FC2ブログ

キセル

今日も頑固おじーのところに来ています。

往きの電車の中で聞いた話。
(また盗み聞き。)

その人はまだ20代の女性ですが、学生の頃、キセルで捕まったことがあると友達に話していました。
田舎では、PASMOのように改札が自動化されたのはつい数年前です。
それまでは駅員さんによる目視確認でした。
その頃、彼女は既に切れて一ヶ月 ほど経過している定期券を使って、
動体視力の良い駅員さんだったのでしょう、見つかったそうです。

請求額を聞いて婆はびっくり。

先日の江ノ島からのキセルの子は、
全区間分の料金を請求されていましたが、
期限切れの定期を使用した場合、
区間料金の三倍の金額に「期限経過日数」をかけた金額を
支払わなければならず、
彼女は三万円払ったそうです。

悪いことはするものではありませんね。



スポンサーサイト



謎の女・T子


頼んでいないのに、
T子がどこかから仕入れてきた駄洒落の数々を、婆に披露する。


「これが秀逸」とT子が絶賛した駄洒落は次の作品。


道ですっころんだ。
これがホントのダウンロード。



うーむ。笑えない。


駄洒落のカテゴリーに属するのか疑問ではあるが、こんなのもあった。



目玉親父  「おい鬼太郎!成績はどうじゃった?」

鬼太郎   「げげげのげー」


こっちの方がまだマシのような気がする。
一体T子はどこで駄洒落を仕入れてくるのであろう。

謎の多い女であーる。















たかられました


昨日の帰り、渋谷をうろついていましたら
駅前の横断歩道ではっちゃけにばったり会いました。



ハチ公の横の
渋谷マークシティーと東急デパートを結ぶ、ガード下の大きな横断歩道です。

あの大きな横断歩道のど真ん中を歩くはっちゃけに遭遇したのでした。

すごい偶然だと思います。



飲みに行くはずの友達が9時頃まで残業になってしまったそうで、
急遽「かあちゃん、飲みにいこー」とくっついてきました。

二人でワインバーに行きました。

お会計は6405円。

二人でお腹いっぱいになるまで飲み食いした割には、お安いワインバーでしたが、

「端数払うよ。」

と言って5円玉を出すはっちゃけには参りました。



こーゆーのを世間では『タカリ』と呼ぶのでしょう。(T T)




セブンイレブン

お弁当を買いに、セブンイレブンに行って思い出しました。


先週、おじーのところに行きましたが、
早朝の墓参りの際(6時前後)、
コーヒーが飲みたくなった婆は

「コーヒー買いたいからセブンイレブンに寄って~。」

と、もみじマークをつけて運転手するおじーに言ったのでした。



「セブンイレブンは朝7時から夜11時までの営業だからセブンイレブンと言うのだ。そんなことも知らんのか。ばかもんめ!」

「え?えーっ?!
もとはそういう意味だったけれど、途中で24時間営業に変わったんじゃなかったぁ?」

「そんなわけはない。だったら店名もかえるはずだ、どあほ!」


セブンイレブンは全店が24時間営業ではないのかも・・・
田舎はいまだに朝7時から夜11時なのかも・・・

と思ってその場は承服いたしましたが、本当に????
(セブンのホームページをざっと見ましたが確認できず。)




<おまけ>
yahoo知恵袋の回答に次の記事をみつけました。

「セブンイレブンは元々アメリカのフランチャイズだったのですが、1974年に東京で一号店を開店。当時は文字通り7時から11時までの営業でした。夜型社会の進行により80年代に24時間営業型店舗が急増して現在に至っています。
コンビニ業界では、一律の24時間営業を見直す動きが進んでおり、郡部や過度にコンビニが密集している都市部などではかつての「セブンイレブン型」での営業に切り替えている店も増えています。」

なるほど~
おじーに反論しなくて正解でした。(^^)






お名前の読み


BOSSが御名刺を戴いてくると
婆が住所録等に入力するわけですが

お名前の読みって本当に難しい、と感じます。


変わった漢字や組合せのお名前の場合は、
「なんて読むのかなー」
と思いながら入力しますが、
ごくごく普通のお名前なのに、読みが全然予想外のこともあって
びっくりすることがあります。

今びっくりしたばかりなので、ブログ書いています。(笑)

実名は掲載できませんが、
御名刺の裏側が英文表記の御名刺でしたので特別な読み方をすることに気付きましたが、
普通は予想できないようなお名前です。
印刷間違い?と思うほど。

綱吉と書いて「ねこだいすき」と読むような。



<おまけ>
「小鳥遊」と書いて「たかなし」(鷹がいないから小鳥がのんびり遊んでいられる)とお読みする苗字もあるそうですね。おもしろいですね。
「特許婆息子遊」と書いたらやっぱり「はっちゃけなし」と読むのでしょうかね。
あ、脱線しました。m(_ _)m






印紙代は年度毎に10円以下切り捨て

年のせいで、
なんでもきれいさっぱり忘れる婆ですが、
特に忘れがちな基本ルールがこれでございます。
共願者のうち1名が減免申請対象者であったりしますと、要注意です。

設定登録時の印紙代が安くなりますから、オンラインの自動計算の値と異なってきます。
手計算になります。
入念な検算が必要です。

規定の年金料金に持分比率と減免比率を掛けて算出していきますが、
ここで下一桁が「5円」とかになりますと、これを切り捨てなければなりません。

「年度毎の金額」「10円以下を切り捨てる」ため、
全体の金額に持分比率と減免比率を掛けた数字とは誤差が生じます。

検算のときに面倒くさがって、全体の金額に持分比率と減免比率を掛けてしまいますと、
いつになっても答えが合わなくてアレレレレ?となります。(T T)
6年や10年といった長期間分を一括納付するときにやってしまいがちです。

自動計算機能がより高度になり、
こうした場合も、
ちゃっちゃと計算してくれるようになってくれると嬉しいのですが・・・












人は見かけによらぬもの


事務所近くの小学校も二日位前から二学期が始まりました。
急に賑やかです。
そこかしこに陽の気むんむんです。

お弁当を買いに出たとき、
婆の横を爆音をたてながら通り過ぎる車がありました。

昔ながらのヤンキーの車の音です。
轟音です。
無駄にふかしています。
太いマフラーが2本
車体は真紅
いまどき珍しい大きな羽がついております。
(羽がついていると、空気抵抗でかえって遅そうに見えるのは私だけでしょうか。)

その車は小学校の裏門横に停まりました。
なかから若い男性が降りてきて、
そのまま学校に入って行き、
裏門近くの校庭の隅で、子どもたちが下校する姿を目で追っていました。

この学校は門前に警備のおじさんはいないのですね。

その方が普通に入っていけたのを見て、
「ちょっと不用心な学校だわね」と思った婆なのですが、
よくよく考えたら、
そのお父さんに対して相当失礼な見方をしている自分に気が付きました。(笑)

ごめんなさーい!!!
子どもをお迎えに来てくれるような優しいお父さんなのに~(T T)
人を外見で判断してはいけませんね。

人は見かけによらぬもの
人は車によらぬもの




安上がりな女

40度のお風呂で

美演歌女王を見ながら

天城越えを三回熱唱し

茹で上がり寸前で出て

良く冷えたコーラを飲む。

最高〜

至福の時〜

この国は平和だ〜


〈おまけ〉
あまりに気分が良いので、
コーラを飲みながらブログを書いております。
お行儀が悪くてすみません。





特許婆の『大江戸物語』


なんのことはない、婆の『ダイエット話』でございます。


いまブログの記事で経過を確認しました。

2013.7.8   MM5
2013.7.30  MM8


その後、どうなったかというと、
お察しの通り、MM8は一瞬のできごとでありf^ ^;)
その後、MM8にはお目にかかったことがございません。

今朝の時点でMM6という感じです。

たくさん食べても飲んでも2~3日でMM6に戻るようです。
ジムは回数が減っておりますが、それでもなかなか頑張っています。
(この場合の「頑張る」は「リバウンドしていない」ということで。)

最低でもMM6をひと冬持ち越したいところです。
本格的な「食欲の秋」の到来を前に、この辺で秘策が欲しいところ。
うぬぬぬぬぬ。







なんだかいいことありそうな



特別送達で審決書受領。

勝った~(^^)

8月27日火曜日


出社後すぐにデスク前の窓を開けましたら、
とても爽やかな風が入ってきました。


あぁ、気持ちよい~


見上げると、大きな雲が婆の窓を横切って行きます。


いいなぁ、秋も。


なんだかいいことありそうな朝でございます。




社内ストレッチ


BOSS不在。

ストッキングが伝線したので、履き替える前に社内でストレッチ。
辛いストレッチもあるけれど、
婆は頑張るのだ。

継続は力なり。
苦手な部分は念入りに。

災害で狭い隙間に閉じ込められても
このストレッチのお陰で、
婆は助かるのであーる。





Sちゃんのビニールプール


特許婆のデスク前の窓の下が賑やかです。

秋の気配はしてきたものの
Sちゃんのビニールプールは本日も営業中です。

おじいちゃんとおばあちゃんとママとSちゃんとアルフの声がします。

お湯を足しているようです。
会話からするとおじいちゃんが温度調整に必死になっているようです。

きゃっきゃと楽しそうなので、
そーっと覗くと
おじいちゃんも腰まで浸かっていらっしゃいました。(笑)

赤ちゃんのために大きめのプールにしたのかと思っていたけれど、
そうか!おじいちゃんが一緒に入る為だったのか!!
と納得したりして。

とにかく仲が良くて微笑ましいSちゃん一家です。

ほらきた


お天気はいいのに
今朝から一気に「秋」を感じます。

なんとなく、
夏っぽい服装が浮いて見えます。

真っ白いパンツとか
ノースリーブとか
アロハっぽい模様のものとか。

街はもうおしゃれな秋物の若い人もいて
ワインカラーや辛子色のカットソーがちらほらと
目に付きます。

そういえば蝉時雨もなくなってしまいましたね。
夏が終わって秋がくるんですねぇ。



またも星乃珈琲


はっちゃけが
「月曜日からダイエットをする、野菜しか食べん」
とダイエット宣言をしたため、
昨日はオススメの星乃珈琲のトマトクリームリゾットを食べに行きました。

食べ納めとして
はっちゃけにご紹介したわけです。

はっちゃけは婆オススメのリゾットの味に大感激し、半分こするはずが全部食べてしまったのでした。

そして、
「なんでこんなに美味しいものを紹介したのだ。
ダイエットをする自信がなくなってしまったではないか。」
と憤慨するのでした。

それほど美味しいんですよ〜(o^^o)
本当に美味しいんですよ〜(o^^o)



せこいわーボーイズ


下北沢の改札付近にて
ちゃらちゃらした大学生男子2人の会話。

「このまえ江の島いったんだけどさー
帰りに新宿で、
隣の駅から乗ったけど切符なくしたって
言ったんだよ。
そしたらその駅員感じ悪くてさ、
じゃー小田急線全線の料金払ってもらうことになります
って言うじゃん。
おれ切符探しにいくふりしてその場を去って、
別の駅員の窓口に言ったらすんなり通してくれたんだぜ。
マジでせこい駅員いるよなー。」

お前さんがせこいんだよ。
駅員さんは悪くない。



怖いわーガールズ


京王線にて
大学生女子3人の会話。

「LINE荒らそうよ」

「とりあえずLINE荒らそ!ウザいじゃん。」

「で、みんなでチャッキ(着信拒否)!」

怖い。怖すぎる。
こうやってLINEは荒らされるわけだ。
怖い怖い。

これはマズイ。


数日前、友達(T子にあらず)に「おいしいパスタの作り方」を教わったので
お昼に作ってみました。

クオモで食べ過ぎたのでジムに行かなければならない婆ですが、
あまりにまずかったので報告してから出掛けます。


パスタを茹でるときに
ローリエと鷹のつめを一緒に入れて茹でるのです。
そして
具材は細切り茎わかめとしいたけとドライトマト、
味付けはオリーブオイルと塩・コショウ・ガーリックです。

ヘルシーで美味しいというのでやってみたのですが、
ローリエの風味がなんともミスマッチ。
なんかこう・・・、この葉っぱだけ余計な感じ。(笑)

友達には

「やってみたけど私はあんま好きじゃなーい」

とメールしたら

「特許婆には上品な味すぎたかねー」

との御返信。


あーそーだとも。そーかもかもしんない。
イノダのナポリタンで口直しがしたいよ~(T T)

ジムいかないと。


膳は急げ?! 行ってきましたクオモ!!


食べたいと思ったら食べます。

早速、行ってきましたサルバトーレ・クオモ!
池袋のバースタイルの店舗に入れたのでした。ラッキー♪
あっと言う間に店内は満席となり、予約なしで入れたのは本当にラッキーでした。


最初にサービスでミントのお酢のドリンクが出ます。
とっても美味しい。
食欲増進。

注文した料理は以下の通り。
・生ハムとルーコラのサラダ
・レバーペースト
・馬肉のタルタル
・魚介の煮込み
・小エビときのこのガーリックオイル
・水牛のチーズ(プレーンとスモーク25gづつ)
・ピザ(マルゲリータ)
・シフォンケーキアイス添え
・カフェオレ
&サングリア・ワイン etc

4種のチーズのピザ(はちみつ添え)も食べたかったのですが、
連れ(ピザ好きT子)がお腹いっぱいだというので諦めました。

ピザの生地が中もっちり、外パリッと芳ばしく本当に美味しいです。
生地だけでも美味しいです。
私はマルゲリータを食べましたが、
お隣の席の方はトマトだけのピザ(チーズなし)を召し上がっていてこれまた美味しそうでした。
(マルゲリータはトマトそのものではなく、トマトピューレー状のものを使っています。)
4種のチーズのピザも期待できそうです。

品数もアルコールの種類もたくさんあり、次に行くのが楽しみなお店です。
いいところを見つけました。
飲み会にも使えそうです。


<おまけ>
デリバリーもありますが、やっぱりその場で戴くのが一番かなぁ。
あ、注文してから料理が出てくるまでの時間が短いので
それも良かったです。
食べたいときにすぐ食べられるのが最高の幸せ!







ちょんまげスタイルの髪の毛のない部分


ひょんなことから、
ひーさまとの会話の中で、話題が
髷(まげ)を結った男性の髪の毛のない部分に及びました。

ここで婆はいくつもの知識を得ましたので、
もしまだ知らない方がいらっしゃったら、この機会にぜひ覚えましょう。(^^)
ご存じの方は復習としてご一緒に~


知識1 あの部分の名称は「月代」

知識2 「月代」は「さかやき」と読む


ウィキから抜粋。
「男性の髪型が丁髷に移行する際、兜を被った際に頭が蒸れるのを抑えるために剃られたとされる。」


知識3 「さかやき」は蒸れ防止のために作られた(らしい)


ウィキから抜粋。

「公卿を除く、一般すなわち武家、平民の間で行われ、元服の時はさかやきを剃ることが慣例となった。さかやきでない者は、公卿、浪人、山伏、学者、医師、人相見、物乞いなどであった。さかやきの形は侠客、中間、小者はぼんのくぼまであり、四角のさかやきは相撲から起こり、その広いのを唐犬額といった。江戸時代末期にはさかやきは狭小になり、これを講武所風といった。また若さをアピールする一種のファッションとして、さかやきやもみあげを藍で蒼く見せるという風習も流行した。
明治の断髪令まで行われた。」


知識4 (職業に貴賎はありませんが、敢えて分けるなら)「公卿・学者・医師」のグループと「浪人・人相見・物乞い」のグループが、さかやきを作らない。(このふたつのグループの共通点については未調査です。)

知識5 「さかやき」の形や大きさ(広さ)にはいろいろなバリエーションがあった

知識6 「さかやき」が青い人は色白で剛毛な人の剃りあとが青くなっているのだと思っていたが、なんとオシャレの一種だった!


うーむ、びっくりすることが多いものです。


<おまけ>
婆の旦那のお父上は、髷のない広めの「さかやき」状態です。
写真を撮るときは「お、お義父さん、ハレーションがきっついです。」というのがお約束です。





サルバトーレクオモ


日本人で初めて、地元イタリアのピザの大会で優勝した人のお店。

種をとりのぞいたトマトを使用したマルゲリータと
4種のチーズのピザは
川越シェフも「川越スマイル」全開で美味しいと褒め称えていました。

食べたい。

最寄りのお店に電話してみましたが、
テレビ番組の効果でしょうか、全く繋がりません。

下火になった頃にでも挑戦しましょうかね。

あー食べたい食べたい。


ありとキリギリス

バンカーはっちゃけは、
たくさんの資格をとらねばなりません。

しかし、
やれ中学の友達の飲み会だー
やれ高校の友達の飲み会だー
やれ大学の友達の飲み会だー
合コンだー
誰に似たのか付き合いが第一で
試験はほとんどが一夜漬けです。
そう簡単には受かりません。

今日初めて、ひとつ合格の連絡がきました。
大喜びのはっちゃけです。

「よかったね〜(o^^o)
すごいねー(o^^o)
徹夜の甲斐があったねー(o^^o)」

私も嬉しくてたくさん褒めました。

え?
いまなんて?

寝耳に水、
はっちゃけから驚愕の事実が知らされます。

某国立大の首席の同期は、
もう10こも受かっているんですって〜
((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))
証券外務員とか宅建とか難しいものは、
内定が決まってからこつこつと勉強していたらしいです。
素晴らしい〜

その頃はっちゃけは、
世界中を旅していたっけねーf^_^;)

やっぱり違うんですね〜




はっちゃけが行く。


はっちゃけの会社の男性の先輩で、
やたらと言葉を重ねながら意見する人がいるらしいのです。


例1 「あれあれー、今日はまたまたカジュアルな服装だねー。」

例2 「日に日にカジュアルになるねー。」

例3 「おっとおっと、今日もカジュアルだねー。」


お気づきの通り、
この先輩ははっちゃけの派手な服装が気に入らないようです。
やんわり注意してくださっているのかもしれません。
遠回しの嫌味かもしれません。


しかし、いずれにしても
そのような手法では、
残念ながら、
はっちゃけの服装を地味にすることはできません。

露出度が高いわけでもなく、
ショッキングピンクを着るわけでもないので、
はっちゃけとしては、
これくらいの方が職場のイメージが明るくなってよい、と自分を正当化しているのです。
(いわゆる姉can系のビジネスカジュアルなのですが、はっちゃけの銀行では目立つのです。)


はっちゃけは、次にこの先輩から服装のことを言われたら、

「明日はもっとカジュカジュなるなるかもしれませーん!」

という言葉を用意しています。


ご注意ください。




サイゼリア


昨日は珍しく残業してしまいましたf^^;)

夕飯を作るのが面倒になり、
はっちゃけと二人で「どこか安いところ行ってがっつり食べよーよ!!」
ということになり、下北のサイゼリアに入ってみました。

すんごい久しぶり。

サイゼリアは若い子ばかりで落ち着かない、というのが敬遠の理由です。
そして下北のサイゼリアは地下で窓がない、というのも。
下北のサイゼリアの下の階はライブハウスなので、床が終始ドンドコ揺れているのも気になるところです。(若者の街だから、おばはんはガマンしなければいけません。)


しかし驚くほど安いですね。
いや、驚いた。

ドリンクバー
サラダ
ドリア
チキンのチーズ焼き
フォカッチャ
唐揚げ
デザート

これで2000円。
2000円ですよ2000円。
まずいわけでもないし、お腹いっぱいだし、じゅうぶん。

これだけ安いと、自分で作るのがバカらしくなりますね。

もっと静かで、窓のあるお店だったらいいのになー
とあらためて思いました。

休み明けにありがちな


デスクの上の包袋の山。

朝一でマドプロの願書を作り、
それはBOSSが特許庁に持っていって下さいました。
(ありがとーBOSS)

うーむ、残り全部終わるかしら。
読み合わせ&チェック出し2件
出願2件
納付4件
拒絶応答1件

そんなときに
譲渡の原因書がきちゃったり、
登録証がきちゃったり、
年金領収書がきちゃったり・・・

包袋の山の間でお弁当食べました。(笑)

さてと、お仕事があることは幸せなこと。
午後も頑張りまっしょーい。(^^)





夏休み終了まぢか


5日間という、近年稀に見る長い夏休みが終わろうとしています。

もりだくさんだったわー。
充実の5日間だったわー。

予定していたことは全部こなせたので、
最終日にありがちな
「あーもう夏休みが終わっちゃうー。」
という感じも致しません。

なぜなら明日・あさって・しあさってと出社すればまたお休みではあーりませんか。(^^)
長期休みの最終日が週の中盤というのは、なかなかよいとり方かもしれません。
それに、来月は3連休が2つもありますしね!!

明日は久々の出社で、
仕事の手順を思い出すだけで、午前中いっぱいかかりそうです。(笑)

特許婆、『秋』も頑張りま~す♪






げげっ、信じていたのに~

今から20年以上前のことです。

東京駅の切符売り場でかなりのご高齢のおじいちゃんが
行く先までの切符代金が見えないらしく、
切符を買えなくてお困りのご様子でした。

90歳以上に見えました。

そのころまだピチピチの婆は(ピチピチの婆ってどうなの。)
おじいさんに声を掛け、行き先を聞き、切符を購入してあげました。

おじいさんは
とても喜んでくれて、それはそれは丁寧に御礼を言って下さいました。

おじいさん  「本当に助かりました。よろしければ近くでお茶でもご一緒に如何ですか?」

とご高齢の方にありがちなふらふらした声でお誘いくださいましたが、
あまりにご高齢のため長時間お供するのもなんだか怖く、お断りしました。
別れ際、おじいさんは

「私はこの東京駅の設計をした者なのです。今日は懐かしくてねぇ。」

とおっしゃいました。



  *****



あれから数十年。

今日、婆は東京ステーションホテルの館内ツアーガイドに書かれた
「1903年 辰野金吾に設計を依頼」という一文を発見しました。


「あーあのときのおじいちゃんだー♪」


少し懐かしく、お写真が載っているかなーと思って「辰野金吾」さんをネットで検索。
あったあった。お髭の立派なお写真も。

そして婆は確認したのです。


「辰野金吾 生誕:1854年10月13日、 死没:1919年3月25日」



・・・あのじーちゃんは誰なのよ~(T T) 


<おまけ>
1903年に設計を依頼されたのだから、その時点でおかしいと思わないとね・・・
















撤収しました


「夕方は雷雨かもしれないから、もう帰るね!」

「そうかい。じゃこれ持って行くといいよ。」

と、お中元とかお歳暮で戴いたような
海苔や、佃煮や、インスタントのお吸い物などを
たくさん持たされました。

「ありがとー。またくるね。」

「おう。掃除ご苦労さん。」

さきほど東京に向かう特急電車に乗りました。
暇なので持たされたものを見ていましたら、
賞味期限が全部『2011年』でした。( ̄◇ ̄;)

やられたー


〈おまけ〉
実の娘だから「やられたー(−_−#)」で済みますが、
お嫁さんに食べ物を上げる時は、
賞味期限を確認して下さいね〜!
全国嫁姑関係安全協会 世田谷支部


あぁ懐かしや虫王国


※これも、お食事中の方はお読みにならない方がよいかも…

映画もいかないことですし( ; _ ; )/~~~
臭いのもとも特定したことですし、
婆は実家の外回りを巡回してきました。

草ボーボー。

ええい、乗りかかった舟、
虫除けスプレーを全身に噴射し、
いざ草むらへ!!

いるいるいるいる大嫌いな虫たちが〜

巨大なバッタ
巨大なハチ
巨大なミミズ

なんでこんなにみんな大きいのよ〜(T_T)
万田酵素かなにか
おじーが撒いてたりしないわよね〜

ダンゴムシ
ムカデ
クモ
名前がわからない虫たち

遭遇する度に悲鳴。
あぁ、今夜はうなされそう。

杢グレーのTシャツがいつしか濃グレーになり、
汗で目が染みるようになったので、
いい加減、諦めました。

先ほどシャワーを浴びて、漸く生き返った婆です。
気持ち悪かったー

田舎もののくせに、
もう田舎には住めない気がいたします〜f^_^;)



液状化


※お食事中の方はお読みにならないで下さい。

頑固おじーは神経質で怒りん坊。

しかし、
実家のキッチンのどこかが臭いまして、
気になって気になって仕方なく、捜索開始。

くんくんと鼻をきかせ、
あちこち嗅いでまわりました。

ありました。

白いスーバーのレジ袋の中に、
何やら茶色くずっしりと重いものがあり、

「これなーに?」

と、おじーに聞くと、

「ん?あーそれは玉ねぎだな。」

ひいいいっ((((;゚Д゚)))))))
た、玉ねぎ?
このずっしりと重い『液体』が、玉ねぎ?

怖ーい(T_T)
くさーい(T_T)
逃げ出したーい(T_T)

処理班はこの後、人参の液体化したものも発見。

忘れちゃうんですね。
しかも、鼻がきかないから臭いことにも気づかずに
液状化していく野菜たちに囲まれて
結構幸せに暮らしているわけです。

たまにはキッチンの奥を捜索してみましょう。



たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR