FC2ブログ

東京漢字探検隊

昨日は第17回東京漢字探検隊が湯島天神で行われました。

特許婆は別名「暇婆」(ひまばぁ、と読みましょう。)でもありますので、
午前中の親子探検のお手伝いに参りました。

小学校1年生~6年生。
漢字好きやら漢字苦手やら、どっちにしても子ども達の目はキラキラとしていて
見ていて気持ちがよいものです。

「これから何を教えてくれるのだろう」
という、わくわくした気持ちでいっぱいなのが伝わります。

きゃわゆーい♪

2時間の探検の間にはお手洗いに行きたくなるお子さんもいらっしゃって、
すぐにお手洗いに行くのかと思いきや、
先生のお話を聞き逃したくなくて、ぎりぎりまで我慢をする子がいました。
先生冥利につきますなー
(でも、お手洗いは我慢しないようにね。漏らすともっと先生のお話を聞き逃すことになるよ。)

質問コーナーでは
「一番画数の多い漢字は何ですか?」が出ました。
きたきたきたきたーって感じですね。定番ですね。

龍の字を縦横2つづつ並べた「テツ」とか「テチ」と読む漢字を
先生が画数を子ども達に数えさせながらホワイトボードに書きました。
16画×4で全64画の漢字です。

ここで先生は「辞書に載っている漢字の中では」という注意事項を逃さずにお話しされました。
ふむふむ、私ならきっと言い忘れてドツボにはまるでありましょう。

64画の漢字に子ども達の驚嘆の声。

どうだ、すごいだろう。
(私がドヤ顔する権利は全くないけれど、そんな気分。)

午後は自分たちのお勉強でしたが、勉強とは思えない楽しい一日でございましたー(^ ^)

<おまけ>
小学生で習う一番画数の多い漢字は「鑑」、中学生で習う一番画数の多い漢字は「鬱」です、
と先生が仰ると、子どもたちより、付き添いのご父兄の皆さんが驚いていました。
昔は「鬱」なんて習わなかったからです。
「鬱」が常用漢字になり、中学校で教わることになったということをご存じないご父兄は多いと思います。
先生は多分これも計算の上で、お話の中に盛り込んだのでしょう。
やっぱ、プロは違うわー、と感心しきり。

<訂正あり>
おまけ部分に関する訂正記事あり。2013.5.2記事ご参照ください。










スポンサーサイト



のどつぶれるわ。



風邪で喉が痛いのに、歌いすぎたなう(T_T)



人前で喋る職業の方達は歌が上手いのであーる。

惚れ惚れするのであーる。



こうして婆のゴールデンウイーク前半終了。

桜 ふたたびの加奈子

折角のゴールデンウィーク
お昼から友達と約束があったけれど、午前中がぽっかり空いてしまいました。

そこで、久々に映画を観に行きました。
最近、観たい映画がなかったのですが、広末涼子主演の「桜、ふたたびの加奈子」に
ちょっと興味があり、渋谷で9:50~の回がガラ空きだったので行って参りました。

子どもを亡くした若い夫婦のヒューマンドラマ、ということで、
涙もろい婆は(婆だから涙もろい、ともいう。)号泣するに違いないと踏み、
はじめからアイメイクはせず、
ハンカチではなくハンドタオルを握りしめて着席。

ところがですね、
これね、
涙なしでは語れない感動もののヒューマンドラマではなくてね、
ホラーだったのですよ~(T T)

いやーん、まさかの独りホラー鑑賞。
婆は映画好きだけど、ホラーとかオカルトとかスプラッターにお金払うのは嫌だから
いままで映画館ではその手のものは一切みたことがないのです。

なのになのに、まさかのホラー。
しかも独りホラー。

始まって5分くらいで「ん?」と思ったんですよね。
娘が亡くなって、悲しみのためにノイローゼ気味になった母親が
自宅の部屋で首を吊るのですが、何故か奇跡的に警察に救出されて一命をとりとめるのです。
警察官が「いやー通報が早かったからよかったんですねー」と仕事先の夫に伝える。

ん?母親は自宅でひとりきりだったのに、だれが通報したの?
と思うわけですよ。
婆の背中につつつーっといやーな汗が。

霊的なものは出てこないのですが、怖かったです。

爽やかな晴天のゴールデンウィークの朝には向いていないとは思いますが、
ちょっと怖いのが好きな人にはお勧めです。









下北の美容院にて歳を感じる


急に時間ができたので、
白髪が目立つこの頭をなんとかしようと
買い物に出たついでに、下北沢の美容院でカラーリングしようと
思いつきました。

そう、アポなしだけど、
下北は美容院がたくさんありますから、どこか入れるだろうという軽い気持ちで。

すると道の両脇に4軒の美容院が並ぶ激戦区を発見。
しかも
「リニューアルオープンセール」のちらしを配るお姉ちゃんがいました。

うん、ここにしよ。安い。

ちらしを配るお姉ちゃんに「すぐやってもらえます?」と聞いて
そのまま案内されたのですが、
まーおしゃれな美容院だこと。若い子しかいないじゃないですか。
浮いてるわーおばちゃん。

カラーとカットでしたが、美容師さんがおばちゃんに慣れていないのか
喋りがおどおどしていて、逆に気を遣ってしまいました。
なんか疲れたわー

いつの間にか、美容師さんより年上になり、
美容師さんに気を遣わせていることに気を遣う、
複雑な年齢になっていることを
ゴールデンウィークの初日に再認識した特許婆なのでした。

年寄りがゆっくりできる美容院は下北には少ないですわね~
巣鴨の美容院にでも行こうかしらん。



青春の焼きそば

時折、無性に焼きそばが食べたくなることがあります。
それも、肉も野菜も殆ど入っていないような屋台風の焼きそばが。

婆が通った女子高校は、
正門の正面に焼きそば屋がありました。
しかし厳しい校則により、買いに行ってはならぬのでした。

正門に面した校舎の一階は職員室であり、
たとえ匍匐(ブドウじゃないよ、ほふくだよ)前進したところで、
憧れの焼きそば屋まで辿り着ける者は居なかったと思います。

帰りに寄るのも禁止されていましたが、
ダメと言われるとやりたくなるのが若さってもんです。
若気の至り、学校一評判の悪い、スカートをズルズルひきずるようなグループに紛れ込んで
焼きそば屋に突入しました。

特許婆17歳春。
セーラー服姿も可憐な頃でした。


うまし。(オードリー春日風。)

具の入っていない焼きそばに、ピザ用のチーズがかかっていました。

う、うまし。(再び、オードリー春日風。)


決死の覚悟で食べたあの焼きそばの美味しさが忘れられず、
婆の中では具のない焼きそばこそ、青春の味なのでしたー。

キャビネットの上扉


うちの事務所のキャビネットは
上半分が扉つきの棚で下半分が3段の引き出し式になっているものです。


書類の出し入れが頻繁(数分おきに開け閉めする必要がある状況)になってきますと、
この上扉を開放しておく場合がございます。


で、下の引き出しの書類を身体を屈めて取りにいって
そのまま上体を起こしてごっちん
よくあるケースです。

婆は24歳くらいの時に、これで大層な深手を負いました。
確か不動産屋の受付事務をしていた時でしたが、
おでこに痣と血豆が融合したようなぼこっとした傷を負い
暫くお客様の前に出られないようなことがありました。
当時「大仏」というあだ名が婆につけられたか否かは記憶にありませんが、
結構目だつ傷でした。

ですから、下の引き出しから上体を上げることはしなくなりました。
学習したわけです。

なのに、歳をとりますと別の事象が起きて参ります。

下の引き出しに特段の用もなく、上の扉に激突するという、
摩訶不思議な現象です。ミラクルフェノメノンです。

さきほど、キャビネットが開いていることを「忘れて」
キャビネット方面に近寄っただけでぶつかりました。

いやはやもはや、婆なにやっとんねん、です。

痛いの痛いのボスに飛んでけ~、です。

気付いた瞬間が一番恥ずかしい


黒いワンピースなんか着ちゃって

すまーして通勤していて

ふと見ると

胸元に

歯磨き粉の白いのがついていることに気付いたとき。

はじかちー。

おばちゃん今日もやりましたでございますぅー。

パリ条約 優先権書類


お前さんのブログは
「特許事務所で働くということ」
なーんてタイトルでありながら、ちーっとも特許事務のことを書いてないじゃないか


と、また八王子の方からS水K男氏の声が聞こえてきそうなので、書きます。


パリ条約で特許出願するとき、
昔だったら優先権証明を紙で提出しなければならなかったけれど
平成13年の10月から提出不要になりました。

最近の方は「そんなのあったり前田のクラッカーだよ!」と
言うかもしれませんが(言わない。言わない。)
昔はなんでもかんでも紙の証明書を添付しなければならなかったのです。

拒絶理由の応答書なんて、全部証拠しとしてプリントアウトしたものを
綴じ込んだから分厚い分厚い意見書となり、
クライアントへの書類控えのコピーが面倒で大変でした。

いまはホームページ自体を貼り付けたり、「IPDLで参照可能につき添付省略」だの書いて終わり。
楽だわ~
素晴らしいわ~

それもこれも全て、特許庁でもネットワークをフル活用してデータの確認が可能になったから
だと思います。
頑張ったねー特許庁。

そんなわけで、パリ条約だろうと普通の出願だろうと手間が変わらなくなって
よかったよかった、というお話しでした。

うーんこの程度では、S水K男氏からまたなんか言われそうねぇ。





ecoによる弊害



ぎょぎょぎょ。



市役所の方から御名刺を戴きました。

ecoのため、御名刺のサイズが通常の御名刺の半分です。

計ってみましょう。

5.5×3.5㎝。

小さすぎて、婆には全く読めましぇ~ん(T T)

ゴールデンウイーク近し。


昨日はっちゃけとラクロスに

「ねーねー、
お母さんはゴールデンウイークどこか行かないの?」

と、
いかにもどこかへ行ってしまって欲しそうに聞かれた。

彼氏や彼女ができた彼らにとっては
私がずっと家にいると
ゴールデンウイークではなく
シルバーウイークになってしまうらしい。

子どもが大きくなると
親なんて完全に邪魔者であーる。


いまから申し込み可能な
ゴールデンウイーク断食道場でもないかな。

即身仏にでもなってやる〜(T_T)






東急FOOD SHOW

奥さん、お買い得ですよー
 今日は霜降り牛肉がなんと500円! 
 いつもは800円が300円もお安くなってますよー!!


ピクリ。

安いお肉のコーナーを「より安いお肉はないか」と彷徨っていた婆の耳に
威勢の良い声が飛び込んできました。

え、1パック500円!?

振り向くと、既に声の主が見えないくらいに特設売り場は
夕飯の買い出しにきたおばちゃん連中で黒山の人だかり。


あー遅かった
近寄れないー

そう思って見ていると、おばちゃん達がぱらぱらと
売り場から離れて行くではありませんか。

よーく聞くと

霜降り牛肉がなんと100グラム500円!
 いつもは800円が300円もお安くなってますよー!!

なのです。

若い人の公共施設へのたむろ防止のモスキート音を思い出しました。
おばはんでは聞き取れないような周波数の「100グラム」を
ベテラン販売員は巧みに発し、群がってきたおばはんに美味しいお肉を1つ食べさせて
逃げられなくなったところで、100グラム500円の霜降り牛肉を買わせてしまうわけです。

おー危ない危ない。
危うく群がるところであった。

と、安いお肉コーナーで一人安堵する特許婆でした。






SEXY はっちやけ

昨日、夕食の仕度をしながら
カウンター越しにリビングを見ると

白いコットンシャツだけで、
脚を露わにしたはっちゃけが
寝転がっていました。


ラクロスが何か言っています。

「普通、女の子がそういう格好していると
男はムラムラしちゃうけど、
なんだろ、…ムカムカする。」

そしてはっちゃけに
容赦無く殴られておりました。



つられやすい特許婆


ここのところあまりお酒を飲まず、
ホルモンも食べず
せっせとジムに通っている特許婆です。偉いわー

S水K男氏から「渡辺直美化している」と言われたからではなく、
ボスからひざ掛けを「その化粧まわし」と言われたからでもなく、
SちゃんとKちゃんに「痩せたらディズニーランドへ連れて行ってあげるから」と言われたからでもなく、


・・・って、ちょっと考えただけでもこれだけ言われているのね、私。(笑)

人の言葉ではなく、
去年の夏服がきつかったから、
買い替えるともったいないから、
頑張って体を服に合わせようとしているだけなんですけど。(T T)

今日はハイペースな若い男性が隣のバイクにいたので、
つられて婆もハイペースになり、60分で500キロカロリー消費できました。
これが、ゆっくり目のペースの人が隣ですと、60分で350キロカロリーに落ちます。
知らず知らずのうちに、こぐペースがつられているんですね~

食べることも同じ。
よく食べる人、よく飲む人と一緒にいると知らず知らずのうちにつられているんです。

痩せたいときは、理想のペースの人の傍にいるのが一番の近道みたいです。
誰かいないかしらー
運動も飲食も理想のペースの人!



大御所 北島三郎。

「与作」がヒットしたときのサブちゃんは43歳だった!

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
((((;゚Д゚))))))) サブちゃん超え



聞き耳を立てている婆こそ魔物


なんやかんや言っても、
一人でジムへいって、
暇潰しに他の人の会話を聞いている私こそ、
ジムの魔物かもしれません。

これがまさに、下衆の極み

反省して、今日は論語に集中しよう。
(まだ読み終わっていないわけです、これが。)



私の銀


先週の木曜日に奥歯の詰め物がとれて
金曜日に事務所近くの歯医者に行きました。

電話で「とれてしまった詰め物をお持ち下さい」と言われたので、
(これを接着剤でちょちょっとつけるだけなのね)
と勝手に思い込んでおりました。

金曜日には詰めなおさず、
「月曜日にもう一度きてください」と言われたので
(そうそう、歯医者さんて少しづつ治療して、何回も通わないといけないのよねー)
なんて思いながら月曜日に行くと、
ものの30分で詰め完了。

しかも「時間をおかなくてもすぐ飲食できますから。」と先生。

へー凄いね~最近の接着剤は。

しかもしかも受付で「今日で治療は終わりです。1000円です。」

えー安いし早いね~

しかもしかもしかも鏡で詰め物を見ると白い。銀ではないのです。

ほーもう大口開けて笑っても銀歯は見えないのね~

数年前までは白い詰め物にすると、数万円かかっていましたよね?
型もとらないし、ぱぱぱぱぱっときれいになってしまうんですね。
これはいい。
全部白い詰め物にしたいわ。


・・・で、私の「とれた詰め物は一体どこへ行っちゃったんでしょう?」
白い詰め物の中に埋め込まれている?
回収したけど捨てた?
レアメタルでリサイクル?!

聞くのも変なので、そのまま帰って参りましたが、
本当にどこに行ってしまうんでしょうね~、私の銀の詰め物ちゃん。



クレーム化の腕前


「特許婆」で検索したら『こんな事務婆、知ってます』特集を書いている2チャンネルがヒットしました。
おもしろいので紹介します。

特許事務所の事務婆をどこぞの弁理士さんだか、技術者さんだかがクレーム化したものです。
内容から察するに特許技術者さんだと思われます。
2010年の書き込みです。


【請求項1】業務時間のうち、50~70%が雑談の時間であることを特徴とする特許事務所の事務婆。
【請求項2】請求項1記載の特許事務所の事務婆であって、既に年金受給年齢に達していることを特徴とする特許事務所の事務婆。
【請求項3】1又は複数の特許技術者を意味無く叱り飛ばすことを特徴とする請求項1又は2記載の特許事務所の事務婆。
【請求項5】請求項1~3記載の特許事務所の事務婆であって、特許技術者のデスクの照明を勝手に消すことを特徴とする特許事務所の事務婆。



面白い。面白すぎる。
これをきゃっきゃと面白がって読んでいましたら、
昨日うちのボスが私をクレーム化してブログにupしていました。

以下、うちのボスのクレーム。

【請求項1】
 事務所に届く郵便物及び宅配便の総数の50%以上が自分宛である
 ことを特徴とする特許事務員。
【請求項2】
 請求項1において、
 前記郵便物又は宅配便の差出人が、化粧品会社である
 ことを特徴とする特許事務員。
【請求項3】
 請求項2において、
 前記郵便物又は宅配便が到着すると鼻歌を奏でる
 ことを特徴とする特許事務員。
【請求項4】
 請求項1~3のいずれかにおいて、
 ホルモンが大好きである
 ことを特徴とする特許事務員。


うーむ、素材としては負けていませんからねぇ。(←妙な自信。)
果たしてクレーム化の腕はどっちが上でしょう?(笑)



怖ーい、ジム女子。


この一週間で5,6回ジムに行っております。

先のブログでも書きましたように、上のエアロビフロアは邪悪な女たちの巣窟であります。
特許婆も相当邪悪なおばはんですが、今日はまた、その特許婆でさえ、
身の毛もよだつほどの恐怖のジム女子に遭遇しました。

ロッカールームで、にこやかに会話するエアロビフロアのジム女子3人。

「いつもこのクラスに出ているんですかー?」
「ううん、私は練馬から通ってるの。普段は別の支店に行ってるんだけど、○○ちゃん(インストラクターの名前かな)追いかけてここまできちゃった。」
「あ、だから今日初めてお会いしたんですねー。見かけない方だなーと思ってー。」
「うん、また来週のこの時間はここにくるわね!じゃまたね!」
「はーい、また!」
「お疲れ様でしたー」

そして、練馬さんがお風呂に入ると
残されたジム女子2人が

「来週もあの人来るんだったら、違うクラス行こうよー。」

と言って笑っているのでありました。
怖い怖い、怖すぎる。
そんなこと言うならあんなに楽しそうにお喋りしないでよー。
次にくる曜日まで確認して、仲良しかと思ってしまうではないの。
あー本当に怖いわー

婆はお風呂の練馬さんに教えてあげたいくらいでした。
(そんな告げ口野郎が最も怖いから、実行はしませんけれど。)


毎度申し上げますが
「エアロビフロアになんか行くもんじゃない」です。











はっちゃけの初任給


本格的な初任給は来月に戴くのでしょうが、
研修の交通費とやらで、少しだけ出たようです。


給料日が20日だなんて知りませんから
私ははっちゃけに「部屋を掃除しなさい」とか「たまには洗いものくらいしなさい」とか
「シャツの袖を裏返しのまま洗濯機に入れないでちょーだい」とか
小言を言ったのでした。

すると

「ふふーん。
 初任給が出たから、
 かあちゃんに何か買ってやろうと思ったけど、
 やーめたっと!」


ときたもんだ。

こんなこと言う奴いますか?!
いません!!

おのれ、はっちゃけ!!
お前さんのような奴はすぐに化けの皮が剥がれて、先輩OLにしばかれっぞ。
泣きついてもしらんのだーーーーーーーー!


という、なんとも心温まらない、はっちゃけ初任給の日の出来事でしたとサ。





キャノンカメラEOS「kiss」の宣伝

2,3歳のきゃわゆい外人の男の子たちがサッカー遊びに興じているCM。

サッカー遊びとおもいきや

華麗なるボール捌き、ヘディング、シュート!!!!

プレーしているのはがきんちょでも、スーパープレー続出。



あれって、CGですよね?

ですよね??



CGって言ってくれないと、子どもがスポーツやっている親としては切ないわけですよ。

え! 世界にはあんなに凄い才能のがきんちょがいるわけ?!ってなっちゃう。

あーなるともう、かあちゃんの手作りご飯なんて関係ないですから。(笑)



ね、CGですよね?

お願いだからCGって誰か言ってー(T T)

要はかあちゃんの手作りご飯でしょう


また本屋に行きました。
図書カードがあると、気が大きくなって、
他の店よりも本屋に行く回数が増える単純な特許婆です。

料理本のコーナーに、どこぞの少年サッカーチームの構成員の母親かなんかがまとめた
スポーツをする子向けの料理本がありました。

婆はサッカーは全く分からないのですが、そんな婆でも手に取りたくなるのだから
その本の表紙作成者はたいしたもんだと思います。

みれば、色々なおかずの写真とレシピがたくさんありました。
高級食材ではなく、普通の材料で色々と工夫を凝らして
子どもの食欲をそそる料理の数々が紹介されていました。

「ほほーこれを食べて、この人の子はすくすくと育ち、サッカーが上達し、
この有名なサッカーチームに入れたわけだね。ふむふむ、何を食べているのだろう。」

おいしそう。
肉肉肉魚肉肉魚
バランスも考えてあるのでしょう。


でもやっぱり、中身はなんであれ、
要はかあちゃんの手作りご飯が、子どもを頑張らせるのだと婆は信じています。
多少、栄養が偏っていたって、
盛り付けがいい加減だって、
肉肉肉魚肉肉肉のバランスの悪さだって、
場合によっちゃおいしくなくたって(T T)
良いのだと思います。

あの本はそうやってかあちゃんが、子どものために工夫した結果、
あれだけたくさんのメニューが揃ったわけであり、
子どもも頑張ったわけであり、
親と子の、なんとも感動的な本に思えてなりませんでした。

料理本コーナーで涙ぐむ立ち読み婆。(←結局買わない。しかも涙ぐむ迷惑な立ち読み婆。)


ラクロスはもう小学生ではないけれど、
有名なチームに入らせたいと思ってもいないけれど、
やってるからには頑張って欲しいと思うのが親心。

頭に叩き込んだメニューを再現すべく、婆はスーパーへ買い物へ出かけるのでした。
(レシピが分からなくなったら、また本屋に立ち寄るのでした。)



ビアガーデンスタート早まる

漢検関係の集りでビアガーデンを使おうと思っておりました。
例年ですと5月中旬から予約スタートなのでのんびりしておりましたが、
今年はなんと来週あたりから予約開始ですって!!!

暑いからですよね

今日は寒かったですが
昨日みたいな気候ですと、もうビアガーデン行きたくなりますもんね

えーっと明治記念館は平日しかやっていないと。
えーっと神宮外苑は4月23日からやっているけど蚊がいる時があるのよね。
えーっと東京プリンスは、高いな。
えーっと東京ドームホテルは、40人とかとれるかな。

案外ぴったりのところがないものです。

とりあえず、下見に行くしかないか。
もう、しょうがないなー

女は30代じゃなくちゃー


ちょっと一杯のつもりで寄ったワインバーにて。


カウンターがいっぱいで、おっちゃんグループの隣になってしまいました。
おっちゃん8人。
ボトルを注文しても8人で分けたら一杯づつ。
新しいボトルが来る度に乾杯をし、既にいい感じでできあがっています。


若めのおっちゃん   「ねーねー、誰か女、紹介してよー。」
若くないおっちゃん  「○○ちゃんはいい子だよ~。あの子は肩揉みもうまいんだよなぁ。」
若めのおっちゃん   「○○ちゃんて何歳よ?」
若くないおっちゃん  「47、8かなぁ。」
若めのおっちゃん   「えー50かよぉ!もっと若いのいないのぉ?女は30代じゃなくちゃなー!!!なぁ!」


・・・ちゃぶ台ひっくり返すところでした。



<おまけ>
実際にはお洒落なテーブルですけどね。
星一徹状態でしたわね。
横に、どう見ても30代じゃない女性がいるのに、これは失礼ですよね~。
男性諸君、お気をつけくださいませ。
いつか知らないおばちゃんに、横でちゃぶ台ひっくり返されまっせ。





ガッキー


新垣結衣は「ガッキー」と呼ばれるのに

稲垣吾郎は「ごろうちゃん」と呼ばれている。

なぜだ

なぜなのだ

じゃー板垣退助は…

と、思考が飛んだところでやめておきましょ。

まだ一日あるけれど


今週は働いた感ありありでございました。

登録査定やら中間やら新願やらなんやらかんやらありまして
ブログもまともに書けないほどの忙しさでございました。(いやいや、結構書いてるから。)

ボスが不在の間に
ボスが戻るまでに仕上げたい書類が
特許婆の肩に知らず知らずの間に力を入れさせるようで、妙に肩が凝っております。

明日は来客も2件入っているし、移転登録もあるから郵便局にも行くし、
今日みたいに暖かいとよいのだけれど。

今日がまるで金曜日のように感じる特許婆でございます。

そう思ってふとボスのブログをみたら
「明日誰か飲もうよー」と、不特定多数の人に呼び掛けているではあーりませんか。

婆以上に週末モード全開の弁理士発見。
先を越された~



小さな喜び


ハガロンを切らしていたが、

水だけでスーパーきれいに切手剥がしに成功。

うーむ、なんだこの達成感は。

明治ブルガリアヨーグルト レシピひろがるプレーン


昨日の歯医者さんに置いてあった雑誌に
「明治ブルガリアヨーグルト レシピひろがるプレーン」
という新商品(?)が紹介されていました。

ドロッとしていなくて、
柔らかめのお豆腐のようなヨーグルトです。

これになんと、キムチを載せて食べる。

おいしそー!!

想像するに、飲み屋でよく出る(ま、自分で注文しているわけですが。)
「クリームチーズの酒盗和え」みたいなカテゴリーの味だと思うんです。
しょっぱいのと酸っぱいののコラボレーションでお酒がすすむわけです。

で、そういうものを見つけるとすぐに試したくなる特許婆、
帰りにデパ地下と近所のスーパーに寄ってみました。

ないのです。
ぐるぐる売り場をまわりましたがないのです。

キムチは買ったのに、肝心の本体がないので昨日は食べられませんでした。
キムチの賞味期限もありますから、期限内に明治ブルガリアヨーグルト レシピひろがるプレーン
を探さなくてはなりません。

特許事務員の名にかけて、期限管理は慎重に!






いやだけど仕方ない


削られそうで怖いですが・・・歯医者行ってきます。(T T)

お疲れ様でした。

とぼとぼ。

T子 「論語」を語る

T子からのメール 「なーんでまた、論語にはまってんのよ!!」

特許婆      「ちゃんと読んだことある?」

T子       「あるよ。でもなんで今、論語なの?」

特許婆      「通しで読んだことなくて、やっぱり大人になる前に読んでおこうと思って。」

T子       「おとな?」

特許婆      「そう、ちゃんとした大人。」

T子       「論語読みの論語知らず、って言うわよ。」

特許婆      「読まないで知ったかぶりするよりよかろう。」

T子       「師曰わく、でしょ。」

特許婆      「子曰わくだよ。さてはお前さん、論語読みの論語知らずだな。」

T子       「もう、寝る。」


<加地先生「論語」増補版について>
まだ1/3も読めていませんが、とても分かり易いです。
巻頭の説明も詳しく、安心して読み進められます。
難を言えば、やっぱり字が小さい。老眼鏡をかけていても眉間に皺が寄ります。
老人用の「論語」A4版とか売ってないかしらん。







歯の詰め物がとれました


右下の一番奥の歯の詰め物がとれました。

たったこれだけなのに、
なんだか食べ辛いものですね。

極力左で噛むようにしても、
ちょっと油断すると右で噛んでいます。

しかも、舌で空洞化している奥歯に触れると
なんだか巨大な穴に感じます。

舌っておかしいですよね?
実際の穴よりすごっく大きく感じますよね?
なんか怖いくらい大きな穴が私の奥歯にあいてしまっているようです。

歯医者さんは久しぶりですが、
美味しいものを美味しくいただくためにも、
早くこの巨大クレーターを埋めなければなりません。

ん?
このままにしておけば食べ辛くて、ちょっとは痩せるのかしら・・・



たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR