FC2ブログ

ちょっと悲しいお話しです。

今年も海へ行くって
いっぱい映画も観るって
約束したじゃない
あなた 約束したじゃない

沢田知可子さんの「会いたい」の歌詞の一部です。

とても良い曲なのですが、
大好きだった彼氏が事故で死んでしまうというストーリーが悲しすぎて、
聞いていられない曲でもあります。

   *****

20代後半のとき、
友達の彼女が交通事故で亡くなりました。
ほんの数日前に「この子と結婚することにした!」と紹介されたばかりだったのに。

事故当日、彼女の車の後部座席には花火が置いてありました。
「こんど花火しようね」と約束していたのだそうです。
これと沢田知可子さんの歌がかぶります。

婚約の報告でしょうか、
彼女が女友達と遊びに行った日、
いつものように彼は電話をするのですが夜中になっても通じず、
心配していたそうです。

社内恋愛だったのですか、周りの人はふたりの関係を知りませんでした。
翌朝出社すると社内がバタバタしていて、
「何かあったの?」
と彼が同僚に聞いたところ、
「○○さんが昨日の夜、事故で亡くなったんだって。」
と言われたそうです。

誰もふたりが付き合っているとは知らなかったので、
彼には連絡がこなかったのです。

せめて身体が温かいうちに、抱きしめたかったでしょうに。

   *****

船は沈没し、飛行機はぼこぼこ落ちる昨今。
老いも若きも、いつ死んでしまうかわかりませんから、
今日という日を200%楽しんだ方がよいと思います。

楽しむというのは「遊ぶ」という意味だけではなく、
「やるだけやっておく」というか「明日はないと思って生きる」というか、
そんな感じです。

さー、定時です。
明日はないと思って7月最後の夜を楽しみましょう。



スポンサーサイト



パリのBOSSからメール


「着いた。」

どうやらパリの中心部から
16キロ離れたベルサイユ宮殿まで走っていったらしい。

そんな人いるのかしらん。(@@)





意地悪婆さん

誰かから電話があり、
リビングでごろごろしていたラクロスが飛び起きました。

下北で友達と飲んでいる愛する彼女の○○ちゃんが
「酔っ払ってしまったのでお迎えにきてあげてー」
という同伴者からの連絡のようです。

「もう~、弱いのに飲むから~。」
「こんな時間に~。(12時をまわっている)」
「しょうがないな~。」

とかなんとか言いながら、
ちゃっちゃと着替えて、ちゃっちゃと髪の毛整えて、
歯まで磨いております!
なんだかとても嬉しそうです。(笑)


お前さんは試験前で忙しそうだから、
優しい母さんが代わりに迎えに行ってあげようか?
( ̄+ー ̄)




原因はニュートン算?!

酸素カプセルとヨモギ蒸しのせいで
興奮して3時くらいまで眠れなかったり、

オイルシャンプーのせいで
吹き出物ができたり、

と、それぞれの原因を自分なりに特定しておりましたが、
新たな説が浮上しました!

それらは、苦手の数学に手を出したからではないかという説です。
(漢字のおっちゃんの説です。)

10日か二週間ほど前に、漢字教育士のおっちゃんから
メールでニュートン算の問題が送られてきました。
取り組むまとまった時間はないものの、
なんだか面白そうなので、暇をみつけてはちょこちょこ解こうとしておりました。

しかし、解けない。σ(^_^;)

微分積分?
二次方程式?
どうやって解くんだっけ?!

あれこれ式をたてようとするも、たてられず、
視点を変えて解こうとするも、解けず、
アホちゃいますか私、という感じになりました。

BOSSに聞くと、ちゃちゃちゃっと解き、
「こたえは2.5日!」

うーむ、wikiの解法通りやると4日なのですよ、BOSS。

「オレ、文系弁理士!」

うーむ、明治の農学部だったはず。
ま、理系にもいろいろいるようで・・・

ここから婆の使っていなかった、数学脳が酷使されることになります。
そして、不眠と吹き出物の日々。(笑)

昨日、解答と解説を戴きましたので、あとでじっくり読んでみます。
解説を読んで理解できれば、やがて諸症状は緩和されるでしょう。

それでも理解できなかったら・・・この夏はぶつぶつ婆さんで過ごします。
(T0T)



誰にも会わない日

理由もなく、今日はおしゃれをしております。(*^^*)
この夏一番のおしゃれかもしれません。
夏のSALEで買ったワンピースでございます。
頂き物の商品券で購入。
着る機会がないまま夏が終わるともったいないので、
ただそれだけで着てきたわけです。

で、そんな日に限って、

BOSSは外出、
もちろん来客なし、
隣のSちゃん家族にも会わず、
宅急便やさんにさえ会わない1日でありました。(T_T)

あ、お昼にパン屋さんには会ったけど。

なんだかもったいないー

みすぼらしい変な格好している時は、
普段会わないような人にまで会うのに、
皮肉なもんですねー(ーー;)

まー、そういう格好している日の割合が多いというのも敗因ですけど。

誰にも会わないなら、
いっそ浴衣でも着てくればよかったかも。(笑)





ノンシリコンのオイルシャンプー

効果は申し分ないのですが、
美容院で買っていたシャンプーになーんとなく飽き始め、
(そういうことないですか?高いというのも原因のひとつではあります。)
ドラッグストアのシャンプー売り場をうろついて、香りの気に入ったものを買って参りました。

最近の主流は「ノンシリコン」の「オイルシャンプー」なんですねぇ。

たまたま香りが気に入ったものがそれの類だったので、
どんなもんかと使ってみました。

美容院のシャンプーより値段が安いという先入観からか、
若干洗い上がりのしなやかさが劣っているような気がしますが
オイルシャンプーというカテゴリーに属するにしては、
すっきりとした軽い洗いあがりでございます。
香りがよいので、とりあえず使い続けてみることにしました。
(商品名は覚えていないのですが「バニラムスク」の香りの商品です。)

そして使用翌日。
鼻の横に吹き出物がひとつ出現。

使用から2日目。
頭皮に吹き出物が出現。

使用から3日目の本日、
なぜか肩に吹き出物が出現。

はじめはよもぎ蒸しのせいにしていたのですが、
よくよく考えたらこれはオイルシャンプーのせいですね。
吹き出物が出る位置からして、間違いありません。
コンディショナーは念入りに流しているにもかかわらず・・・(T T)

そうでした、婆は肌が弱いのでした。
濃厚なトリートメントやシリコンシャンプーもすぐに吹き出物が出るので
若い頃から気をつけていたのに、最近すっかり忘れておりました。

もったいないので使い続けてブツブツ婆さんになるか、
お肌のために思い切って買い替えるか・・・

悩みます~。



たいへん失礼致しました。

住所録に入力をしていて気付いたのですが、

有佳』さんというお名前の方がいらっしゃいまして、
ゆか』さんという女性だと思っていましたら
ありよし』さんという男性でした。


長い間、勝手な思い込みをしておりました。
失礼致しました。m(_ _)m

盆踊り

きのうおとといは近隣で、盆踊りが行われていた。
ジムに向かう道すがら、あぁ、もうそんな時期か、と思った。

なぜ土日ではなく、日月なのか分からないが、
月曜日でも大賑わいであった。
あちこちからわらわらと、盆オドラー達が浴衣姿で集結してきた。

盆オドラー達はどんな気持ちで踊っているのか。

聞こえてくる楽曲は
「チャンチキおけさ」であったり「銀座カンカン娘」であったり「ドラえもん音頭」だったりする。

果たしてあの楽曲で、死者の魂を鎮めたり、先祖の供養ができるのか。
にわかに信じがたい。

盆オドラー達は輪になって踊る。
踊りまくる。
ある者は櫓の上にあがり、チャンチキおけさに流し目アレンジを加えて踊る。

魂は鎮まるどころか、燃え上がりそうな踊りっぷりである。

盆オドラー恐るべし。
恐るべし盆オドラー。

でけた!完全開脚!


ジムなう。
今宵、念願の完全開脚完成!!

いま検索したら
2013.10月に「目指せ完全開脚」という記事を書いておりました。
9ヶ月かかりました。(T_T)

今宵はなんだか身体が柔らかく、
前屈もヨーダこと鈴木都知事のように
両方の手のひらが床にぺたんとつきました。

あぁ、憧れの開脚だわ〜
(前後のみです。左右は全然ダメ。でもよいのです。満足。)

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

50を前に、目標達成。
偉いぞ婆!

でも、明日はできなかったりするんですよね。
つづけなくちゃだわ。

夢みたいです。
わーい、わーい、
はっちゃけに自慢しようっと🎵



プール開き

出願だ中間だ審判だとバタバタしているうちに
実況中継を逃してしまいましたが、
今日は事務所隣のSちゃんちのプール開きでした。(^^)

夏の風物詩ですねぇ。

婆のデスク前の窓の下から
キャッキャッとSちゃんの喜ぶ声がしてきて、
書類チェックで眉間に皺が寄っていた婆ですが、思わず顔がにんまりしてしまいました。

今年は下の子も(まだ名前がよく分かりません)ちょっとは入っていたようです。
うにゅうにゅと声がしましたが、本格的な参加ではなかったようで、
Sちゃんもまだプール独占状態でしたから、もめごとは起きませんでした。
来年あたり、勃発しそうです。
今後の動向が気になります。
目が離せません。(笑)

5センチの水深でも人は溺れるらしいので、
乳幼児2人の監視はママも大変だと思います。
従いまして、婆も監視態勢を強化する所存です。(盗み聴きによる監視ですが。)




いつから「おばあちゃん」と名乗ればよいのか


つくば以来考えているのが、

では一体いつから自分のことを「おばあちゃん」と名乗ればよいのか

という問題です。

ブログ上の「特許婆」は特許業界・OLとしては完全な婆なのでなんの抵抗もなく、自然に名乗っておりますが、
実際に街中で知らない子どもに自分を名乗る場合はどうしたらよいのか、という問題です。

「おばちゃん」と名乗り続けることで、往生際が悪い・図々しいと言われるのはいやですし、
頃合いを見て、自分を「おばあちゃん」と呼べるようにスマートに切り換えたいと思っております。

世のおばあちゃん逹は街中で知らない子どもに対して、
いつから自分を「おばあちゃん」と名乗り始めたのでしょうか。

婆の母親は40代で初孫はっちゃけが生まれているので、
50歳では当然のように街中で知らない子どもに、「おばあちゃんにそれ見せて」などと言っていました。

孫ができれば、たとえ年齢的に若かろうが「おばあちゃん」と名乗って差し支えないでしょう。
孫ができれば話しは簡単のようですが、世の中そううまくいくものではありません。f^^;)

孫の有無に関わらず、
既婚未婚に関わらず、
知らない子どもに自分を「おばあちゃんはね」などと言うのは、いつからがよいのでしょうかーーー??

見た目?体力?雰囲気?
だとしたら、それもどれくらいを目安にすべきなのでしょうかーーー??

世の中の子どもたちにアンケートをとりたいくらいです。



<おまけ>
そんなの老け込んじゃうからずっと「おばちゃん」と言っていればいいのよ!
と仰る方がいらっしゃいましたらお気を付け下さい。
80歳で「おばちゃん」と名乗ったら、ぼけていると思われるかもしれません。(笑)
若い気持ちのままでいることは大事ですが、子どもたちを混乱させることは大人として極力避けねばなりませぬ~











登録後の分割移転の公報

商標登録第⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎号の1
商標登録第⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎号の2・・・

うっかり見落としそうな枝番付き登録案件のお話です。

登録後の分割移転に伴い、指定商品の記載に「但し、××を除く」のような追記がされた場合、
これらの変更後の公報は発行されません。
存在しないわけです。

IPDLの商標の登録情報の検索(メニュー上から3番目)で、最新の指定商品を見ることはできても、最新情報の公報そのものは入手できないわけです。

そんなこと、すっかり忘れて、
取消審判請求に本願の公報を添付する旨記載した状態で、先に作成してしまいました~σ(^_^;)
おいおいおい。ないないない。(笑)

原簿で指定商品は確認できますけれど、
商標の態様確認用の公報は
枝番無しの(分割前の)もとの案件の公報を添付するしかありません。

そのまま出したとしても通りはしますでしょうが、
記載として不十分ですし、代理人として恥ずかしいので、
自分自身にぶーぶー言いながら(笑)、正本1副本2作り直しました。

この時期は雷雨が怖いので、早く書類を整えて、早く郵便局に行こうと思います。

聴診器

つくばメディカルセンターで
本物の聴診器を使わせていただきました。

重い。
そして大きさが様々です。
耳に入れる部分は普通に考える向きとは逆に反っています。

院長先生に色々質問し、聴診器に若干詳しくなりました。
すぐ忘れるので書きます。(笑)

・聴診器は大抵ドクターの「マイ聴診器」である。身につけているもので「マイ」なものは、ほかにはペンライトくらい。
・聴診器は両面使える。高音か低音かにより、患者に当てる部分を使い分ける。
・聴診器は当てる部分が大きくて長い(厚みのある)ものがよく音を拾える
・聴診器にもブランドがあり、中には金色のものもある


「すると、聴診器を見れば、ドクター同士は、お、高級なの使ってるな、とか、お、ベテランだな、とか分かるわけですか?ステータスシンボルになっていたりもするのですか?」
の質問には、さすが院長先生、にっこり笑ってノーコメント。

でも一瞬、ドキッとしたようでした。
さては図星だな。
d( ̄  ̄)


と、聴診器がなくても院長先生の心臓の音を拾えた婆なのでした。


「おばちゃん」じゃないとしたら・・・

つくばの漢字探検隊で、小学生に向かって

婆 「おばちゃんにそれちょーだーい!」

と言ったら、
ひとりの女の子が(1年生)

女の子 「おばちゃんじゃないよー」

と言いました。

ん?
50歳近いばーさんをつかまえて、
「おばちゃん」じゃない、と言うからには、
それなりの覚悟があってのことだろーねー?(ー ー;)

婆 「あ、そーか!おばあちゃんだね〜。」

努めてにこやかに、
しかし、
婆の目は笑っていません。
ある一定の威圧感を目から放つこと数秒。


女の子 「お、おねーちゃんだよ。」





よーしよしよし、合格だ!
漢検にはまだ受からないかもしれないが
君は『社会人検定』10級「切り抜け即答の部」を95点でクリアした。
(婆の目力にひるんで口ごもったので、マイナス5点。)
人生最初の試練だったかもしれないが、これが社会というものだ。
とりあえず、おめでとう!



〈告知〉
次回『社会人検定』9級は「あれ?痩せました?の自然な声掛けの部」です。
全国の小学生諸君、健闘を祈る。

かんかん照りの夏の日の専業主婦的生活

今朝9時から
洗濯をし続けております。
いま漸く、何度目かの(4?5?)最後の洗濯が終了しました。
もう洗うものかありません。(笑)

こんなお天気の良い日は
カーペット、
夏掛け布団、
枕カバー、
シーツ、
クッションカバー、
タオル、
タオルケット
などもよく乾きます。
普通の洋服の洗濯ものなんてあっという間に乾きます。

最高に気分が良いです。
カラッと乾いたいい匂いの洗濯物!
うーん、おひさまってすごい。

毎日専業主婦で家事をすることはたいへんだと思いますか、
こんなカンカン照りの夏の日だったら、
専業主婦でもとっても楽しい〜🎵
と思います。(o^^o)



〈おまけ〉
この記事を書いて暫くしたらゴロゴロゴローッと雷が鳴りまして、
慌てて洗濯物を取り込み、ぎりぎり濡れずにセーフ!
外で働いていると、こうした雷雨でせっかくの洗濯物がびしょ濡れになることもありますので、
やっばり夏の日の専業主婦はいいなー
と思いました。

まんざら使えなくもない。


大きさが似ている茶碗を
洗っている時にうっかり重ねてしまいました。

これは重ねたら危ないと思っていたのに、
重ねてしまいました。

そう、はずれなくなりました。
がっちりはまってとれません。

洗剤て滑らせる
お湯と水でそれぞれの伸縮にかける
安い方を割る(片方は100均の茶碗)

あとで考えようと思い、
台所の流しの隅においてそのままつくばへ行きました。

つくばから帰ると、お茶碗はみごとに分離され、
洗ってありました。

超嬉しい!
びっくり!
なんとラクロスがはずして洗ってくれたそうです。
隙間から水を入れて外したそうです。

日頃から家族でいじめておりますが、少し見直しました。( ̄▽ ̄)

つくばにて

フルタイムでがっつり働いていれば
当然、旦那の扶養には入れず、
たまたま勤務先が社会保険制度未加入の事務所だったりすると、
国民年金やら健康保険料はバカになりません。
年収の2割近くになります。
通知書がくると金額にかなりのショックを受けます。

「げげーっ、高い〜…>_<…」
そう思ったとき、
たまたま漢字探検隊で『つくば』にいた私の頭に浮かんだのは・・・


社会的JAXA。



〈おまけ〉
長い長い前置きで失礼しました。
ちなみに自分が社会的弱者だとは微塵も思っておりません。
おあとがよろしいようで。m(_ _)m


第3の洗剤「アリエール」の誤飲


婆も使っています。
「キャップで計る」というほんのわずかな手間を省いただけなのに、楽ちんです。
それにジェルボールはなんだかキレイです。
ぷよぷよの触り心地も色も、美味しそうに見えなくもありません。

発売後わずか2ヶ月で、
23件の幼児による誤飲事故が起きているそうです。

容器は結構開け難い構造になっています。
事故の報告を読むと、
「転がってしまった洗剤を、横にいた幼児が口に入れてしまった。」
「上の子が遊んでいたら下の子が食べてしまった。」
うーむ、これって・・・乳幼児がいる家庭なら、どれも想定内の出来事のように思います。

小さい子はなんでも口に入れてしまいます。

子どもたちが小さい頃は、
「もし間違えて口に入れたら」
「目を離した隙に飲み込んだら」
そんなことばかり考えていたように思います。

お母さんは忙しいですから、四六時中見張っているわけにもいきません。

美味しそうに見えるが食べてはいけないもの、
口に入る大きさのもの、
薬品や化粧品などの有害なもの、
できることなら、そうしたものは家に置かないことです。

液体の洗剤でも小さい子は飲んでしまいますから、
誤飲事故のあったご家庭のお母さんも、考えた末にジェルボールにしたのかもしれません。

恐ろしい想像をすれば、ジェルボールはかなり大きいので、
かまずに飲み込んで窒息してしまう可能性だって十分にアリエール。

小さいお子さんのいるご家庭は、取り扱い要注意ですね。




新札交換


ときどき「新札」が必要な時がございます。

先日、郵便局に行きましたら、
隣の窓口で「これを新札に替えてください」といった女性に
局員さんが
「新札交換はうちじゃやっていないんですよねー。両替機のある銀行に行ってくださーい。」
と返答していました。

確かに郵便局で新札に交換してもらったことはありません。
たくさん必要なときはまずは銀行に行っていたので、
ほかの手段を考えたこともなかったというのが本当のところです。
このほど調べてみました。

・銀行窓口で交換する以外に、銀行両替機で交換もできるそうです。
(1万円札を入れて「1万円に交換」を選択すると、新札が出てくるようになっているそうです。)

・ホテルでも、緊急用に少しは用意があるそうですので、
結婚式などでうっかりした時は、慌てず騒がす、まずはフロントに聞いてみて下さい。


ほかにもコンビニのATMでねばるとかアイロンで伸ばすとかありましたが、
やはり銀行系が王道でしょう。

新札が必要な場合というのは、急に起きるご不幸とは違って、
予め必要になることが分かっているものです。
前の晩にお札にアイロンかけすることなどないように、
新札のご用意はなるべく早めにしておきましょう。


<おまけ>
常に新札を数枚引き出しに隠し持っておく、という手もありますが、
次にお祝い事が起きるまで、使わずにいられるかというと・・・まー無理ですわね。(笑)






少女時代

今日の防災戸田からのアナウンスは
「今日は最高気温が35度以上の猛暑日になりますので、涼しいところでお過ごしください。」
です。

暑いですねぇ。
毎年恒例になりましたが『ナツいアツ』と言いたくなります。

でも、婆は自分の子ども時代を振り返ると、夏はもっと暑かった気がするのです。
(ご注意:気象庁のデータではなく、婆の記憶の中の体感温度のことです。)


*****


「扇風機」
小学校の頃は、朝暗いうちからカブトムシやクワガタを採りに山に行きました。
帰る頃には白々と夜が明け、夜明け直後からもの凄く暑かった気がします。
扇風機が主流の時代ですから、
山から帰ると兄逹と扇風機の前の陣取り合戦をしました。
「あ~~~~」とか「い~~~~」とかファンによって声が震えるのも楽しかったです。


「プール」
そして朝8:30からプールに入った記憶があります。
プールの水温が17℃の日があり(なぜか水温を鮮明に覚えています。)
さすがに「これは冷たい」と思いました。
おそらくそんな日は、唇が真紫になっていたに違いありません。
プールの水を交換する日が近付いてくると、水が生ぬるくなって嬉しかったのを覚えています。


「ゼッケン」
紺色の水着の胸と背中のところに
母親が縫い付けてくれた白い布の名前がグレーに変色していましたっけ。
あの頃はマジックなんてあったかな。
もしかしたら、墨で書いていたのかもしれません。
布は最近は「名前ゼッケン用」として伸縮性のある専用のものが売っていますが、
あの頃は頑固おじーの白いワイシャツが、私たち兄弟三人の水着用に切り刻まれていました。


  ******


韓国のきゃわゆいお姉ちゃんたちの話題だと思って、
この記事をここまで読んでしまわれた方、申し訳ございません。

申し遅れましたが、これは婆の少女時代回想録なのでありました~m(_ _)m




実家の電話番号が変わります。


午前中、頑固おじーから電話があり、


おじー   「今日のお昼から電話番号変わるよ。最後が『6』になるよ。」

婆     「なんで?電話でも替えたの?」

おじー   「そうだよ。(ブチッ。)」


また一方的に切られましたが、とりあえず今日もご存命のようで何よりでございます。

それにしても、50年近く慣れ親しんだ実家の電話番号が変わるというのは
なんとも違和感がありますね。
寂しさもあったりして、複雑な心境です。
下一桁だけが変わるというのもピンときません。
おじーは全ての事象について全く説明をしない人なので、こんど実家に帰るまで本件は謎のままです。
まー、直接聞いたところで明確な説明を聞けるとは限らないのですが。(T。T)

地元密着型の防災組織

「こちらは、防災戸田です。」

というアナウンスが事務所周辺では結構頻繁に流れます。
あるときは道路脇のスピーカーから、あるときは巡回するパトカーのスピーカーから。

内容はどんなものかといいますと、

たったいま流れたのは
「ただいま、光化学スモッグ警報が出ました。
外出はお控えください。」

午前中に流れたのは
「今日は屋外は高温です。
 お子さんやお年寄りの皆さんは、涼しい場所で過ごしましょう。」

月に一度は必ず流れるのが
「今日は、市内に振り込め詐欺の電話が多くかかってきています。被害に遭わないように、おかしいなと感じたら戸田警察署にご相談ください。」

年に数回流れるのが
「グレーのスラックス、紺のシャツを着た78歳の男性が外出したまま行方が分からなくなっています。お心当たりの方は戸田警察署までご連絡下さい。」

(その後、「発見されました。ありがとうございました。」も流れました。これが流れないと、おじーちゃんまだ見つからないのかーと心配になってきます。)

もちろん、大地震の際のアナウンスの練習も流れたことがあります。

とにかく地元密着型の防災組織のようでございます。

BOSS不在期間前の確認事項


来週は丸々1週間BOSSが不在です。
いくつか外出中の事務処理等について確認がありました。

「特許庁からの書類受け取りは・・・(省略)
 登録の報告は・・・(省略)
 中間の報告は・・・(省略)
 折り返し連絡しますとお伝えして。
 メールは外からでも確認できるから。
 あ、あとストレッチマットはこの中に入っているから。」

なーんじゃそれ。

 

それはカタコンベだった。


よせばいいのに、妙な好奇心と「次、いつ来られるか分からないから」というケチ根性で、時々やってしまうことがあります。

あれは大学4年のこと。
フランスに一人旅。
お金もないのに、あちこち歩き回りました。
フランス語は「メルシーボーク-」と「フロマージュ」と「シルブプレ」しか分からないのに、あちこち行きました。

観光の途中で、
入っていいのか悪いのか、中途半端に鎖で仕切られた分からない入り口がありました。
薄暗い地下道です。
パリのどこかから入り、どこかから出ました。
全く覚えておりません。

人も殆ど歩いていなくて、
壁にフランス語と小さな英語での説明書きがありましたがよく分からず、
恐る恐る(でも、どんどん)行くと、
骸骨が山のように積まれているところに辿りつき、ぎょっとしました。
本物のようでした。
壁一面骸骨なのでした。

ものすごいインパクト。
しかし婆の断片的な記憶をかき集めても、
あれがなんだったのか分からずにおりました。
場所も名称も分からないのですから、調べようがありませんでした。
調べようとも思いませんでした。

今日、25年以上ぶりに分かりました。
ネットって便利。
「パリ」「地下」「骸骨」であっという間に出ました。(笑)
あれはカタコンベでした。
そういえば、あの薄暗い地下道には
『パリの地下には、300キロにも及ぶ地下道が地下墓地として存在している』
とかなんとか書いてあったのです。

そうだ、あれはカタコンベだ。
女ひとり旅、あのときなぜカタコンベなんかに入ったのか、我ながら不思議でございます。


特許査定に対する特許技術者の要望

先日、昔勤めていた特許事務所の技術者さんと飲みまして、こんな悲痛な叫びが。


「あの、特許査定の一文て素っ気ないよね~。こっちは必死に明細書書いて、拒絶受ければ、風呂でもトイレでも四六時中反論の切り口探して、お客さんには『その意見の内容で覆せるの?』みたいなこと言われて、食い下がって、それでようやく特許になったのに、あんだけだもんね~、がっかりするよね~。」


確かに。

『この出願については、
 拒絶の理由を発見しないから、
 特許査定をします。』


だけですもんね。
下全部空欄だから、A5用紙でいいんじゃないか、と思うときもあります。


特許技術者さん曰く、提案した意見の内容に不服だったお客様への
「ほーらこの内容でよかったでしょ」アピールの意味も込めて、


『参りました。 by 担当審査官』


のひとことを特許査定に盛り込んで欲しいのだそうです。(笑)




<おまけ>
意見書の最後に「どうだ、参ったか!」と入れると、2回目の拒絶理由通知書に「なにを猪口才な、これでもか!」と書かれて、2回目の意見書で「なんのこれしき~」と入れて、最終的に悲しいお知らせ(=拒絶査定)が来る、
という経緯がファイル閲覧で公開されてしまうのもどうかと思いますが・・・、楽しいかも。(^^)

危険ドラッグ

「脱法ドラッグ」が「危険ドラッグ」になりました。
これに伴い、
「脱法ハーブ」も「危険ハーブ」になったのでしょうか??
それとも、「脱法ハーブ」も「脱法ドラッグ」に一本化されたのでしょうか。

婆は、「脱法」より寧ろ『ハーブ』の方に生ぬるさを感じておりました。
「脱法」がつこうがなんだろうが『ハーブ』は身体に良さそうではないですか。
日本人が『ハーブ』という言葉を使うとき、
それはオーガニックな感じ、ナチュラルな感じ、リラックス&リフレッシュな感じ!
がするではないですか。

あれれ、なんか変。

危険ドラッグの売人が今回の変更を受けて、
今朝(今夕かな)の売人朝礼で
「そんなわけですから、今日から、脱法ハーブの呼び名は止めて、みなさん危険ドラッグって呼びましょうねー」
とはしないわけです。
身体に悪そうなものだということを誤魔化すために最初に「脱法ハーブ」という呼び名をつけたのも、そっちの世界の人なのではないでしょうか。

だとすると、
マスコミやこっちの世界の人が「脱法ドラッグ」や「脱法ハーブ」を「危険ドラッグ」と呼ぶと、
若い人たちの中にはニュースを見ていなくて
「脱法ドラッグ」や「脱法ハーブ」は世間で言うところの「危険ドラッグ」とは別物=危険ではない、と認識したりしないでしょうか。

心配です。

取り急ぎ、子どもらには、『これらは同じものを指す』と言い聞かせておかねばなりませぬ。

思えば保育園の頃は『拾ったものを食べるでない』、小学校の頃は『知らない人からもらったものを口に入れるでない』(その頃、ハンバーガーショップなどでフリスクみたいなドラッグが子どもたちに配られるという事件がありました。)とか注意してきましたが、今度は『脱法だろうが危険だろうが、分からないものには関わるでない』と注意しなければなりません。
世の中には危険がいっぱーい。


審査請求料軽減申請1000件突破

特許庁の発表によりますと、
4月からの軽減申請数が7月3日で1000件を越えたそうですね。
平成26年4月~6月の中小・ベンチャー企業、小規模企業からの審査請求は約1400件で、そのうちの6割が軽減申請を利用しているそうです。

特許庁では「1000件突破」という表現をしていますが、
うーん、少なくないですか??
8割くらいはいくと思っておりました。

特に「個人事業主が159件」とのことですが、うちのお客様の申請数だけでも
個人事業主で5~6件は手続きしていると思いますから、3~4%を占めていることになります。

印紙代が1/3になるわけですから、
もっと、多くの出願人様が軽減申請を利用すると予想していました。

特許事務所に支払う手数料を考慮しても、お客様にとっては数万円お得です。
数万円ですよ、数万円!!
代理人をたてずに出願された方は、この新制度の存在自体ご存じないのかもしれないですね・・・もったいない。

全国の中小・ベンチャー企業、小規模企業、個人事業主の皆さま、
特許庁ホームページに「特許料」と「審査請求料」の軽減措置に関する説明がございますので、ぜひご覧下さい。
2/3軽減は大きいですよ!

すぐにココを⇓チェックして下さ~い!
印紙代軽減申請に関する説明

ラクロスの二重

昨日ご飯を食べているラクロスを、正面から見て気付きました。

二重まぶたの折り畳まれた部分が、真っ白ではあーりませんか。

どんだけ日に焼けておるのだ、この子は。

え??まさかその黒い顔、汚れじゃないでしょーねー?!



婆  「お風呂でちゃんと顔洗ってる??」

ラクロス  「洗ってるよ。」

婆  「首の後ろは?」

ラクロス  「洗ってるよ。」

婆  「耳のここんところは?」

ラクロス  「たまーに忘れる。」

婆  「汚っ!!やっぱり汚っ!!」



聞かなければよかったです。




ひとり相撲


最近、深田恭子ちゃんは「ぽっちゃり」ではなくなりました。

ぽっちゃりでもとても可愛かったけれど(もともと好きなタイプのお顔)、
痩せるとやはり女優さん、とってもキレイ。

何キロ痩せれば、あんなにキレイになれるのかしら・・・

ん?
あれは深田恭子ちゃんだからキレイになれるのであって、
同じ土俵にのろうとするなんて図々しい?

というか、『土俵』にのっているのは婆だけか。f^^;)

あぁ、ちゃんこ鍋食べたくなってきた。


漢字のおっちゃん


漢字のおっちゃんはおもしろい方です。

いろいろな面白さをお持ちなのですが、
最近いただいたメールに自己分析結果が箇条書きにされており、
その冒頭に

「締め切りは守れない」

とありました。

え?
なんでもちゃっちゃとやる方だから、この自己分析は間違っているのでは?

と思ったら

「早すぎるという意味です。」

と( )書きがありました。
うはは。
自分を良く知っていらっしゃる。

おっちゃんは課題が出るや否や、
そう、即日提出するくらいの方でして、
おっちゃんのことを知っている人は「早すぎるという意味です。」に大ウケしてしまうわけです。

本当に、締め切りの守れない方なんです。(笑)


<おまけ>
元来のんびり屋で帳尻合わせの婆ですが、漢字教育士の講座を受講していた頃はおっちゃんから「レポート提出完了!」の報告を戴くと、さすがに「見習わねば!」と思いました。お陰様で全てのレポートを早めに提出することができました。真似はできないにしても、良い影響を受けるので、本当にありがたい存在です。
たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR