FC2ブログ

甘やかし


はっちゃけ彼氏が来たので(また来たよ。)ホットケーキを焼いてあげた。

婆  「食べ終わったらお皿洗っておいてね。」

とリビングに向かって言って、私は洗濯機の方へ行き、しばらくして戻ってきた。
キッチンで、はっちゃけ彼氏が一生懸命お皿を洗っていた。


婆  「なにゆえお前さんが洗っておる。」

はっちゃけ彼氏  「え?はっちゃけさんは着替えるから忙しいかなーと思って。」

婆  「私ははっちゃけに洗えと言ったのだ。」

はっちゃけ彼氏  「あ、いいっすよ。俺、皿洗いとか好きだし。」

婆  「それではあの子のためにならんであろう。」

はっちゃけ彼氏  「まー、そー言えばそーですけどねー。」


こうしてはっちゃけは、彼氏にも甘やかされているのであろう。
洗濯が終わって、ベランダに干すときに、


婆  「洗濯物干すから手伝ってー。」

はっちゃけ彼氏  「はーい、俺が手伝いまーす♪」

婆  「なにゆえお前さんが手伝うのだ。」


この繰り返しであーる。
はっちゃけへの甘やかしは続く。

最近の男の子は優しいというかマメというか・・・




スポンサーサイト



見た?空?


空があんまりきれいなので、
気づいていないともったいないから、聞きました。


婆  「ねぇ、見た?空?」


ラクロス  「見たよ。きれいだね。」


そーか見ていたか。
きれいだよね。








ぬらぬらのてらてらリップ


これからの乾燥する季節に、
メンソレータムの「LIP FONDUE」はオススメです。

とても柔らかいリップクリームで、
保湿効果も十分な、ぬらぬらのてらてらタイプです。
メンソレータム社製とは思えないグロス力です。

口紅の下に塗ってしまうと口紅が乗らないくらいぬらぬらです。
ぜひ、口紅の上に塗って下さい。

婆はコーラルピンクを購入。
とても良い香りがします。
525円。



ご使用にあたり、注意が必要なこと2つ。

①とにかく柔らかいので、
容器は、ひとたび繰り出したらもうあとには戻れない
片道切符的な構造になっております。
繰り出しすぎにご注意下さい。

②とにかくぬらぬらのてらてらですので、
砂埃舞う砂漠、砂丘、小さな虫が多い密林等でのご使用はお避け下さい。
確実に唇に付着します。


では良い週末を。





山Girl


来月、友達と念願の高尾山ハイキングに。
ちょっと寒さが気になりますが、
歩けば身体は温まるし、
きっと晴天の山頂は空気が澄んで気持ち良いことでしょう。

何を着て行こうかなー
にわか山Girl!

ん?Girl?
さすがに図々しいわね。

じゃ、山婆?
山バー?
ヤマンバ-?
やまんば?
山姥。

あら、妙にしっくりきた。
落ち着くー

そんなわけで12月は、特許婆あらため山姥です。(^^)






消しゴム


今朝、埼京線の床に消しゴムが転がっていました。
「MONO」の白と青と黒のカバーが目を引きました。



誰か落としちゃったんだねぇ。

座席に座って勉強でもしていたのでしょうか。

膝の上に学生かばんを置き、
その上にノートを広げ、
片手にシャーペンを持って。

シャーペンは時々、人差し指の周りをくるりと回されるけれど、
MONOはノートの片隅に置きっぱなし。

期末テストの準備かな
受験勉強かな

勉強に夢中になっているうちに目的の駅に着き、
慌てて降りたのでしょう。
膝の上の一式を両手で抱えるようにして
慌てて降りたのでしょう。

MONOだけが取り残されました。
通勤電車の床の上にコロリと落ちて。

もうあの子には逢えないねぇ。
もう少し、あの子の勉強見てあげたかったのにねぇ。

今日はとりあえず、
シャーペンのお尻についている小さな消しゴムが、代役を果たすでしょう。
明日には四隅が直角の、真新しいMONOがやってくるでしょう。

次のMONOは、
あの子にぎゅっと握りしめられて電車に乗るに違いありません。



と、暫く妄想する婆なのでした。

え?どーゆー意味?!パート2

いま、BOSSと殿様の毒見の話をしておりました。
(また、知財に関係ない話をしている。)

婆は先日、図書館で大奥の設計図を見ました。
それによると、台所と殿様が食事をする部屋がとても離れていたのです。
台所と殿様が食事をする部屋との間には、毒見の部屋があるのですが、
殿様が食事をする部屋まで遠いので、毒見後に
いくらでも毒を仕込むチャンスがありそうだという話をしておりました。


婆  「命がけの仕事ですから、お給料は良かったらしいですよ。」

BOSS 「でも死んじゃうんでしょう?いやだなそんなの。」

婆  「でもでも、殿様の豪華な食事が食べられるんですよ。」

BOSS 「あ、やりたいんでしょ?」

婆  「そりゃー、美味しいものが食べられて、お給料も高いなら・・・」

BOSS 「ダメだよ。特許婆は食べても平気だったけど、殿様は死んじゃったなんてことになるから・・・」


もしもし?もしもーし!!




精一杯の背伸び

イタリアンレストランで

「ジンジャーエール、辛口で。」

と注文する時のラクロスは、妙に大人ぶっている。


でもそれ、ソフトドリンクですから。(T T)




<おまけ>
ジンジャーエールが品切れの場合、
「じゃ、オレンジジュースお願いします。」と急にお子ちゃまになります。







マドプロ「サニタリーマスク」

マドプロのお話しです。

指定商品に「サニタリーマスク」が含まれていました。

あーこれ1,2年前の研修会で具体例として出ていたっけねー
なんだっけなんだっけ

古い資料をめくり
漸く婆の、ミミズがのたくったようなメモ書きを発見しました。

「サニタリーマスクは日本では5類に入るが、
 医師が使用する衛生マスクとして10類に分類される」

研修会の具体例で挙げられるくらいですから、この事例はとても多いのでしょう。

あーそれなのにそれなのに、
すっかり忘れて、みごとに5類で出願してしまいました。

欠陥通報きますわね~

でもお客様の希望は『医師の使用する衛生マスク』ではなく、
いわゆる『エチケットマスク』なのです。
10類にしてしまうと商品も異なりますし、不足料金も支払わなくてはなりません。

対応策は、是正提案書で削除か置き換えですわね。

うーむ、また英語かー
普通の人にとってみれば、平坦地あるいはゆるやかな坂道でも、
婆には断崖絶壁に見えるのでした。

にっくき「サニタリーマスク」。
(婆の逆恨み。f^ ^;))



<おまけ>
日本で言うところの「エチケットマスク」は存在しないようですね。
とすると本件の場合は削除しかないですね。
因みに特許庁に確認したところ、このサニタリーマスクに関しては
万が一5類から10類に修正しても基礎出願はそのままでよいそうです。
WIPOと日本国特許庁との指定商品に関する概念の違いが原因だから、「特例」なんでしょうかね。



お店探し

数ヶ月ぶりに会う友達三人で、
飲みに行くことになりました。

婆は敢えてLINEはしていないので、
連絡をとるときにご面倒をお掛けしています。
申し訳ないので、せめてお店ぐらいは婆が探そうと思いました。

どこにしようかな
あそこもよかったな
あそこも美味しかった
あそこもお酒の種類が豊富だったな
あそこは安かった

そう、私ってなんでこんなにお店知ってるんだ⁉︎
と、思ったわけです。
あらためて、色々なお店に行ってるねー
と、気付いたわけです。
こりゃ太るわけです。
(因みに今期のリバウンド速度は極めて早く、既にMM3くらいです。殆ど戻っております。σ(^_^;))

というわけで、たくさんの候補から、
友達が喜びそうなお店をチョイスしたいと思います。

お店探しもまた楽しからずや🎵





電車のガラス

毎朝満員電車で通勤しております。
京王線の混み具合は半端ではありません。
ドアのガラスに顔が押し付けられることもしばしば。

ん?
これってたまには清掃しているのかな??

電車のガラスの内側が拭き掃除されているか否か、
どなたかご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。

もし、一度も拭かないとしたら、
ちょっと怖いです。

満員のときは皆さんそこに顔をつけて、
ゼーゼーハーハーしていますからね、
菌がうようよいそうです。
うわわ、怖い。…>_<…
インフルエンザとかノロとか、いっぱいくっついていそうです。

たまに臭いガラスもあるし・・・(~_~;)

触らないに越したことはなさそうです。
あー怖い怖い。


え?どーゆー意味?!

たったいま、


「特許婆さんて、気を使うのぉ?!」


とBOSSに言われました。

〈おまけ〉
それはなんと言いますか、
「お前さん、人に気を使ったりすることあるわけ?」
と聞こえるわけで(そうとしか聞こえませんが。)誠に失礼な問い掛けだと思いました。
言った本人も自分の失言に、大笑いしてました。おいおい。

ボージョレーの解禁


赤ワインリバース事件に懲りたのか
(処理をしたのは婆ですけれど。)
あれ以来、はっちゃけは飲み会に行っても赤ワインを飲みません。
(家では飲みます。)

一滴たりとも赤ワインは飲まないのだそうです。
(リバースしたのは「赤ワイン」のせいではなく、摂取量の問題だと思うのですが。)

「なんで毎年ボージョレーの解禁なんてあるんだろう。」と、ぶつぶつ言っているほどです。(笑)

   *****

数日前。
赤ワインリバース事件当日に一緒に飲んだメンズからはっちゃけは再び誘われ、
「先日は酔っ払っちゃってすみませんでしたー」
とお詫びを言って、赤ワイン以外のアルコールを飲んでいたそうです。


赤ワインを勧めるメンズ

断るはっちゃけ

赤ワインを勧めるメンズ

頑なに赤ワイン以外を飲むはっちゃけ


酔っ払った時のはっちゃけがかなり面白かったらしく、
またあの姿が見たいからでしょうか、攻防戦は続きます。
(婆はもう見たくありませんが。)

かなり執拗に勧められたらしいのですが、
はっちゃけはとうとう最後まで、赤ワインを口にしなかったのだそうです。


メンズの一人が飲み会の〆に言ったそうです。

『今宵は君のボージョレーが解禁できなくて残念だ!』
 
  *****

いやいやいやいや、あなた様にはっちゃけの豪快なリバースをお見せできなくて残念です。

本日も晴天なり


今朝、大量に干してきた洗濯物が
からっからに乾いているでありましょー!!!!

毎日こうだと嬉しいわ~
仕事に専念できるわ~

さー仕事しましょ。



<おまけ>
雨が降りそうになると婆は干してきた洗濯物が気になって、仕事捗らず。

今更ながら

育児書を読みました。
きんとも(ときどき登場の近所の友達)から借りた本で、育児の字典のような書籍です。

字典をまえがきからあとがきまで、全部読むのは30年ぶりくらいです。
おそらくこうしたものは制作過程でも複数の人間がチェックするため、
最初から最後まで読み通す人はあまりいないと思われます。

読み通すと、
おもしろいことに気付きます。

書いている人によって、
1.使う漢字が異なる。
(たとえば前の方を書いた人は「順守」を使い、後半は「遵守」になる、とか。)

2.言葉遣いが異なる。
(ほとんどが「~してやる」なのに、一部「~してあげる」になる、とか。)

3.意見が異なる。
(「交換条件は絶対に出してはならない」と言い切る箇所と「交換条件は出さないほうがよい場合が多い」と弱腰になる箇所がある、とか。)


ぶ厚い本ですし、字典というものは必要な箇所だけ読む物ですから、
これらの点に気付く人はまずいないでしょう。



あ、もうひとつ気付きました。

『私の子育ては、相当間違っていたようだね~f^^;)』 です。




がんばれー


大丈夫かしら?
と思うくらいSちゃんが窓の下で泣いております。

事務所のお隣の幼稚園児Sちゃん(今年、赤ちゃんが産まれてお姉さんになりました。)が、15分ほど前からキーキーと泣き続けているのです。

理由はわかりません。
いつも優しいお母さんもおばあちゃんもおじいちゃんもお父さんも、
泣きわめくSちゃんを放置しています。
おそらく全員で放置Playを楽しんで・・・じゃなかった、放置することに決めたのでしょう。
Sちゃんのご家族は婆の知るかぎり(盗み聴きだけれど)愛情いっぱいです。
おそらく話し合って、放置することに決めたのでしょう。
それくらいのことをSちゃんがしてしまったのでしょう。

Sちゃんは言葉にならない、「キー」とか「ギー」とか「グアー」でアピールしています。
もう声が嗄れてきております。

何があったかは分かりませんが、一人っ子で天下をとっていた我が家で
急に「お姉さん」にされても、色々と不満は募るわけです。
キーキーしたくもなります。

わかるわかる。

いえ、厳密に言えば
5歳ばかりの幼稚園児の気持ちが
50歳近いおばはんに100%理解できるはずはありません。

わからんわからん。

わからんけれども、なんとなく想像はつくのであります。

がんばれSちゃん。
Sちゃんのお家はSちゃんのことが大好きな人ばっかりなのよー

とおばちゃんは窓を開けて言ってあげたい。







成功謝金

以前勤めていた事務所でのこと。

ケース①
出願から請け負った案件。
出願後、拒絶の応答を済ませ、暫くしたところで
「代理人辞任届を出して欲しい」と出願人から依頼がありました。
ががーん
のわんと翌日、特許査定がきました。
代理人辞任届はまだ提出していなかったけれど、話の順序からして成功謝金は戴けない。
いと口惜し。(TT)


ケース②
拒絶応答から請け負った中途受任案件。
簡単な意見書と補正書で応答し、特許査定。
出願時の代理人さんには申し訳ないけれど、成功謝金も戴きました。
いとラッキー。(^^)


ケース③
出願から請け負った案件。
コスト削減のため、出願人さんがご自分で審査請求をなさいました。
そして特許査定がきました。
(拒絶がきたら、引き続き事務所に応答を依頼するおつもりだったと思います。)
本件は成功謝金を戴きませんでした。
いと微妙。(ー ー;)


いろいろなケースがありますねぇ。





冗談だよ冗談


バリバリスポーツマンのはっちゃけ彼氏が遊びにきました。


は彼  「こんばんはー!!お邪魔してまーす!」

婆   「げっ、また来たの?!」

は彼  「・・・。」(肩を落とし、しょぼーん。)

婆   「冗談だよ、冗談。ごめんごめん。」


身体は鍛えていても、彼女の母親にきっついこと言われるとさすがに凹むみたいですね。
あまりいじめないようにしましょう。(笑)

UNIQLOマジック


金曜日から本日まで
全国のUNIQLOが「大創業祭」とか「創業感謝祭」とかでSaleをやっております。

下北のUNIQLOは大型店ですが、昨日行ったらもの凄い人でした。
そしてもの凄い人数の方たちが、ウルトラライトダウンを買っているのでした。

とすると・・・いまや町中の人が、ウルトラライトダウンの色違いを着て歩いているわけです。

5990円がこの4日間だけ3990円。
安い。
そして確かに軽くて暖かい。
1枚あるとなにかと便利。

でもでも、同じ色のものを着ている人と下北の町で遭遇する確率は極めて高く、
こっちよりそっちの方が似合っている!なんて事態になる確率も極めて高く、
更には、若いお姉ちゃんと同じ色なんざ着ていた日には恥ずかしいことこの上なく・・・
結局婆は現時点では購入していません。
(今日の帰りにもう一度寄ってみるので、買う可能性もありますが。)

UNIQLOは日替わりで安売りをします。
昨日1990円だったセーターが今日は990円になっていて、明日はまた1990円に戻ったりするのです。
こうなると足繁く通った方が安く買えること間違いなし。
つい、寄ってしまいます。
(そして余計なものまで買ってしまうというお決まりのパターン。)

UNIQLOマジックにも要注意です。
「1年で一番のお買い得、大創業祭!」なんて放送されると、
どれもこれもSaleのように勘違いしがちですが、値段表示が白いものは通常価格です。
赤いものだけが安売り品。
ところが、あの空間にいると全部安く感じてしまうのです。
購買意欲をかき立てる商品陳列なのでしょう。
(婆は知っている癖に、まんまとひっかかります。)

白は通常価格だから、この創業祭で買わなくてもよいのに、買ってしまうのです。
いつ買っても同じだけれど、
この創業祭のうちにSale品とともに気に入った色やサイズが売れ切れてしまう可能性があるので、つい焦って買ってしまうのです。
(昨日もグレーのセーターを買ってしまいました。)

UNIQLOに行くときは、
「要らんものは買わんように!」と念じながら行かねばなりませーん。




潔し・自虐ネタ

漢検のおじさま・ひーさまのメールから抜粋。

「何もすることがないので、今日は床屋でもイコカと思ったのでしたが、毛がないことに気付き、やめたのです。

で、また、元のヒマに戻りました。」


がははははは
いいねー
余裕があっていいよねー
こうでなくちゃねー
こういうの好き。

ここまで自虐ネタとして大胆に使いこなして戴けると
こちらも毛がねなく返信できますよねー

そんなわけで婆からの返信は、

「ひゅーるりー
 ひゅーるりーららー」

とさせて戴きました。

「寒くなりました。ご自愛ください。」の方が丁寧だったかしらん。


  ***


おふざけはこの辺にして。

髪型は個性ですから堂々としていた方がかっこいいと思います。
桝添さんとかSEXYだと思うんですよね。
要はその男性の生き様の問題かと。(^^)
日本のおじさま、ロマンスグレーだけがおしゃれではありません。
SEXY路線目指して頑張って下さい!



<おまけ>
文中、一部文字化けしている箇所がございます。お許しください。m(_ _)m





はっちゃけとボランティア


今日は早朝から、はっちゃけがボランティアにでかけておりました。
どこかで清掃作業をしてきたようです。
さきほど帰宅し、シャワーを浴びています。

ボランティアに参加することで、
日ごろの悪行をチャラにしようとしている節もありますが、
お休みの日にボランティアに行くこと自体、
なかなか偉いなーとは思っております。

疲れてボランティア作業がストレスの原因にならないように
気をつけてもらいたいものです。






はっちゃけと漢字探検隊

昨日は井の頭動物園で漢字探検隊でした。

お天気も良いし、はっちゃけを連れて出掛けました。
(こう書くと、はっちゃけが犬か何かに感じます。)

講師のKB先生には「これが生はっちゃけです。」と紹介しました。
先生は「おおおーこちらがー」と笑いをこらえるようにしてご挨拶をしてくださいました。
(いや、こらえてなかったな。完全に笑っていたな。)

小学生メインの漢字探検隊ではありますが、
配られたプリントには70種ほどの動物の漢字が載っていました。

「なんだこりゃ。読めん。」

KB先生のプリントには
梟(ふくろう)、鷽(うそ)、木兎(みみずく)、鴛鴦(おしどり)なんぞがごーろごろありまして、はっちゃけはびっくりしたわけです。

「かあちゃん、これ全部読めんの?!」

読めませーん。(笑)

漢字教育士としては、全部読めないといけないのですが、見栄張ってもしかたないので自供。
修行中の身ゆえ、こうしたプリントは全部覚えないといけませんねぇ。
配られる資料はどれもとてもよくできているので、勉強になります。

もう一人、勉強している人がいました。
はっちゃけです。

はっちゃけはKB先生のお話を聞いているうちに
どんどんKB先生に近づいてしまい、
気が付けば小学生と並んで最前列で聞き入っていました。(笑)
大人たちは遠めから聞いているので、その様子はなんともおかしかったです。

漢字は読めないはっちゃけでしたが、プリントを配ったり、
バスガイドのように旗を振って引率したり、
なかなかよく動いてくれました。
(はっちゃけは小さい子が大好きなので、ニコニコと終始笑顔のはっちゃけお姉さんでした。)

小春日和の漢字探検隊、
井の頭公園の紅葉も見ることができ、楽しかったです。(^^)

次はどこかなー


今日は研修

あいかわらず外国案件に弱い特許婆です。

今日もこれからマドプロの研修に行ってきます。
いつもは五反田のゆうぽうとですが、今日は西新宿です。
自宅から近いので帰りが楽です。
(ま、今日は金曜日。まっすぐ帰るつもりもありませんが。)

婆が出掛ける日は、心なしかBOSSが嬉しそうです。
伸び伸びできるからかしら・・・
普通は逆のような気もしますが。(笑)

特許と商標の出願原稿チェック出しが完了したので、
心おきなく研修に向かえます。

さてさて今日は何を教えてもらえるのかな。




ボージョレー

※お食事中の方はご覧にならないでください。



赤ワイン。

赤ワインと言えば「リバースはっちゃけ」。
はっちゃけと言えば「リバース赤ワイン」。

あの忌まわしい過去が蘇ります。

今宵、下北のとあるお店で

「お飲み物はいかがなさいますか?
 今日はボージョレーの解禁ですが。」

と勧められ、思わずはっちゃけと

『ボージョレー・ゲーボー!!!』

などとハモッてしまいました。

飲む前から酔っ払い同然の親子でございます。f^^;)






バリスタ・ラクロス

今日はラクロスがスタバでバイトの日です。

行ってみました。

ラクロスが下北のスタバでバイトを始めてから、
婆はラクロスのいる日にはスタバに寄らなくなりました。
いる日を避けてスタバに行くようになりました。
なんだか恥ずかしいし、嫌がるだろうし、心配だし。

いるときに行くのは初めてです。

ほー、ラクロスがコーヒー作っています。
へー、ラクロスが「いらっしゃいませ」なんて言っています。
はー、ラクロスが女の子と会話しています。

注文した物がちゃんと出せるか心配になり、
オレンジ色のランプの下で、婆はラクロスの手元をじーっと見ていました。

婆 「ねぇ、それ注文したやつ?」
ラクロス  「そうよ。ちゃんと注文通り作ってるよ。」
婆 「ねぇ、それおいしい?」
ラクロス  「愛情こめて作ってるからおいしいよ。」
婆 「ねぇ、キャラメル多目で。」
ラクロス  「わかってる、お母さんは甘いのいっぱいね。」

うんうん、上手に作ってるじゃないの。
黙っていればそれっぽく見えるわよ。
いつも失敗ばかりしてるなんてわかんないわよ。

なんだかほっとしました。
心がほっこりと温まったところで、温かいコーヒーが出来上がりました。

「お待たせしましたー」

本来ならそう言われるところですが、
ここで婆はラクロスに

「はい!ただいまお席は満席ですー。
 さっさとお帰りくださいーーーー。」

と言われてコーヒーを手渡されたのでした。(T T)
いやーん、せっかくほっこりしてたのに~~~

そんなバリスタいるのでしょうか?!




<おまけ>
とはいえ、息子の作ってくれた、
クリームとキャラメルいっぱいのキャラメルマキアートは
とーってもおいしく感じました。(^^)


うっかり八兵衛3人旅

「うっかり八兵衛3人旅」という、
なんとも暢気なタイトルのコメントを戴きました。(笑)

助さん、格さん(昔は「角さん」だと思っていました。f^^;))と御老公では
お堅い旅のイメージですものねぇ。
特許婆親子の旅のイメージとはちょっと違いますわね。

それに、どう考えてもはっちゃけが御老公役をとりそうです。
そうなるとラクロスと婆が権力を武器にこき使われることになるかも・・・

ここは戴いたコメントを参考に考え直しましょう。

あ、食いしん坊の婆が八兵衛役になると思ったら大間違いですよ。
やはり、由美かおる役でしょう。(あの役柄名は何かしら・・・)
どこまでも図々しいという声が聞こえてきますが、ここは譲れません。
意味もなくお風呂に入るところが役得です。(^^)v

ちょっと抜けてるラクロスは八兵衛役に。
物語の本筋に全く関与しないところが実にラクロスらしい。(笑)

はっちゃけは・・・悪代官?!
いや、弥七?!「口車」の弥七!!!!
あー言えばこー言う、くちぐるまの弥七だ~

このキャスティング、完璧です。


<おまけ>
由実ではなく由「美」かおるでした。ファンの方すみません。訂正しました。
ちなみに役名は『かげろうお銀』と『疾風のおえん』だそうです。

完全開脚ならず。


「1ヶ月でできる」にひかれて頑張ってきた完全開脚ですが、
海外でサボっていたせいか、
結局、婆のお尻は、床にぺたんとくっつくまではいきませんでした。

椎間板ヘルニアの手術をした人間は、1ヶ月では無理かもしれません。
少なくとも婆はダメです。
左右の脚の開き具合にも差があるので、
やはり弱点である「腰」が悪影響を及ぼしているように思います。

でも、開脚は毎日練習することで、
案外簡単にできるようになるということは分かりました。

人間の身体は不思議です。
婆(ばばあ)でも、そこそこいけるのですから、
若い人は本当に1ヶ月で、床にぺたんとなれることでしょう。

さー若い娘さんたちよ
今日から完全開脚への道へ!
いまからやれば、年内完全開脚も夢ではありません。






日本には四季がある


近頃、

トイレに行くのが億劫になってきた。

冬が来たんだなー。

ちょっぱや

本日
9:45 登録査定のご報告メール送信
9:49 「10年分納付」で指示メール受信

以前お話ししましたが、
とにかくお客様からのレスポンスが早くて助かります。

いま、包袋を『返事待ち』の棚に入れたばっかりなのに~(T T)

くらいな感じです。
こうなると、
すぐに納付して報告書と請求書を30分以内に送って差し上げたくなりますね~

ちょっぱやのお客さまには、やっぱりちょっぱやの対応で。(^^)



<おまけ>
10:28  最優先で、只今完了。

ピークですから。

近頃、気になりますのが
50歳くらいの、もとアイドルが、子持ちになって再登場
というパターンです。

白石 まるみ
浅香 唯
千堂 あきほ などなど。

皆さん相変わらず可愛いけれど、
なんでまた出だしたのでしょうか。

子育てが一段落して余暇を有効に使おうと動きだしたのか
華やかな世界に戻りたくなるものなのか
経済的に働かざるを得ない状況になったのか
自分の子どもをデビューさせるために一役かって出たのか
オファーがきたからか

婆はこの、一番最後の「オファー」説が濃厚だと思っております。

なぜなら、
彼女たちにぞっこんだったもとお兄ちゃんたちが、
いままさに、
テレビ局のディレクターなど、出演者を選定できる立場の人間になっているから
ではないかと思うのです。

映画やテレビCMの主題歌が
婆にとっては懐かしの70年代、80年代の曲が多いのも、
そういう理由ではないかと思うのです。

企業の決定権のある人間が、婆と同年代の人になっていると感じるのです。

彼ら(彼女ら)が、もう少し年をとって前線から退くと、
自然に婆にとっての懐かしの人や曲は使われなくなるでしょう。

いまが婆と同じ世代の人の人生のピークなのかもしれません。
だとしたら、
もっともっと楽しく過ごさないともったいないような気がします。


・・・という、大掛かりな遊びのいい訳。f^ ^;)


次は年末

今秋は、式年遷宮で盛り上がっている伊勢神宮に行くつもりでしたが、
魅力的なツアーがなく、
そうこうしているうちに時期を逸し、
計画を練り直していたら、
なぜか年末に広島・山口に行く旅に変わっていました。
(長い一文ですみません。)

始発新幹線で行って、
一泊し、
翌日の最終新幹線で帰ってくるという弾丸ツアーです。

ひとりでも良かったのですが、
参加者を募ったところ、ラクロスとはっちゃけが名乗りをあげました。
いわば、志願兵です。

なにしろ弾丸ツアー。
体力勝負&時間との闘いですので、楽しい旅とは言い難いものがあります。
こんな旅は、お友達よりも家族の方が気が楽です。

そんなわけで、次は年末にこのメンバーで。

旅の計画も準備もこれからです。

助さん、格さん、御老公
まずは誰がどれになるかのジャンケンから始めなければ。


<おまけ>
なお、「本を読みに外国に行こう」は1月を予定。
計画は同時進行中~(^^)
でも、お金、足りるかな。ま、いっか。

<おまけ2>
当初広島だけの予定でしたが、ラクロスのたっての希望により錦帯橋が加わりまして
広島・山口の旅に変わったのでございます。






たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR