FC2ブログ

パンがない


どこに行ってもパンがない。
パンが大好きな婆にとってはかなりショック。

雪の影響で物流がストップしているそうですね。
工場が山奥とか雪深いところにあるのでしょうね。

朝ご飯用にサンドイッチを想定して、
スーパーの地下の売り場で生ハムとスライスチーズをカゴに入れ、
1階のパン売り場に移動したら、
棚がすっかり空っぽになっておりました。

がびーん

生ハムとチーズを地下に戻しに行くのも面倒ですから、そのまま買いました。
これらが悪くなる前にパンが復活してくれることを祈念致しております。

パンが食べたいよー



戒名

この年になって、
戒名のつけ方や意味などを殆ど知らなかった婆でございます。

先日T子が
「あなたは大食いでよく飲むから戒名は
『なんとか飲なんとか大喰』にしてもらったらぁ?あははははー」
と笑うのです。

『なんとか飲』は『なんとか院』をもじったというのは分かるけれど
何が『大喰』になったのか分からず、これはいかんと思い調べてみました。

   *****

まず、戒名は仏弟子になった事をあらわす名前であって、授かる名前だそうです。
身分に関わらず2文字というのが基本らしいのです。
宗派が違っても原則的には同じつけ方であり、
院号・道号・位号がつく場合と、反対に、平等を説いてつかない場合があるそうです。
(ということは、自分でつけてしまう人がいるけれど、それはおかしな話だということになりますね。)

「院号」というのは戒名本体の上に冠するものの中で上から2番目の尊称だそうです。
(最上は「院殿号」というのがあって、これを授けられる人は滅多にいないようです。)
生前の信仰の深さ、菩提寺への尽力、社会的貢献の高い人にだけつけられるそうです。
(ということは、どれをとってもいまの婆では該当しないので、
今死んだら院号はつけられないということが判明しました。)

なお、院号を授かる方は、院号料といわれる寺院を建立するぐらいの布施が必要なのだそうです。
(この先、どんなに良く生きたとしてもそんな大金は用意できないので、
婆が院号を授かることはあり得ないということが確定しました。)

次が「道号(阿号・誉号・釈号・日号)」です。
よく名前の一文字をとってつけられている部分です。
(でもネット上では名前の一文字を入れなければならない、という決まりはないようでした。)

その次が「位号」で、男女の性別や長幼を示すと同時に、
院号と同様にその人の信仰の深さを尊んで位を付けたものだそうです。
(このあたりにくると「あーあれか」と思います。)

男性用:居士 ひとつ上が 大居士
女性用:大姉 ひとつ上が 清大姉
(T子の言った「大喰」はここからきたのですね。)

信士、信女は、信心の篤い者に授けられるそうです。(あー婆はもらえない。)

このほか、子ども用の位号などいろいろあります。

   *****

うーん、勉強になった。
年相応の知識を得られた感じです。
でも、この知識はなかなか役立つ機会がないし、それまで覚えていられるかも微妙です。f^^;)







レジェンド


さきほど郵便局に行きましたら、
帰宅途中の小学生軍団に巻き込まれました。

ぎゃおぎゃお言っていましたが
そのぎゃおぎゃおの中に混ざって、

 「あー知ってる知ってる!41歳、レジェンドでしょ!」

というのが聞こえてきました。

おおおおー
葛西選手が小学生の子たちにもレジェンドと呼ばれているよー
すごいなー

4浪の予備校生が、その予備校内で「レジェンド」と呼ばれているのとはワケが違います。

これが秋頃なら「レジェンド」が流行語大賞に選ばれたかもしれません。
ちょっと早すぎたなー
でも半年くらい使い続ければ、流行語大賞の候補にはなれるかも~
あ、商標出願する人とか出てくるかも~








ラクロスの筋トレ

夜中のラクロスの筋トレは、我が家では「日常」です。

婆がコーヒーを飲んでいるダイニングテーブルの横にヨガマットを敷いて、
この寒いのに、武井壮みたいなランニング&ジャージ姿で
腕立てをぴこぴこやり始めます。


ラクロス  「(無言で腕立て)」

婆     「(背中に)のったげよっか?」

ラクロス  「(無言で腕立て)」

婆     「負荷をかけるために、
       お母様が背中にのってさしあげましょーかー?」

ラクロス  「(無言のまま腕立てを続け、目標回数まで終了すると)
       そんなもんのせたら死ぬだろーが!!」


こんどは腹筋ぴこぴこ。
高速でぴこぴこ。

コーヒーをすすりながら、


婆     「そんなんで効くの?」

ラクロス  「(無言で腹筋)」

婆     「そーんーなーぴこぴこでー、効くんでしょーかー??」


ラクロス  「(無言で腹筋)」


婆     「あー無視かー。手塩にかけて育てた息子に無視されたよー。」

ラクロス  「(無言で腹筋を続け、目標回数まで終了すると)あー終わった!
       腹筋しながら喋れないでしょ、なんでいつも話かけんのよ。
       無理だから~。」


うむ。
なんで筋トレ中の息子に話かけるのかと問われれば、なるほどなぜでしょう。
ぴこぴこ始まるとなーんか、かまいたくなるんですよね~、なーんか。(笑)












大型移転登録の依頼


大きな特許事務所ではよくあることかもしれませんが、
うちのように小さな事務所では、
100件近い「全件移転」とかいう大型のご依頼を戴きますと
その印紙代に震撼します。(笑)

権利化後商標ですと1件30,000円ですもんね、
3,000,000円になってしまいます。
印紙を買いに行くのもひったくりに注意。
貼るときも貼り損ないに注意しなければなりません。
おー恐。

書類作成時も番号の記載ミスがないように、
婆の老眼のちっこい目を、カッと見開いてチェックしなければなりません。
緊張します。

名変でも移転でもなんでも、
案件数が多いととりかかる前に、婆は気合いを入れ直す必要があります。
小さいミスで、全件の庁内処理が遅れることになりますから恐いですよね。
(1件のときは気合い入れていない、ということではありませんよ。)

まぁ、この大型手続き、
「移転」だから良いものの、「移管」(代理人変更)だったら泣きますよね~

移転で良かったぁ。(TT)




薬がきれた

アレルギーの薬を切らしてしまいました。

月に一度、土曜日の午前中に病院に薬をもらいにいくのですが、
大雪並びにご近所との雪かき作業により(途中で抜けるわけにはいかない雰囲気。)、病院に行けなかったのです。

一年中アレルギーの薬を飲んでいますが、
これが切れますと悲惨です。

特にこの季節は花粉症も始まっておりますので、
くしゃみ、鼻水、かゆみ
といった定番の症状に襲われます。

くしゃみはおっさんのように、
鼻水は田舎のガキンチョのように、
かゆみはアップテンポで踊るダンサーのように。

いまは市販の薬を飲んでいますが、あまりききません。
このまま、踊る田舎のおっさんではいられませんので、
今週末はなんとか病院にいきたいと思います。


〈おまけ〉
「薬が切れる」の反対ってなんだろう、と考えたら、一番最初に「やくみつる」が頭に浮かんでしまいました。f^_^;

入信



「LIFE IS EATING!」

その通りであーる。
特許婆、ペプシ教に入信の可能性大。


みなごろし

いきなり物騒なタイトルですみません。

昨日、漢検の女性のお友達でランチしました。
ここで、最近漢検の1級の勉強を始めたT里さんが言いました。


T里さん  「そういえば、鹿に金で『みなごろし』っていう漢字なんですね、私びっくりしちゃって。」

特許婆  「へーそうなの!!」(←全く見たことも聞いたこともない人の驚き。)

T里さん以外の数名  「あー、オウサツのオウね。」



何がびっくりしたって、私はその場にいた数名が口を揃えて

「あーオウサツのオウね。」

と言えること自体にびっくりしました。



みんな物知りね~
これですよこれ、↓


    『鏖』

みなごろしって読むんですってぇ。
すごいですねぇ。
勉強になります。


<おまけ>
あ、間違ってもランチの間中、このような話ばかりしているわけではありませんのよ。f^^;)










ソチの気温が 18℃もあるのは


やはり、松岡修造が行っているからであろうか。

雪かき→お風呂→マッサージ→極楽

タイトル通りです。

またも雪かき1時間半。
雨で雪が重くなっていて、今回は苦労しました。
終わったら背中がパンパンに張っていて、
腰もかなり痛くなっていました。

こういう時は、お風呂&マッサージでしょ!

早速支度をして、行きつけの風呂屋へGO!
雪で電車が20分に一本になっておりました。
でも田舎は普通でも30分に一本ですから、こんなの平気です。(^-^)

雪のせいかお風呂もガラガラ、
マッサージの予約もすぐとれました。

露天風呂で雪を見ながら1時間。
あーいいねー

そのあと腰を中心にマッサージを1時間。
ああーいいねいいねー

マッサージの後は畳の休憩所でゴロゴロ。
あああー極楽〜🎵

んでもってまた露天風呂と寝湯とジャグジーで1時間。
極楽の上はどこなのか分かりませんが、
とにかくそこです!

また水曜日頃に降るかもしれないという予報ですね。

この冬は、この苦行からの極楽コース、
病みつきになりそうです。


諦めないことと後悔しないこと

ズルズルと起きていましたら男子フィギュアスケートを全部生で見てしまいました。

羽生選手、金メダルおめでとうございます。

二回転んでも、金。
これはなんだか勇気をもらえます。

転んだって諦めないで頑張ると金メダルがもらえる可能性があるわけです。
世界一ですよ。
スケートでなくても、
何事も失敗すること自体は恐るるに足らず!
とあらためて思いました。

そして最後の演技を笑顔で飾った高橋選手。
いい笑顔でしたね。

後悔しないこと、
やりきること、
人と比べるのではなく、
頑張った自分に満足できることがどんなに幸せなことかを
再確認しました。


大事なことをふたつも気付けて
夜更かしした甲斐がありました。

これらは当たり前のことかもしれませんが、
日々の生活の中で忘れかけていたように思います。
真剣に戦う姿にこちらも熱くなりました。


愛は見ている人の心まで温かくするようです。


雪の中、
事務所から駅に向かいました。

真っ白になった駅前の道の脇で、
女子高生が誰かを待っていました。

短い制服に生脚。
あぁ、寒そう。

ちょうど、彼氏っぽい男の子が自転車で来ました。

彼氏 「待たせてごめーん、寒かっただろ?」

JK 「う〜ん、寒〜い、寒〜い。」

寒いと言いつつ、待っていた彼氏が来てニコニコ笑顔のJK。

そのとき私は見た。
見たのです。

自転車にまたがりながら、
雪まみれの彼氏が、
自分のジャンパーのお腹の部分から
赤色系のジャージを出したのを。

彼氏 「これ・・・寒いと思って・・・持ってきた。」

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

うきゃーうきゃーうきゃー
いいもの見たー!!
この彼氏、いいーっ!

婆がはきたいそのジャージ!

うーん、
ハッピーバレンタイーーーーン!!!

帰ります!


結局キリ番もとれなかったし、
仕事も一応片付いたので、婆はもう帰ります~

BOSSが「電車が止まるといかんので早く帰りなさい。」と言ってくれています。

帰ろ帰ろ。
もう帰ろ。

では良い週末を!

あまり寒くありません!



なぜなら、

ワンピースの下には黒のヒートテック!!
それも上下!!

特許婆、本日は隠れもじもじ君になっております。

交通事故に遭うと病院での応急処置の際に
もじもじ君がばればれ君になりますので、
こんな日は絶対に病院に運ばれてはいけません。

格好悪いけれど、あったかーい♪
あったかいけれど、格好わるーい。


仕事、仕事、仕事しなくちゃ~




バレンタイン・雪・依頼量の関係


どうしたことでしょうか

本日はあいにくのお天気にも関わらず、お仕事がたくさんございます。
ご依頼ありがとうございます。

本日1件目の商標出願が10700番手前だったので、
2件目、3件目で10777番あたりを狙ってみたのですが
ちょっと早すぎて午前中は惨敗しました。

今のところ本日はあと3件出願依頼を戴いておりますので、
10777番若しくは10800番あたりを戴きたいと切に願う特許婆です。

頑張って願書のチェック出しをすれば、
更に2件の出願依頼が本日戴けるかもしれませんが、
自分の仕事の処理能力はよーく分かっているので、これは諦めます。


本日は庁から登録査定を3件戴きました。
これは特許庁から婆への(もとい、BOSSへの)バレンタインデーのプレゼントですね。
ありがとうございます。

このほか調査やら早期審査やら名義変更やら審査請求やら
色んな種類のご依頼が雪と一緒に積もっております。


バレンタインでちょっと心がホットになって
思い切って出願しようかなと思って下さった方がいたりして、

雪で外出できないから
知財関係の案件でもやろうかなと思って下さった方がいたりして、

うちに依頼がたくさん戴けているのかもしれませんねー(^^)

なーんて油売ってないで、早くやっちゃおっと!















おじさんと耳あて


昨日の帰り道、

寒空の公園で見かけた大きなハート型の耳あてをしたホームレスのおじさん。

かなり大型なので目をひきました。

あったかそうでした。

しかし、正直ちょっと若作り過ぎるのではないか、とも思いました。

今朝になって、この雪。

真っ先に頭に浮かんだのがあのおじさんです。
おじさんと耳あてです。

若作りでもなんでも、
ハートの耳あてはあってよかったと思います。

いえ、必需品でしょう。

外は寒いです。
皆さん風邪をひきませんように。




バレンタイン


明日はバレンタイン。
この時期ほど、
日本におけるチョコレートの消費量が多いときはないのでしょうね~

ピンキリですけれども、最近バカ高いチョコレートが多くないですか??

その辺で売っているものでは、
10年前はゴディバの1粒300円が最高だったように思うのですが、
最近は1粒500円なんて代物もあります。

500円!
チョコレートの原料ってそんなに高いものがあるのでしょうか?!
それとも殆どがアイディア代とか手間賃なのでしょうか?!
妙にキンキラキンの包装費のせいでしょうか?!
売り場に貼りだしてある考案者の顔写真代が含まれているからなのでしょうか?!

500円あったら、下北沢では定食が食べられます。
男性はチョコより定食の方が喜ぶのではないでしょうか?
500円のチョコを1粒だけ渡すわけにもいかないですから複数粒あげるとなると、
スタミナ丼に焼き魚定食もいけそうです。
スタミナ丼と焼き魚ですよ!!!

などと、高級チョコレート売り場の前で定食のことばかり考えていた婆です。









住所が届出のものと相違する


かなり前ですが、ブログ(2012.7.12付)の記事で「識別番号付与有無の盲点」について書きました。

今回、タイトルの如き通知がきました。
届出の住所には「大字」が入っていたのです。

出願はまったく初めてであり、特許事務所との遣り取りも初めてのご様子でした。
念のため出願前にIPDLでは確認しました。
特実意商ともにヒット無しでしたので、
出願人様よりご連絡戴いた登記通りの住所で願書は作成し、出願完了。
(登記簿でのご確認は弊所ではお客様にお願いしておりますので、この時点で「大字」が抜け落ちている可能性もあり。)

通知書は「大字」入りの住所で処理したという内容でした。

しかし、これ、
同日付で同一出願人による2件の商標出願をしましたが、片方だけに通知書がきたのです。

むむむ。
お客様にご連絡するにあたり、
「もう1件もじきに同様の通知がきます」とお伝えしてよいものかどうか迷ったので、方式に電話しました。


庁回答 「こうした場合、審査官によって通知を出す者と出さない者がおります。」

へー
そうなの?
足並み揃えた方がよいのではないかしらー

特許婆 「通知のこない同日付出願のもう1件も、同様の処理がされていると考えてよろしいでしょうか?」


もう1件の願番を伝えて、その場で確認して戴きました。
通知のこない出願も同様の処理がされていました。

ついでに聞きました。


特許婆  「登記住所には大字がありませんが、市町村の決定した正式な行政区画名に大字が入っている場合は、どちらに合わせるべきなのでしょうか。」

庁回答  「登記住所に合わせる方が好ましいです。」


あーそーかー
合併など権利移転の手続で確認するのは法人の場合、履歴事項全部証明や閉鎖事項全部証明ですから、登記優先なんですね。
登記住所に合わせるってことは、本件の場合、識別番号の付与された登録住所を変更しなければならないってことかー。

方式のご担当者はとてもハキハキと、
「住所変更をしないと今後ひとつひとつの書類の受理に時間がかかります。今回の出願と同様に、今後手続きの度にエラーが出て、同一人か否かチェックしますので受理が遅れることになります。」
と続けました。

むむむむ。
今回は2件同日で出願しているから気付いたけれど、
単独出願で通知を出さない審査官に当たったら、庁内部でそんなことになっていても気付かないですよねぇ。

だったら、どの審査官も通知書を出した方がよいのではないかしらー





メンチ

河田精肉店の前を通りかかったら、
売り切れ必至の人気のメンチカツがあったので、
おじーのところに買って行きました。


   *****


キッチンでお皿に盛りながら、リビングでテレビを見ているおじーに、


娘である特許婆  「メンチ買ってきたよー。食べる-?」

父であるガンコおじー  「何に使うんだい?」

婆   「ん?メンチだよメンチ。」

ガンコおじー  「何が壊れたんだい?」


あーペンチと間違えているな。
ガンコおじーは理系出身だから、ペンチときたか。


婆   「ペンチじゃないよ、メンチだよ。メーンーチーッ!」

ガンコおじー  「え-?あぁ、単3ならあるよ。」

そりゃ、電池だよ。(T T)
どこまでも理系だな。
食いしん坊の私が年を取ると「ペンチ」や「電池」が「メンチ」に聞こえるのであろうか。


まるでドリフの遣り取りのような、完全に噛み合わない会話なのでした。


<おまけ>
噛み合わない会話にはちょっと笑いましたが、お正月のときよりずいぶん耳が遠くなっていて心配です。昭和9年生まれですからね、あちこちの器官が劣化してきているのでしょう。劣化しないのは頑固さだけですね。「メンチ」の間違いだと気付いても、聞き間違いを認めないガンコおじーなのでした。やれやれ。



ガンコおじー健在


2月14日は母の誕生日。
実家にお線香をあげに行くのと、毎年恒例となったあのミッションを遂行せねば。

亡くなる前に無菌室で母に頼まれた。
「バレンタインデーには、じいちゃんにチョコを渡してね。」

アイアイサー(`_´)ゞ

※※※※

娘である特許婆 「はい、ちょっと早いけど、ばーちゃんからのチョコ。頼まれたからね。」

父であるガンコおじー 「わしゃ、んなもんいらん。甘いもんは食べんのだ。」

婆 「頼まれたーのっ!高いやつだよ。GODIVAだぞ。おいしーぞ。」

おじー 「こんなもんより、カカオがいっぱいの方がうまいんだ。これはRとKにやる。」(R&K:兄の2人の息子。)

自分でカカオ70だか75だかを買ってくるぐらいだから、確実にチョコは好きなのだ。
だったら、多少甘かろうともGODIVAは嬉しかろう。

しかーし、
これも恒例であるがガンコおじーは決して喜ばない。

たとえ、
世界一美味しい物を食べさせても「うまくない」と言い、
世界一美しい物を見せても「きれいじゃない」と言い、
世界一柔らかい物を触らせても「固い」と言うであろう。

それがうちのガンコおじー。
THE ガンコおじー。

まー、そんなこと言い返せるってことは元気な証拠よね、と解釈する婆。
しっかし、可愛くない。(笑)

そう思って『S 最後の警官』のビデオを見ていると、
私の視界の片隅で、
おじーは2個目のGODIVAを口に投げ込んだ。


〈おまけ〉
向井理のファンなのか、相棒の次に『S』にはまったらしく、きっちり録画されていた。


それを言っちゃーおしめーよー


ラクロスがお腹を壊した。

母 「なんか変なもんでも食べたんじゃないの〜?」

ラクロス 「お母さんのご飯しか食べてないよ〜。」

母 ( ̄◇ ̄;)

にこにこしながら

ジムに行く途中で、

にこにこしながら下北を全力疾走するラクロスを見かけました。

これからデートか〜🎵

楽しそうやね〜(*^^*)

雪に閉ざされた特許事務所

そう言えばこのブログ、

「特許事務所で働くということ」

というタイトルでした。
これはBOSSがつけたタイトルなので、ついテーマを忘れがちで
特許事務以外のことばかり書いている婆ですが、
今日は違います。

特許事務所っていうのはこーゆーことしてるのよ!
っということを書こうと思います。



特許事務員の今朝一番の仕事。

それは、
スコップによる雪かきーーーーーっ!!!

出社してびっくりです。
おーい、入れないよー状態です。
雪で完全に閉ざされた特許事務所になっております。
おそらくサマーズなら「秘境かよ。」と言うでしょう。

うちの事務所はちょっと洒落た造りでして、屋根が急勾配なのです。
事務所の入り口に屋根から滑り落ちた雪が、まるで塀のように積もっていたのです。
大きな屋根の雪が全部1箇所に積もっているので、
高さ40㎝厚さ1.5m全長5mってところでしょうか。
サマーズでなくても「要塞かよ。」と言いたくなりました。

運悪く、本日BOSSは出張。
吾想う、ゆえに吾アリ。
雪の塀を前に遠い目をする特許婆。
・・・なんのこっちゃ、早く雪かきしないと。

とりあえずは隣の事務所さんの雪のないところから事務所に入り、
特許庁からの書類を確認後、スコップを持っていざ出陣!!

悪戦苦闘すること30分。
しかし、ドアの前しかどかせませんでした~。
半端な量ではないので、腰がもちませ~ん。

あとはBOSSと太陽光にまかせよーっと。

以上です。
特許婆、通常業務に戻ります。





はっちゃけとインド人

以前、スーパーで下北沢のカレー屋さんに声を掛けられたことを書きました。
時々家族でいくカレー屋さんのスタッフて、日本語が話せるインドの男性です。

その方に、今度ははっちゃけが声を掛けられました。


インドの方   「こんにちはー、この前、下北でお母さんといるところを見かけたよー。その時は弟は一緒じゃなかったねー。私は近くに住んでいます。世田谷区代沢⚪︎の×の△です。そっちは?」

ペラペラペラ~っと日本語で言われたはっちゃけですが、

はっちゃけ 「そっちはーって・・・NEAR! NEAR! ちょっとNO TIMEだからSEE YOU ね! BYE-BYE! 」


とルー大柴みたいな英語と大袈裟なゼスチャーで、
なんともわざとらしくその場を立ち去ったそうです。


はっちゃけの頭の中には、

普通の人なら口頭で住所言っても覚えられないけれど、
相手はインド人だ。
インドの人は二桁の掛け算が暗算でできるって聞いたぞ。
住所なんかきっとすぐに覚えられてしまうに違いない。
危ない危ない、迂闊に教えるところであった。
ここは誤魔化すに限る・・・

という思いがあったそうです。(笑)

警戒しすぎでごめんなさいねー。
カレー屋さん自身は親日でとても良い人だけれど、
『インドの方は頭がいい』という情報が、必要以上にはっちゃけを警戒させたようです。

ま、個人情報ですからね、ご容赦ください。







ストレッチでアウェイ


昨日に引き続きジムに行って参りました。
(あ、昨日も結局行ったのです。吹雪の中、八甲田山みたいになりながら。)

で、ジムにて。

ストレッチコーナーに行くと、3人の先客がありました。
若い女の子と若い男の子と白髪混じりのおじさん。

並んでマットに寝転んでみて、やばいところに来てしまったと気付きました。

以前「身体の硬いおじさん」のことを書きましたが、この御三方は真逆で、全員がとてもとても身体の柔らかい人たちだったのです。

すんごいの。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

全員がこぞって完全開脚!
完全開脚、からの、上半身を床にぺったり。
女の子はそこから開脚した脚をぐるっと後ろに回して両脚を揃える。
その間、若者とおじさんは上体反らし。

反ってるね〜。
え、そこまで反る?( ̄◇ ̄;)

なんなんだこの3人は?
他人同士のようだが、なんでこんなにハイレベル揃いなのだ。

婆は最初、圧倒されて開脚のストレッチができませんでした。(。-_-。)
だってレベルが違いすぎる〜
恥ずかしい〜
でもずっとこうしているわけにはいきません。

そうだ、この人たちは上海雑技団の人なんだd( ̄  ̄)

そう思ったら変な恥ずかしさが消え、
いつものストレッチができた婆でした。

アウェイ感克服。







雪の夜はホワイトシチュー

東京は45年ぶりの大雪とか。
とてつもない記録のように感じますが、

ふ、既に生まれておったわ。

*****

それはさておき、
昨夜はラクロスの好物のシチューにしました。

出来上がって味見すると、とても美味しい。
いつもより、美味しい。
ルーを2種類混ぜたからかな、
使った牛乳が濃厚でよかったかな、
ジャガイモの溶け具合がいいのかな、
とにかくなぜか美味しくできたのです。

はっちゃけも、大きなお皿で二杯もお平らげになりました。

む?
むむむ?

なんか入っている。
婆の皿に大きなきしめんのようなものが・・・

引き揚げてみると、それはビニール!
洗ってみたら、とり肉の下敷きになっているビニール!

の、半分!!

いやーん、残りはどこやねん!( ̄◇ ̄;)

必死に捜索するも、
白いシチューに白いビニールは
ジャングルの中の迷彩服をきた兵士のようで、(余計なたとえ〜)
容易にはみつかりません!!

破片をなんとか三枚発見。

パズルのように組み合わせてみると、
3センチ四方くらいの破片が足りない。

うーん、もう無理。
捜索打ち切り・・・

我が家では、
いつもより美味しいのはビニールが混入していたからだった、
と結論づけられました。(ー ー;)




雪かき

去年の大雪のときは、
バリ島にいた特許婆です。
去年の雪かきは、ご近所の方がやってくれていました。

と、なると今年は婆がやらないと。
それが、ご近所付き合いってもんです。

スコップがないので
プラスチック製のちりとりで、頑張りました。
ええ、途中で柄が折れました。(T_T)

もう15センチくらい積もっていますが、
さらさらなので、なんとかいけます。

まずは自分の家の前、
そこからメインの通り道までゴゴゴゴゴーっとひとかきで。
腰、痛い。

でも、
これ雪だるまとかかまくら作れる量だねー後で作りたーい!
なんて、思いながら、ゴゴゴゴゴーっともうひとかき。
うんうん、いい感じ。
乗ってきた🎵

ここは、足の悪いおばあちゃんが一人暮らししているから念入りに。

ここは、品のいい奥さんが一人暮らしだから、雪かきは無理でしょう。ついでだわ。

ここは、年配のご夫婦とワンちゃんだからやっておこう。結婚した息子さんは滅多に帰ってこないしね。

あ、ここのうちはご主人いるからやらなくてもいいかな・・・
と思ったけど、「なんでうちだけやってくれてないの!?」と、反感かっても馬鹿らしいから、やっぱりやっとこ。

結局、全部やっちゃいました。(笑)

途中、メインの通りの人と、一人暮らしのおばあちゃんの様子を見に来た娘さんがやってきて、手伝ってくれました。

三人で雪まみれになりながら、
「暑くなっちゃいましたね!」と笑って終了。
夜のうちにまた積もるけれど、
雪が溶けるまでの日数が少なくなるので無駄にはならないでしょう。

ジムに行こうと思ったけれど、
十分身体動かしたからいいかなー
と、思ってまったりしながらカフェオレ飲んでます。

たまにする雪かきはいいねー。
たまにだからいいのねー。



ラクロス 簡易書留を送る


恥ずかしながら簡易書留を自分で送ったことのないラクロスが、
その手順を聞いてきます。

普通でしたら受験の願書を送る際に経験したりしますよね。
ラクロスは中学・高校・大学と、ほぼエスカレーター式の学校だったものですから、
受験の願書を自分で発送する機会もなく、二十歳になってしまったのでした。

このままではマズイです。
社会に出たときに使いもんになりません。



ラクロス 「切手はいくら貼ればいいの?」

母    「切手貼ってポストに入れるってわけにはいかないよ。
      郵便局の窓口に行かないとダメよ。」

ラクロス 「えー、面倒くさいなー。」

母    「なくなっては困るものは、面倒でもそうするんだよ。」

ラクロス 「窓口にいけばいいのね?」

母    「カウンターに二枚複写の書留用の小さな紙があるから、
      相手先の名前と自分の住所氏名を書いて、
      送りたいものと一緒に窓口に出すんだよ。」

ラクロス 「うん、わかった。で、窓口で『簡易書類で』って言えばいいのね?」



・・・簡易書類じゃないよ、簡易書留だよ。(TT)

そもそも中身が簡易な書類なら普通便でよかろーが。
まぁ、一度やってみれば分かる。
行って恥をかいてきなさい。
そうすれば君は、簡易書留の出し方を完全マスターできることでしょう~♪



<おまけ>
以前、「切手を70円分欲しいのですが、おいくらでしょうか?」と
郵便局の窓口で質問したヤングレディーを見かけたというコメントを頂戴しましたが、
極めて近いものを感じますねぇ。f^^;)
誰もが最初は未経験、さー若人よ、頑張りまっしょい。




5日間の休みで行けちゃう!楽園・南の島への旅!

買ってしまいましたよ、この本。

透き通った海、
降り注ぐ太陽の光、
白い砂浜

日本を基点に
5日間(巻末に「6日間の休みで行けちゃう編」もちょっと載っています。)で
往復できる各国のビーチの写真が満載でございます。

うー行きたいー
この人工的な暑さではなく自然な暑さが恋しいっ、と額に汗しながら思いました。
(結局、昨日は岩盤浴ではなくサウナへ行きました。)

でもよくよく見ると、
乗り継ぎ乗り継ぎで片道15時間以上の離れ小島も載っています。
ゆっくりできるのは正味2日半くらいだったりするわけです。

うーん、どーなんでしょー。(長島さん風)

しかも、標準的な費用が40万円以上なんて所も。

うーんうーん、どーなんでしょー。(悩む長島さん風)

そんなに費用かけたらせっかくゆっくりするためのお休みが
金銭的ストレスで台無しになりそうです。

全ページ読んでみて、
ここだったら行きたいなー、行けるなー、と思うところは3箇所くらいでした。
f^^;)(金額と片道の飛行時間より選定。)

行けないけど興味があったのは完全な無人島。
島の周囲徒歩3分。
13人くらい泊まれるコテージが1軒とヤシの木のみ。
売りは、「蚊がいないのでビーチで眠れる。」

当然山もない平坦な島です。
どうみても、大波がきたらなくなる。
いくら蚊がいなくてもビーチにいたら満潮で流される~。

うーん、メイクドラマ! (さすがの長島さんも流されたら言わないかー)



<おまけ>
その本には、ただいま売り出し中の無人島も掲載されています。
ご興味のある方は・・・買って下さい、無人島。









うわー久々の超満員


乗ろうとする時点で
ドアのLINEより人が飛び出ている。
見渡してもどのドアも飛び出ている。

これは意を決して乗り込むしかない。

半身だけ乗っている最前列の人に「すみません(押しますよ)」と一応声を掛け、
足元の隙間にとりあえず婆の足を入れる。

ここからが勝負だよ。

身体を回転させながら、
手でドアの内側上部を押し、
海老ゾルようにして乗る。
乗るというより、足先と手が入っているだけの状態。

ジムでのストレッチがこんなところで役立つとは。

うぬぬ、それにしても辛い。

早くドアよ閉まれ。

ドアで押してもらわないと胴体部分が車両におさまらない。
アルゾックのジャンパーを着た係りのお兄さんが押してくれる。
なんとかドアが閉まる。

電車が動き出す。
挙げた手は婆の意思とは無関係に、下げられない。

婆より背の低い、なぜか元気のないサラリーマンが寄り掛かって来る。

うーむ、美味しいものでも食べて元気を出すのだ若人よ!
婆にもたれかかるでない。
今日は週末だぞ!
気合を入れなさい!

そのサラリーマンを5分間支え続け、
漸く到着。

ドアが開くと、パーンと勢いついてホームに飛び出すことになる。

特許婆、無事着地成功。
ソチ優勝の気分。

では行って参ります(`_´)ゞ

たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR