FC2ブログ

ふと

南浦和の感動的な救出劇を思い出し、

婆は

折り返し運転で停車中の京王線車両を
手で押してみた。


こ、これは
これは簡単には動きません。

微動だにせずとはまさにこのこと。


ニュースでは乗客40人で押したとあったけれど、
40人では到底動きそうにありません。

これはやはり
『火事場のバカぢから』的な何か、
いや、失礼、
心優しき日本人の愛の力でもって動いたに違いありません。


お、発車します。
ドアが閉まります、ご注意下さい。

また明日〜


スポンサーサイト



収穫なし。

新装開店の駅ビルは
目玉商品もなく、
ただただ人が多いだけでした。

目玉商品は売り切れたのではなく、
初めから無いようでした。

だーめよ、もっとパーっと売り出さなくちゃ!

10%OFFのアイスとか、
350円くらいに見えるパンツ(下着)が280円とか、
薄くてヨレヨレのTシャツが1380円とか、
どれにも婆の購買意欲はそそられませんでした。

みれば、どのお客さんも手ぶらのまま店を出ます。

ですよねー

アイスなんか10%ではなくて10円に!
もっと質のよい品物を激安価格で出さないと、
お客さんは喜びません。

わたしのような人間は
そういう激安ものを手に入れると財布の紐が緩み、
余計なものまでつい買ってしまうわけですから、
ここはババーンと売り出して、
せっかく寄って来た婆みたいな単純なお客さんを
虜にしなければもったいないと思います。

リニューアル開店担当者さま、
楽しみにしていたけれど、婆はとぼとぼ帰ります。
この寂しそうな後ろ姿で、
お客さんの気持ちに気づいてやっておくんなさい。




夏休みの小学校

お弁当を買いに、小学校の脇を通ってコンビニへ。



静か。

夏休み中の小学校は静かです。

校内放送もないし、
子ども達のリコーダーも聞こえないし、
お喋りも椅子を引き摺る音もなくて、
ただの大きなコンクリートの塊になっています。

薄水色のカーテンも、寂しい病院のそれのように見えます。
子どもの持つ陽の気って、ものすごいパワーなんだとあらためて感じます。


校庭の木から
蝉時雨だけが聞こえています。

あのプラタナスを思い切り蹴ったら、
上から蝉がぼたぼたと落ちてくるのかな。

子どもの頃はよく木を蹴りました。
運が良ければクワガタなんかも落ちてきたけれど、
毛虫やらかみきり虫が頭の上に落ちてくることもあり、
蹴って即座にその場から離れるという機敏な動作が要求されました。
あの頃はあたり前のようにできました。

いまもできるかな。
いやいや無理でしょう。

頭が毛虫だらけのおばちゃんは、
小学校の校庭の木を蹴る行為よりも周辺住民に与える恐怖が大きく、
通報されるに違いありません。




そんなことを考えているうちに婆は蝉時雨を通りすぎ、
いつものコンビニのドアを押すのでした。


新装開店 & 猪突猛進

事務所の最寄り駅の駅ビルは、
ここ半年「耐震工事」で閉店しておりました。

本日いよいよリニューアルオープンです。

確かお昼からですから、
もうすぐ近所の奥様たちで賑わうことでしょう。

婆は帰りに寄ろうと思っております。

飲食店も入っていますが、
お目当ては雑貨とか服飾小物とかそういった店舗です。

新装開店できっとSale品が用意されているでしょう。

うーむ
専業主婦の皆さんに先を越されてしまうことを考えると
午後の仕事が手につきませんが、
何か良いものが残っていることを期待しましょう。

主婦の必需品とは違う物、たとえば通勤用の靴とかバッグとか
そういった物は夕方でも残っていそうですね。

でも、周辺の17時上がりのOLさん達を舐めてかかってはいけません。

ここは定時きっかりに上がり(いつもですけど。f^^;)
自慢の俊足で(30年前までは俊足だった筈。)
駅ビルを目指すことに致します。

ジムで鍛えていたことがこんなところで役立つとは!




医療保険について考える

医療保険の案内が届いた。
いつも見ないで捨ててしまうが、珍しく開封。
『女性専用』の文言に少し興味を持ったのだ。

がん保険と呼ばれるものであり、
手術や入院の際の保障がいくつかのコースで設定されている。
死亡時の給付金はない。

計算機を出してきて、
払い込み保険料と給付金合計を計算してみた。

あれ?
あんまりお得じゃない。

2年以上の間隔をあけて何度か再発したり、
これまた一定期間あけて再入院したりするならお得だけれど、
一回がんになってそのまま元気になってしまうと
給付金合計の方が低くなってしまう。

ま、保険会社も損するような仕事はしないから
当たり前と言えば当たり前かも。

万一の備えとして、
自分で積み立てていると思えばいいのかな。

もっと得すると思っていただけに、
なかなか複雑。


事務所のチャリ


特許婆が郵便局にいくとき、
事務所のチャリンコ「IWAPAT号」に乗って行きます。

なんの意味もありませんが、車体部分に
『SECOM』のシールを貼っております。
(盗難防止には一役かっているのかな・・・???)

そのIWAPAT号ですが、タイヤの空気がすぐ抜けます。


婆はべこべこのタイヤでも乗ってしまうのですが、
マメで優しいBOSSが(タイヤが悪くなるのを気にしているだけかも。)
気がつくと空気を入れてくれます。


今朝も、
「BOSSが外出中に郵便局にいくかもしれませーん。」
と婆が外出宣言をすると

「はーい了解。
 自転車に空気入れておきましたよ。
 それに『頑張ってね!』って、声を掛けておきました~。」

と。


婆を乗せる自転車君を、励ますのはやめていただけませんかね。



第二目標「一瞬」クリア

7月8日のブログで

『太っているときの満腹状態(これを婆は「MAX婆」と呼ぶ。)から
痩せて空腹状態(これを婆は「MINIMUM婆」と呼ぶ。)の差がちょうど5㎏になりました。
実質は3.5㎏減という感じでしょうか。』

と書きました。

この時点で第一目標をクリアしていた婆ですが、
その後もジム通いとキャベツダイエットで着々と成果をあげ、
先週末、胃カメラで絶食したこともあって第二目標を「一瞬」クリアしたのです。

MAX婆からMINIMUM婆の差、なんと8㎏!!
(第二目標達成記念で飲み食いしたらあっというまに2.5㎏増えましたけれど、
それでも実質5~6㎏減っている!)

3週間でMM5がMM8に!!

素晴らしいっ。

でも長続きしないっ。(T T)

最終目標をMM10にすれば実質8㎏ぐらいは痩せることになります。
自分に甘い特許婆ですが調子にも乗りやすい特許婆。
なんとか挫けず、8月いっぱいはダイエットを続けたいと思いまーす♪
(そして去年も秋から太り始めた。)



<おまけ>
あ、万が一
「MM5」名義人の変更の記録の請求書
「MM8」国際登録の取消の記録の請求書
「MM10」代理人の氏名若しくは名称又は住所の変更の記録の請求書
と検索して、このブログに辿りついてしまった方がいらしたらゴメンナサイ。
ここは不真面目な特許事務員のブログです。





りりりりりりーん


いま、

外出したBOSSに連絡したくて携帯に電話したら

私の後ろでコール音が。



おーい、携帯電話は携帯してくださいねー。

あほのラクロス


T子に「そんなに自分の子をあほあほ言うな」と
言われたばかりですが…


体育会にしては、うとうとしながらも毎晩
必死にテスト勉強をしているラクロス。
よい成績は期待しておりませんが、
せめて4年間で卒業して欲しいと願っております。


で、ラクロスが、

『今日はテストで余裕だなー、
時間あまるなーと思ってたのよ。
そしたら裏にも問題があったんだって!!』

『あったんだって』って…

おいおい、
お前さんは試験時間内に、
それに気付くこともなかったってことかい?

うむむむ、 そんな人いるの

ラクロスの就職試験がいまから心配です。(−_−;)



特許婆家に穏やかな時が流れる


はっちゃけがいないと、我が家は静かです。

穏やかな時間が流れます。

ラクロスも安堵に満ちた表情です。


でも23時頃になると、
はっちゃけ今頃どうしているかなー
と、考えたりしてしまいます。

いなきゃいないで寂しいものですよね。




女性弁護士


名刺の整理をしております。


職業に貴賎はありませんが、

女性で弁護士先生の御名刺を拝見するたびに

すっごいな~

と思うのでした。


婆が中学や高校や大学で興味を持って勉強してきたことなんて、
たかがしれているわけで、

男性ばかりの法学部に入って、
あの難解な法律文書を読み解き、
根気と集中力と正義感をもって勉強し続けて、
みごと司法試験に合格する。

・・・考えられましぇん。


何をどれくらい犠牲にしたら、そのような偉業が成し遂げられるのでしょうか。

遊び?
おしゃれ?
食欲?
恋?

若い頃はいくら時間があっても足りないくらい飛び回っていましたが、
それらをガマンすることなしに、弁護士になられた方っていらっしゃるのでしょうか。

もし、何もガマンせず弁護士になられた方がいたとしたら、
その両立の腕前を尊敬し、
もし、何かをガマンして弁護士になられた方がいたとしたら、
その忍耐力を尊敬します。

要は、どっちにしてもすごいということです。
心より尊敬します。






気を付けてくださいね


土曜日の胃カメラのあと、婆はジムに行きました。


一応、問診のときに主治医に
「このあとジムに行ってもいいですか?」
と確認して。


ときどきテレビにも出る主治医は、優しい笑顔で、

「いいですけど、まだ少し麻酔が残っていると思うので、
 ふらついたりして周りの人にぶつかったりしないように
 気を付けてくださいね。」

と許可してくれました。


そのときは気付かなかったけれど、
今思うと・・・、
なんか・・・、
失礼っぽくない?!


いやーん、被害妄想入っているかも~ >_<




特許の大先輩と久方ぶりに再会


本日、尊敬する特許の大先輩(男性)と1年ぶりで再会。


BOSSが

「特許婆は痩せちゃったから、誰だか分からなかったでしょー!」

と言ったけれど、大先輩はピンとこないご様子。


そうでした。
先輩に最後にお会いしたのは去年の今頃。

婆はそのあと7㎏太ったのでありました。
だから、むしろ前より太っている婆なのでした。

余計なことを言うんじゃないよBOSS~。(T T)

男性意見と女性意見

あ、なんか色々思い出してきました。

週末に下北沢で安いワンピースをみつけたのですが、
同じデザインでベージュと紺があり、
どちらにしようか婆は悩みました。

まずベージュ試着。

お店のおねえちゃんが「あ、お似合いですねー。」

次に紺試着。

お店のおにいちゃんが「お、こっちの方がいいんじゃないですかー。」

うーむますます決められない。

お店のおにいちゃん2人は『男性目線ですと紺がいいです。』と言い、
お店のおねえちゃん2人は『同性からするとベージュがいいと思います。』と言う。

4人のスタッフに囲まれて
こう言われて、紺色を買えますか?!
ばばあが。

ばばあが「男性目線」のおすすめ色を購入するのは
もともと紺色が好きであってもなかなかできないことであります。

婆は「では同性の意見を尊重してベージュにします。」とベージュを購入致しました。
紺もよかったな~

でもこれでよかったのです。
今日の『裏返しで着ているけど放置事件』でよーく分かりました。
男性は婆のことなんざ見ちゃいないんだよ~。(T T)

名実ともに。


来客終了。

お昼を買いにコンビニへ。

途中、マンションのガラス扉に映る自分の黒いカーディガンの横に
白いタックシールのようなものがくっついていることに気付きました。

(やーだ、またシールでも貼ってたのかな~。)

そう思って、カーディガンを見ると、

裏返しに着ておりましたですよ。



シールではなく、脇に縫い付けてある商品タグですよ。

げげげっ
げげげげげげっ

お客さんもBOSSも久しぶりに出社していた特許の大先輩も
誰も言ってくれなかった~(T T)

気付いたけれど、可哀想で(又は恐くて?)言えなかったのならよいのですが、
誰も気付いてくれなかったとしたら、これはひどい。

だって、男性というものは若そうな女性には無意識に目がいくけれど
そうでない女性には無意識だか意識的だかなんだか知らんが見ないようになっている。

そう、婆は彼らの意識の外にいることが証明されたわけです。

選りに選って三人揃ってとは・・・


ホタテの磯部焼き


1個400円もしました。

ホタテの磯辺焼き。

どんな料理が来るのだろうと、わくわくしている婆の前に
海苔でグルグル巻きにされた真っ黒い物体が提供されました。
お皿の真ん中にぽつねんと。

え?これだけ?

ホタテの身を焼いて
5センチ×15センチの長方形に切った海苔2枚を十文字に置いて、
中央にホタテを配し、
上下左右の海苔を畳むだけの料理でした。

だーめだよ!
こんなものに400円の値段つけたら!!!!

しかも海苔でグルグル巻きにしすぎて、海苔が嚙みきれないのでした。
(いま数えたらホタテの周りに海苔が6枚重なっていることになります。)
丈夫な歯の持ち主の婆でさえ、嚙みきるのに一苦労致しました。
女性が殿方の前で食べるものではございません。
無理して食べてお歯黒状態でにっこり笑っても・・・十中八九逃げられます。

誤って注文してしまったら、解体して海苔は別に戴いた方がよろしいかと。
ほんのご参考までに。





我がきんともは、限りなく動物に近し。


昨日はきんともと星乃珈琲でお喋り。

きんともはかく語りき。

『出産した時、脇の下が張って、看護婦さんに聞いたら、それは副乳だって言われたよ。人間は一対の乳しかないと思われているけれど、哺乳類は複数対の乳があるでしょ、だから人間でも稀に名残のある人がいるんだってー。』

え?きんともはおっぱいが複数対あるの?
え?え?え?

きんともは至極まじめに

『そうなんだよ。それで子供に乳をあげなくなったら脇の下の張りもなくなったんだよ。』

と続ける。
きんともは婆とは違って草食系。
いやむしろ植物に近い。
なのになのに、実は限りなく動物に近かったのだ。

…婆の知らないことは、世の中に数多存在するけれど、
こんなに身近に、複数対の乳を持つ稀有な女性がいたとは!

その発言以降、きんともを見る目が変わった婆である。

もしかすると、
このスーパーおだやかなきんとも、
怒らせると犬歯むき出しにして噛み付いたりするやもしれん。
仲良くしよう、親愛なる我がきんともよ。


〈おまけ〉
ネットによると、副乳が認められるのは女性の5%だそうです。
案外いますねー。
男性でもあるそうです。
各々方、あとでそーっと確認してみてください。





あれもない、これもない


はっちゃけは昨日から夏休みです。
友達とワイハに行きました。


夜、ラクロスがお風呂に入って

「おかーさーん!身体をあらうやつがないよー」

ん?
見に行くと、いつもお風呂のドアのところにかけてある
ナイロン製のボディータオル(ごしごし洗うあれ。)がありません。
仕方なく、予備のを出しました。

しばらくして
お風呂からあがったラクロスが自分の部屋で

「おかーさーん!おれのグレーの短パンしらなーい?」

ん?
昨日洗濯物にあって取り込んで畳んでラクロスの部屋に置いておいたのに。



この現象。

この現象は、
はっちゃけが旅行に行くときにだけ起きます。

そう、勝手になんでも持って行ってしまうわけです。
おかげで家族はえらく不自由な思いをさせられることになるのですが、

「まったく、困った奴だな。」

と諦めるしかないので、旅行から帰ったときには注意することも忘れており
毎回この繰り返しとなります。

今度こそ、叱らねば。

特許婆、胃炎になりました。


本日は胃カメラを受けてきました。

  ***

大変なことが起きました。

毎回「大きな胃ですねー」と「とてもきれいな胃ですねー」としか言われない婆の胃に
「櫛状発赤」なるものが!!!!

    ***

主治医は胃カメラの準備中(横になって喉の麻酔を口に含んでいる状態のとき)にぷらっとやってきて

「特許婆さん、変わりないでしょう?元気だよねー?」

と声を掛けて、そのまま出ていきました。
(せめて私の返事を聞いて行けー。)

    ***

撮影後、問診の時間。
主治医は撮った画像を見せながら、次のように語るのでした。

「ほらここ、赤い筋があるでしょう。これは胃炎です。櫛状発赤といいます。
 何をしました?
 何食べたんですか?」

この時点でこの決め付けはどうかと思うが、

「いまダイエットしているんで、暴飲暴食はしてないですよ。」

と婆が誇らしげにきっぱり言うと、

「ダイエット?食事を抜いているんですか?」

婆はこれまたきっぱりと

「いえ、抜いてはいません。量をちょっとだけ減らして頑張ってジムに通っています。」

嘘だと思ったのか主治医はなぜかニヤッと笑って

「食事を抜いて空腹の時間が長いとこうなりますからね、
 香辛料の凄い料理とかお酒でこうなったりもするし、
 気をつけてくださいねー。」

と言っておしまい。

   ***

婆は帰宅後、「櫛状発赤」を調べました。

『刺激物やアルコールの摂取、ストレスによる胃炎』

と書いてありました。

あれれ?
主治医は原因のひとつでもある『ストレス』を、なんで言わないの?!


   ***

ひーさまに「暴飲暴食していないのに胃炎といわれた」とメールしたら

「自分が標準だとおもうなよ、普通人でゆーと、キミは暴飲暴食!」

という返信がきました。

おーい。
みんな失礼じゃないかねー。
ちょっとは『ストレスじゃない?』と心配しておくれよー。

   ***

そういえば空腹時に「イナバのチキンとタイカレー」を食べたっけ。
辛かったな。f^^;)
主治医すごい。
お見通しってわけですかい。

   ***

放っておけばすぐ治るそうです。









 

予期せぬ出費


明日は胃カメラだから消化のよいものを
早めの時間に食べようと思っていました。

買い物して
帰宅して
料理するのも面倒なので
子どもたちにメールしたら
ラクロスが近くにいました。

二人で食事をして帰ることに。
すぐ合流。

消化のよいもの、
ということでうどんやさんに入りました。

わたしはうどん。

ラクロスはなにやらいろいろ注文。

わたしはうどん。

ラクロスはなにやらムシャムシャとくるものを
順々にお平らげ。

わたしはうどん。


なのにお会計 6780円。

え?
わたしは素うどんだけなのに??

うーむ
面倒くさがってないで、
家でうどんを作るべきでございました(T_T)
大失敗!

正直者M君


はっちゃけの会社の同期にM君という子がいます。

はっちゃけと同じ大学なので、卒業式に少し話しました。
ぽわわんとした顔で優しそうな子でした。


はっちゃけ曰く、M君はたいそう正直で有名なのだそうです。
色々言うけれど、言っていることは全部本当のこと、だそうです。
「歯に衣着せぬ」という感じではなく、むしろ「天然ちゃん」です。
思ったことをぽろっと言ってしまうタイプです。



それは時に的確。

そしてそれは時に残酷。


はっちゃけはM君に


「顔、ピラニアに似てるよね。」


と言われたそうです。




♪ざーんーこーくーな天使のテーゼ
と頭の中で勝手にBGMが流れだし、
いつもの如くオートリバースで暫くとまりませんでした。(笑) 


氷山の一角


下北沢のジムのジャグジーはとても小さいのです。

一応は吹き出し口が5人分あるのですが、
先に3人入っていると、なんとなく入り辛い印象を受ける、そんな程度の大きさです。



昨日、婆より先にお一人湯船に浸かっていました。
婆も入って、のんびりしておりました。


しばらくして、その方が立ち上がると・・・



ぐわわわわーっ



一気に水位が下がりました。

ひとのことは言えませんが、婆びっくり。びっくり婆。


お顔は小さかったのに、首から下はかなりボリューミーだったのです。

タイトルの諺が頭に浮かぶと同時に、
湯船の表面積×下がった水位によって、無意識に体積を計算してしまういやらしい婆なのでした・・・






T子からのクレーム


早速T子からクレームがきました。


「もうブログに書いたでしょ!!!
 あのとき、茫然自失じゃなくて、

 『え?いま気付いたの?!お前さんアホか!』
 
 って言ったじゃん!」


とのこと。



言った言った。
たしか、我に返って最初に出たのがその言葉だった。(笑)








私が茫然自失となった時



2013.盛夏


 「きのう、東武線が地下鉄日比谷線に乗り入れるところを見て、
  三球・照代の『地下鉄はどこから入れたんでしょうねー』の
  答えが分かったよ。」


とT子が電話で自慢げに語った瞬間。



家電量販店にて

はっちゃけとデジタル一眼レフを買いに行きました。

あおいちゃんのカメラにしようかと思うけれど、
似たようなカメラが似たような値段で並んでおり、
踏ん切りがつかないはっちゃけでした。

そこへ小さい声で、何やら説明する係りの男性が現れました。
色白で小太りで髭が濃く、
混雑した店内ではぼそぼそ言う説明が聞き取れません。

はっちゃけは気持ち悪がり(ごめんなさいm(_ _)m)、その小太り君から離れました。

私は小太り君に背中を向けて、はっちゃけが別のメーカーのカメラの説明を
別の係りの人から聞いているのを見ていました。

私の後ろで別のお客さんに説明する小太り君は、
よくよく聞くと、本当にカメラに詳しい人であり、
すべてのカメラの細かい機能やら裏機能やら、オプションやら、
小さい声ではありますが、色々なことを知っているのでした。

はっちゃけを呼び戻しました。

「ちょっと、この小太り君になんか質問してみて。」
「え~。」

はっちゃけはあからさまに嫌悪感を表しつつ、
渋渋自分の希望や質問を小太り君にしはじめました。

小太り君はすべて即答し、
ときには『この点ではこちらのメーカーよりあちらが優れています。』
と、メーカーをこえて公平な評価をしてくれました。

はっちゃけは小太り君を見直しました。

「この部分が、あっちのメーカーの方が丈夫そうだけど・・・」
「金属製ですし構造がしっかりしています。この展示品は一日に千人以上の方が結構雑に扱いますが、1年以上壊れません。お買い上げ後、この部分の故障で持ち込まれたこともありません。」

「どの色が人気ですか」
「女性は白が60%、黒が35%、銀が5%といったところです。」
「えー、銀がいいのに・・・」
「ネットの○○というところに、この機種専用の着せ替え本革シールがあり、
 銀を購入してこのシールで着せ替えを楽しむということも可能です。」

「同じメーカーの新商品のほうがやっぱりいいのかな・・・」
「いえ、この機能がこのように改善されたのですが、機械測定しないかぎり分からない程度です。一般の方が使用する分にはひとつ古い機種でこの値段の方が格段にお得です。もうひとつ古い機種だとこのように不便で・・・」

小太り君はカメラオタクなのでした。
素晴らしいカメラオタクなのでした。

はっちゃけは
「最初からあの人に聞けばよかった。」
と反省したのでした。

お陰様でよい買い物を致しました。
小太り君ありがとう。







君は全然悪くない。


アレルギーの児童が、普通食の給食を誤っておかわりしてしまい、
亡くなるという悲しい事故がありました。



亡くなった子はもちろん可哀想です。
心からご冥福をお祈りします。




ですが、私は、



私は、

おかわりをよそってあげた児童がいたとしたら、

その子の心が心配です。


君は全然悪くない。
君は全然悪くないんだよ。



せめてそのときのおかわりが

セルフサービスで行われていたと思いたい。



あぁ、本当に、
君は全然悪くない。


誰かその子を助けてあげてください。






晴れ女?


そう言えば
昨日、都内は大変な雷雨だったようですね。

事務所のある埼玉では、夕方ゴロゴロと雷の音が鳴り出したので、
家にいるかもしれないラクロスにメールで

「洗濯物を入れておくれーーーーーーーー!!」

と指令を出しましたら

「もう、手遅れだよー(>_<)びしょびしょだよー」

と来ました。

そこで初めて東京アメッシュで確認しましたら、かなりの時間差があったようですねぇ。
(帰宅後怖々確認すると、朝干してきた洗濯物は、ずっしりと重くなっておりました。(T T))

埼玉も降ったのですが、
婆が駅に行くときは止んでいて、
埼京線に揺られているときは降っていて、
乗り換えの駅ではどしゃ降りだったのですが、
自宅最寄り駅から自宅までは止んでいて、

そうです。
昨日一日、全く傘を差さずに済みました。

夜ジムに行くと、
ロッカーでおばちゃんたち(婆と同じくらいの年齢層の邪悪オーラむんむんの集団)が

「雷すごかったわね~」
「なんか下北の近くに落ちたらしーわよ。」
「この世の終わりかと思うほどだったよねー」

と盛り上がっていました。

この世の終わりか・・・
こりゃまたすごい雷だったようで。

この世の終わりに遭遇しなくて大変ラッキーでございました。




どうも放っておけなくて

ラクロスはただいま大学が試験期間であり、
毎日死にそうな顔になっております。

昨日はスタバのクローズのあと、12時近くに帰ってきて夕飯を食べ、
そこから

「明日のテストはね、台湾がなぜ親日なのかを論ずるの。
 一応調べたんだけどね、ちょっと聞いてもらっていい?」

と自分でまとめた内容を語るのですが、ぜーんぜん纏まっていなくて意味不明。

聞きながらところどころ、

「いまのところが一番重要なところだよね。」
「そこ要らない。」
「それを最後にもってきたらそれを一番いいたいのかと思われる。」
「それはもし字数が余ったら、足して。」
「はちだこういち?誰だそりゃ。ダムの八田與一か??」

などなど、ダメ出しをはじめたらキリがなく、
聞くんじゃなかった・・・と。(T T)

静かになったと思ったら、1:40ラクロス君就寝。
おーい。

試験は1限だと言っていたので、今朝叩き起こしましたが
私が家を出た後に二度寝したらしく、
しかも「これが最重要キーワード」と念を押した文言を書き間違えた
という悲しい報告メールがきました。

うーん
体育会だからテストを受けただけでヨシとしますかねぇ。
体育会だから成績悪くても良いってわけではないですけれど、
毎日の生活を見ていると、とても勉強をする体力は残っていないような・・・。
何しに大学に行ったのか・・・。

問題はそんなことではなく、
テスト勉強は1人でやって下さいってことですね。
どうも放っておけなくてf^^;)

「ちょっと聞いてもらっていい?」のときに「やーだね。」と寝るべきでございました。
反省。









荒井 テル

今朝
目覚めて最初に頭に浮かんだこと。



荒井 テルさん。

荒井 テル

アライ テル

テル アライ

テル ア ライ

嘘をつけ。



ここはやはり

マイ ネーム イズ アライ テル

が無難であろう。


〈おまけ〉
なにゆえ朝っぱらからこれが浮かんだかは不明。

今年は「東京ステーションホテル」!


毎夏、事務所から「極上のサービスを体験する」ための研修費が戴けます。
サービスの勉強になるならなんでも良いというありがたい研修です。


一昨年は『箱根富士やホテル』
 桜の間(ヘレンケラーが泊まったお部屋です。グレードアップでスイートルームにしてもらえました。)

昨年は『東京リッツカールトンホテル』
 クラブフロア(一日中飲み放題で食べ放題。ここも当日グレードアップでスイートルームにお泊まりできました。)

そして今年は『東京ステーションホテル』
 お部屋は眺望のないところですが、レディースプランでtokioneのボディートリートメント付き!
 きゃー!!!最高のホスピタリティーを経験しちゃおうという魂胆です。


今年は、はっちゃけと2人で行って来ます。
研修費から足が出た分は自費になりますが、ホテルは1人でも2人でも料金はほとんど変わりませんから
多少面倒ですが(笑)はっちゃけを連れて行きます。
それに、たとえ自費が発生しても、なかなかこんな贅沢はできません。
BOSSに足を向けて寝られませんね~。


はっちゃけとお昼は○○でこれ食べて、
その後エステ行って、
トリートメントの後は温浴施設でのんびりして、
お部屋に帰って着替えて××で夕飯を食べて、
ホテルのバーに飲みに行って、
翌日は朝から昼まで、ラウンジで朝食を食べようというスケジュールでございます。


うーん、楽しみ。



たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR