、これが石垣島で、これが富士山登頂の・・・」

( ̄◇ ̄;)

おいおいおい、
いつの間に、そんなにあちこち行っておるのだ。

円通院では、はっちゃけ手作りのお数珠、
石垣では婆の大好きな青い沖縄ガラスのコップ、
富士山のお土産はなんだかよくわからないものだけれど
ありがとう。

「数珠は私がお母さんのことを想って、ひとつひとつ作ったんだよ!全部本物の石なんだから!」

どれも嬉しいお土産ばかり。
どれも嬉しいお土産ばかり・だ・け・れ・ど・も、

行き先くらい言って行きなさい!!
何かあったらどーするの!!

と注意している途中で、

はっちゃけ 「あ、いま税金とかの納付カウンターに入っているから、窓口で納付するものあったらやっといてあげるよ!」

と、にっこり。

婆 「そーかい、そりゃ、便利だね。じゃーこれをお願いしようかね・・・」

うっわー!また誤魔化されてしまったー!!
。・°°・(>_<)・°°・。

ますます手口が巧妙になっている〜
恐るべし2年目OL。



おにぎり屋さん


先日、はじめて「おにぎり屋さん」に入ってみました。

コンビニなどでおにぎりを買うことはあっても、
おにぎりバーみたいなおにぎり専門店で、おにぎりを食べるのは初めてでした。

いろいろあるんですね~
おにぎりの種類も豊富ですが、お味噌汁やおかずもいろいろ揃っていて
目移りしてしまいました。

そこでみつけたのが「マンナンおにぎり」です。
お米の中にこんにゃくが混ざっているもので、カロリーは1個130くらいです。

マンナンおにぎりの鮭にしてみました。
うーん、美味しい~♬
お米100%のおにぎりには負けますが、カロリーの低さを考慮したらマンナンおにぎりの勝ちです。
具もたっぷり!
ひとつで満足満足。
(※小腹を満たす、という意味での満足。)

たとえば、外出先で小腹がすいたとき、
スタバでカフェオレとキッシュを食べるより、
こうしたおにぎり屋さんでマンナンおにぎりとお味噌汁を食べれば、格段にカロリーを抑えられます。
ま、ちょっとオシャレではないですが・・・

生涯ダイエットをし続けるであろう婆にとっては、
なかなか使えるお店の発見なのでありました。(^^)


ラクロスの誕プレ

誕生日が近いので、
ラクロスに「何が欲しい?」と聞くと快眠布団がいいと言う。

ネットで検索。

真央ちゃんの宣伝しているものも、
カズが宣伝しているものも、
すごーく高い。
6万~という感じ。


     *****


婆  「高いから3年分の誕プレをまとめてってことで買ってあげようか?」

ラクロス  「う~ん。どうしようかな~。
       だって布団だと、結婚するまでしか使えないでしょ?」

婆  「え?なんで?置いていかないでよ。
    高いんだから結婚しても持って行きなさいよ。」

ラクロス  「え?!俺のところだけその布団てこと??
        ○○ちゃんは?」

(@@)いや~ん、バカ~ん、そんなこと知るもんですかぁ~


     *****


婆   「大丈夫。どうせ、来年あたりお前さんはフラれるから、
     その布団はずーっと使えるよ。」

ラクロス  「あ、そーだった、そーだった。
       俺フラれちゃうんだよな~(TT)」

とマジで泣きそうな体育会系男子なのでありました。


     *****


そこへ偶然にも愛する彼女○○ちゃんから婆にメール着信。

イタズラで「うちの息子がいま、○○ちゃんにフラれちゃうと言って泣いているのよ」と書いたら面白いかな、と思ったけれど・・・止めました。
大人ですもの。(笑)








国際登録証がまたきました


2011年にマドプロ出願後、国際登録証がきている案件に、
このほどまたも国際登録証が送られて参りました。

ん?なんじゃこりゃ。

送付状には「修正した国際登録証を送ります」とありますが、
特にこちらからは更正請求もかけていないし、
もとの登録証を確認しても記載事項には間違いはないし・・・

ええい、本国官庁に聞いてみよう。

何度も書きますが、
婆は日本国特許庁マドプロ本国官庁の担当者の皆さんは大好きであります。
感じがよくて、親切だからです。
今回の担当者さんも、さくさくと調べて下さって、さくさくとお答え下さいました。

なんと、2011年に日本国特許庁からWIPOにレターが行っていたのだそうです。
こちらでは頼んでいませんが、
日本国特許庁のほうで出願人の住所とは別に担当者の直接連絡先があることを
WIPOに連絡して下さったのだそうです。
MM4には確かに書いておりましたが、国際登録証にはそれは記載されない項目ではないかと思い、
なくて当たり前なのかと思って気にしていなかったのですが、
親切な日本国特許庁マドプロ本国官庁の担当者さんはわざわざ連絡して下さったのでした。

そして3年という月日が流れ、ときは2014年。
ようやくWIPOが、それを反映した修正国際登録証を再発行してくれたというわけです。

あ、あ、ありがとー。


<おまけ1>
最近はマドプロの出願件数が増えたので、ここまで親切に連絡はしてもらえないと思います。

<おまけ2>
別件でインドが指定から漏れていた件は、
この調子でいくと婆が55歳くらいにならないと反映されないのではないかと・・・(T T)








アイコ

カブトムシのaikoではありません。
プチトマトです。

デパ地下で十数種類あるトマトの中で、
一番美味しいトマトです。

なぜわかる?

全種類試食したからです。(笑)
アイコにも種類があります。
中でも、この時期のもの、そして小さい粒のものは
本当に美味しいです。
他とは味が全然違います。

小粒のアイコは入荷も少ないので、
お目にかかれるのは誠にラッキーなのだそうです。

しかしひと粒33円!

🎵どおしたーはやーく買ってぇーしまえ、
そう、言われてもアタシは弱いいい〜

そんなわけで、
清水の舞台から飛び降りたつもりでも
20粒買うのが精一杯でした。(T_T)

猛者ども

最近カラオケで3位以内に入ることがなくなりました。(T_T)
正式名称は分かりませんが(←覚える気がない。)全国オンラインバトル、みたいな感じの名称です。

カラオケにあまり行かない方は、このシステムをご存知ないかもしれませんが、

歌う曲をセットすると、
まず、同じ曲に挑戦している人の人数が画面に表示されます。
ちょっと人気の曲ですと、700人、800人になります。
これらがみーんな、その時のライバルとなるわけです。

曲が始まると、現時点でのトップ3が得点とともに表示されます。
問題はここです。d( ̄  ̄)

最近、1位どころか3位まで100.00点なんてことが多くなりました。
もうそれを見た時点で戦意喪失です。(笑)
満点なんて取れるわけがありませ〜ん。

そういうハイレベルな曲を選んだ、身の程知らずの自分がいけないのですが、
満点とか、99.99点とかとれる方はできることならプロになっていただいて、
アマチュアの夜のお楽しみを奪うことのなきようにして欲しいものです。

1年くらい前までは、1位が97点や98点だったのに・・・

しかも、選ぶ曲選ぶ曲、トップ3に同じ人が入っていたりします。
婆の行く手を阻む、憎っくきライバルたちです。

婆はその人たちを『猛者ども』と呼んでおります。

まー、猛者どもは猛者どもで、熾烈な得点争いをしているのでしょうねぇ。

あぁ、そんなところに加わってみたい。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

憧れの?猛者ども〜

愚痴ラーに関する愚痴

婆の通うジムのジャグジーは小さく、
更に入り口部分は人3人分の幅しかありません。

バスタブの縁に2人腰掛けると、
湯船に入るためのスペースが人ひとり分の幅しか残らなくなりますので、
バスタブ脇の壁には、
「浴槽の縁に腰掛けての長時間のご休憩はご遠慮ください。」
と書かれています。

いました。
座り込んでお喋りをし続ける30代の女性。
片方がラブラブな夫婦生活を送る人で、
片方が旦那に相手にされなくて、寂しくて仕方が無い人です。
(と、ご自分で言っていました。)

話は盛り上がっております。
内容はもちろん、旦那に相手にされない人の愚痴です。
旦那になんか相手にされない方が楽チンでえーじゃないか、と思いながら
湯船で聞いていた婆ですが、5分経っても愚痴は止まりません。

すごく太った人が、湯船に入るのを諦めたのが目に入りました。
愚痴ラーは背中を向けているので気付きません。

細身の若い娘が、残りの隙間から少し身をよじって器用に湯船に入ってきました。
愚痴ラーは気付きません。

70歳くらいのおばあさんが湯船に入ってくるのですが、
手すりの両脇に愚痴ラーたちが陣取っているので、
おばあさんは手すりなしで湯船に入ろうとヨタヨタしていらして、今にも滑りそうです。

婆と細身の若い娘は湯船から、ヒヤヒヤしながらおばあさんを見守りました。
その視線に愚痴ラーはようやく気付き、
「あ、ごめんなさーい」と言って、ほんの少し身体を寄せました。

手すりを解放しなければ意味がないのですが、気が付かないのか
愚痴ラーはすぐに愚痴に戻りました。

この時点で13分もジャグジーに入っていた婆はのぼせ寸前でした。
でも、出るにはあの隙間を、あられもない格好でバランスをとりながらうまいこと通過しなければなりません。

愚痴ラーは言うのです。
「旦那がね、お前は気が利かない!自分勝手だ!っていつも言うのよ~。ひどいでしょ~。」


うんにゃ、旦那は正しい。さほどひどい人でもないと思う。


のぼせ寸前の婆と、
そろそろ出たくてもぞもぞし始めた若い娘と、
漸く無事に湯船に入れた本物のおばあさんは、
心の中でうなづくのでした。(多分。)


その後、婆は耐えきれず、身をよじってなんとか隙間から脱出致しました。




たこ騒動

BOSSの足のかかとに、たこができました。
マラソンをしているといつも靴が当たるのだそうです。


BOSS  「これ治す何かいいもの知ってる?」
(BOSSは基本、Tシャツ+短パン+裸足なので、足のかかとは常に見える状態になっています。)

婆    「かたくなっているんですか?」

BOSS  「そう。でも芯はないから魚の目とかではなさそうなんだよ。」

婆    「そりゃ、たこですよ。」

BOSS  「?! (@@)たこ?!」

婆    「そーです、たこです。」


BOSS  「ひ~っ、事務員にたこって言われた~(T T)」



<おまけ>
おいおい、『まだ』言ってないし。(--)

図面屋さんへの急ぎの依頼


特許事務所では大抵は決まった図面屋さんがあって、
「これお願い」と言えば細かいことを言わなくても、
出願用のサイズで作成してもらえます。
とても便利でありがたい存在です。

でも、納期の件でこちらの希望が通らないこともあります。
ほかの事務所からの依頼で、混雑しているときなどは仕方がありません。
しかし、こちらも急な出願でどうしても急ぎで仕上げて欲しいこともございます。

BOSSとふたりで、優先してやってもらう方法を考えました。
依頼メールに、

「トレース4枚お願いします。
 希望納期は明日の午後一。
 忙しくて無理な場合は、
 忙しいという証拠を添付の上、ご連絡ください。」

如何でしょう。(笑)
恐ろしく強制力のある依頼メールだと思いませんか。

ま、今後の取引を逆に断られるというリスクもありますので、
実行するにはかなりの覚悟が必要だと思います。


土砂災害


日光は土砂降りだったのに、
東京に向かう帰りの電車の車窓には
いつの間にか雨粒が斜めに走ることもなくなっていました。
新宿に到着すると、雨が降った形跡すらありませんでした。

小さな日本。

でもお天気は各地で大きく異なります。
広島の土砂災害のニュースには心が痛みます。
ひとりでも多くの方が無事に救助されることを祈ります。

婆の実家も山の斜面にあります。

そばにいるときは安心ですが、
離れているときにニュースで実家の方に「大雨警報」などが出ていると知ると、
「今夜あたり、おじーが流されてしまうのではないか・・・」
と濁流に吞まれる白髪の頑固おじーが脳裏に浮かびます。

ある時はお茶碗に入った一寸法師のようなおじー、
そしてまたある時は、
テルマエロマエ1で渦巻き状の流れに飲み込まれる人形のようなおじーが
頭に浮かぶわけです。
剛毛の白髪が乱れて、瓶底メガネが片耳だけにぶらさがった、すててこ姿の頑固おじーです。
浮かぶ絵面はどれも笑えるのですが、心配は心配です。

そんなときは電話をして
「何ごともなくて非難して損した!と思えるくらいがいいんだから、
非難は早めにするんだよ」
と忠告すると、
「いいんじゃ、わしゃもう80年も生きた。」
などと言ってブチッと電話を切られてしまいます。

うーん、
想定内の可愛くない反応

と思います。
言うことなんかきかない文句ばかりの可愛くないおじーですが、
この先も痛い思いや苦しい思いはさせたくないなーと思います。

山沿い、海沿いにお住まいの方は、
土砂崩れや津波の可能性があるときは、お早めに非難してくださいね。










日光金谷ホテル

箱根の富士屋ホテルも趣があって良かったですが、
日光金谷ホテルの重厚感はいいですねぇ。
食事だけして参りました。

ちょうどお部屋のお掃除の時間でしたので、
化粧室へ行く途中の廊下で、
ドアが開いているお部屋を幾つか覗いてみました。

おおおー
こげ茶色の重厚な家具、
アンティークな雰囲気、
いつかは泊まってみたーい。

お食事も美味しかったです。
美味しいと有名なパンは、もちろんおかわりしました。
スープはまろやかでクリーミーな野菜のスープ、
サラダのプチトマトは新鮮で味が濃く、
お肉は柔らかく、
アイスクリームは濃厚でした。

うーん、満足じゃ。

日光を散策しようと思っていましたが、
土砂降りになったので、
東照宮と二荒山神社だけ見て帰ってきました。

雨は残念でしたが、
のんびりと楽し〜い夏休みでした。(o^^o)



星野リゾート「界」川治

ただいま婆は、仕事をサボって日光川治温泉におります。

部屋についている露天風呂に入り、
朝からゴージャスなご飯を食べ、
図書コーナーでシティーローストなる珈琲を戴き、
低温サウナと大浴場で寛いできました。
なのにまだこの時間。

目の前に緑深き山、
眼下に渓流、
天井までの一枚ガラスの大きな窓に向かう脚を伸ばせる大きなソファで
このブログを書いております。

あぁ、幸せ。
至福の時。
時間よ止まれ。

B.YAZAWA



〈おまけ〉
斜め後ろでテレビを見ている、
この文句ばかり言う白髪の頑固おじーが、
福山雅治だったなら、
言うことなし。(~_~;)

日光江戸村

ずっと行きたかったのです、日光江戸村。(笑)

念願叶って昨日行って参りました。
私としては、すごーく面白かったのでご報告申し上げます。

1.スタッフは役者志望の皆さんなので、ちゃんと江戸っぽくなっております。

2.再現された各種のお店もよくできています。

3.遠山の金さんのお裁きはコント仕立てで笑えます。

4.花魁ショーは花魁役の方の美しさに満足です。

5.忍者ショーは千葉真一さながらのアクションで見応え十分です。

その他、のんびりとした中にも数々の興行があり、楽しめます。食べ物もいろいろあります。

なお、ここでは、普通に侍が話しかけてきたりします。

お酒を飲んで赤い顔をしていると、
「おぬし切るぞ!」
と言われます。気をつけましょう。f^_^;

〈おまけ〉
貸衣装は花魁30000円(要予約)〜町人3800円。
外人観光客が武士になり、子どもたちは忍者になり、若い娘たちは町娘や新撰組になったりして、とても楽しそうでした。
偶然知り合いに会ったのですが、何故か「農民」の格好をしていて大笑い!
ほっかぶりに籠しょって歩いてました。
お金出して、それ着る〜?!という感じでした。(笑)

アメッシュ

毎日、日に3回くらいは見ます。

8年くらい前でしょうか、
その時勤めていた特許事務所の大先輩から
「これいいよ、便利だよ。」
と教えてもらいました。

それ以来、婆の生活は
アメッシュなしでは考えられません。

まず、洗濯物。
突然の雨で、干していた洗濯物が台無しになることも殆どなくなりました。

お休みの日は、アメッシユを見てから外出の予定を組むこともあります。

小一時間の外出で、
傘を持とうか
どの靴を履こうか
と考えるときも、アメッシユは欠かせません。

もちろん、今日もチエックしたので
雨が降り出す前に洗濯物を取り込むことができました。

アメッシュ様々です。(o^^o)

10円をとるか。気分の良さをとるか。

お昼を買いに、近所のパン屋さんへ行きました。

こちらのお店では、
このお店のロゴの入った250円のバッグを購入して、毎回それを持って行けば
購入代金から10円引きにしてもらえます。
もう婆は25回以上通っているので、もとはとっております。

今日はレジに新人さんが入っていました。

バッグを持って行きましたが、10円引くのを忘れています。
もしかしたら、10円引くということをまだ教えてもらっていないのかもしれません。

一瞬、言おうかと迷いましたがやめました。
運悪く、ベテラン店員が近くに来たからです。

言ってあげた方が親切なのかもしれませんが、
10円のために、この新人さんがベテラン店員に叱られる様子を見るのは
割に合わないような気がしたのです。

「1円を笑う者は、1円に泣く」と言いますが、
10円を無駄にした気にはなっておりません。

まー、これが100円だったら言っていたでしょうけれども。(笑)


皺は口ほどに物を言う?

今日のメインは、e内容証明を送ることでした。
朝一で中間書類と商標調査報告等を作り、お昼までに内容証明を終わらせようと思っていましたが、
暫くe内容証明は出していなかったので、手順を忘れておりましたf^^;)

さらに、

・ e内容証明の64ビット版が入っていなくて、ダウンロードからし直さないといけないことに。
・ ダウンロードし直したら、差出人の設定をやり直す羽目に。
・ 4月1日の郵便料金改定で料金に関する更新も必要に。
・ 登録していたBOSSのクレジットカードが無効になっていて登録のし直しが必要に。

なんやかんやで、えらく時間がかかってしまいました。(TT)

しかも本文以外の送付資料があるので、それらは別途簡易書留で郵送しなければならず、
郵便局に投函したのちにそれらの報告と実費郵便代を含む請求書も発行しますし、
同時に進行していた意匠の出願書類も図面の殆どを差し替えることになり、
定時(17時)までに間に合うかな・・・と、自然と眉間に皺が寄りました。

BOSS   「私、今日は16時には出たいから。」

なーぬー?!
忙しかったのでBOSSの行動予定を確認するのを忘れておりました。

BOSSの退社予定に合わせるとなると、
資料発送の郵便局お使いは、どう考えても婆が行くと全てが終わらなくなります。
さーてと、ではどうするかね~

BOSS   「私が郵便局に行ってきます。」

婆の顔に何か書いてあったのでありましょうか!?
キン肉マンであるなら、額のど真ん中に『郵便局に行く時間が足りません』とでも?(笑)

というわけで、優しいBOSSがこの酷暑の中、志願兵となって郵便局まで行ってくれました。
すみませんね~
弁理士の先生にお使い頼んじゃうなんて~

お陰様で全て完了致しました。
ご協力ありがとうございました。m(_ _)m


〈おまけ〉
「62ビット版」と書いていたら「それは2びっ飛んだ版?!」というメールが関西方面から飛んできて大笑い。
訂正させて頂きました。

付録付きの美容系本


本屋は好きであります。
買わないことも多いのですが、
色んなジャンルの本棚を、気分に任せてうろつき廻るのが楽しいです。

いつの頃からか、
箱と書籍が一体化した付録付きの美容系本が多くなりましたね。

ついている付録(というか、そちらがメイン)は、
DVD
ゴムのひも
スリッパ
タオル地のヘッドギア
ふんどし
つぼ押し棒
キャミソール

ここは本当に本屋か、と思うほどです。

しかも980円~2300円、と付録付きにしてはお手頃であり、
「こんなの効かないよ~」と思いつつ、気が付いたら手に持っていたりして非常に危険です。



GOOD JOB !

梨やスイカは美味しいですが、重い。

スーパーで、

「あー梨買って帰ろうかな~、
でも重いしな~、
偶然ラクロスが通りかかったりしないかしら~」

などと考え、結局諦めました。

するとどうでしょう。

はっちゃけの彼氏のお母さんから梨が1箱届きました!!!
虫のインフォメーション!
無理して買ってこなくて良かった~(^^)

GOOD TIMING!
GOOD JOB!

いただきま~す♬

徳川家康

1616年。73歳で亡くなる。
囲碁の殿堂入り。

本人も
まさか自分のことが
400年のちの埼京線車内の画面で
不特定多数のちょんまげの無い、刀を持たない、
洋装の人々に、
事細かに紹介されるとは
想像もしていなかったでしょう。

電車ですよ、電車!
電気で動く金属の巨大な乗り物。
かごより楽チンで、馬より早い。
家康さんに見せてあげたい。

あぁ、いまから400年後は
どんな世界になっているのでしょうね。
見てみたいものです。

と、通勤電車でひとり遠い目をする特許婆。
(はたから見たら、寝ぼけまなこのおばはんですが。σ^_^;)




来客一段落に思う。


来客が続きバタバタ致しましたが、漸く落ち着きました。
お暑い中(埼玉はただいま35℃です。)、ご足労戴き恐縮です。

お出しする冷茶もみなさん一気飲み。
この暑さですから当然です。
器ごときんきんに冷えたビールをお出ししたいくらいです。

そういえば今日は、お昼時間が30分しかとれませんでした。
いつもは60分ですが、来客時間に合わせたらこうなりました。

BOSSは
「あとで残りの30分とってね。」
と言ってくれましたが、大丈夫です。

婆は新卒で証券会社に就職し、結婚するまで勤務していました。
証券会社では前場(午前中の取引)が引けても、
店頭にいらっしゃるお客様の対応で、お昼時間は毎日押せ押せでした。
交代制で60分づつ与えられていましたが、実際には10分しかなくて、
がががががーっとお弁当を流し込んで、歯を磨いて、メイクを直して、仕事に戻っていました。

それに比べれば30分は余裕です。(^^)V

いまどきは証券会社もネット取引が中心になるなどして、
様変わりしたので店頭の雰囲気も変わったでしょうね。
でも、あの時間に追われる証券会社での経験は婆にとってはいつだってプラスです。

「あの時よりは全然マシ!」
「あの時の方が大変だったじゃない!」
「あの時にできたんだから今もできるはず!」

唯一マイナスになったのは、
早食いの癖がついてデブが加速したことですね。(T0T)








動き出しました


特許庁からの書類も先週はぐっと少なかったように思いますが、
明けて今週は全体的に動きが活発になりました。

お客様からのお問い合わせや、ご相談希望のお電話も多く、
来所ご希望の方の調整でBOSSが四苦八苦しています。

でも口癖はお互いに

「ありがたいねー。」


このご時世、お仕事を戴けることは本当にありがたいことです。
お盆休みの間に閃いたアイディアや、休み明けの会議で方針が固まった案件など
一気に動き始めたのでしょう。

お待たせしないように頑張ります。(^^)




先輩冥利につきる


居酒屋の外飲みスペースにて、
社会人4、5年目の男性社員が
同僚と思しき男性に笑いながら、

「S田ってさー、
ヤル気もあるし、
なんでも一生懸命だし可愛いんだよ。
だけどさー、
懐いてくれるのは嬉しいんだけど、
トイレのドア越しにまで喋り続けるのは
さすがに困るんだよなー。」


ごもっとも。(⌒-⌒; )

S田くん、慕う気持ちはよく分かるけれど、トイレに入る時くらいは先輩を一人にしてあげてください。

でも、先輩はとても嬉しそうでしたよ。
(o^^o)

小卒の誇り


中学、高校、大学と
同じ学校で上がってきたラクロスは
10年間同じ校歌を歌ってきました。

体育会系なので
校歌を歌う機会も多く、
それなりに愛着があるのでしょう。

こんな時間に、まるで流行りの曲のように
歌っていました。

婆 「なんの歌かと思ったら、校歌じゃないの。」

ラクロス 「そうよ。ずっと歌っているからね。オレ、校歌は3番まで全部漢字で書けるよ!」


そこ自慢ポイント?!( ̄◇ ̄;)


たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR