FC2ブログ

大晦日ブログ


今年も終わりですなー

はっちゃけの就活やら、ラクロスの大学進学やら、
私の漢字教育士講座受講スタートやら、
ホノルルハーフマラソンやら、ダイエット&リバウンドやら、
ブログに登場しない些細なことまで含めたら、それはそれは盛りだくさんな一年でございました。

漢字教育士関係でお知り合いになれた方も十数人、ではなく数十人という数!
知り合いが増えれば入ってくる情報量も増え、
結果、人間を成長させていただけます。

得るものの多い一年でございました。

ありがとうございました。m(_ _)m





スポンサーサイト



ミニアイパッド

昨日はJ4と呼ばれる南関東一邪悪なおばさん4人の会合でした。

渋谷で「レ・ミゼラブル」を見て鼻水をぐじゅぐじゅしながら泣き、
ヒカリエで今年最後の忘年会をしました。

J4は全く違う4つの個性の集りなので、話のネタがかぶることはなく、
延々と女性特有のとりとめのない会話が続きます。

J4はおばさんですから、全員の脳の退化が顕著であり、
全ての会話で「あれなんだっけ」「えーとほらあれだよ」
「あのこあのこ、顔は出てるんだけど」「いまコマーシャルに出てるほらあのこだよ」
という具合に芸能人の名前が出なかったり、地名が出なかったり、と話がなかなか進みません。

昨日はJ1がミニアイパッドなる新兵器を持参。
4人の会話でつまると、すかさずそれで検索。
解答をすぐに提示し、「そーそーそれそれ」「その人がさー」と話が続くのでした。

4人の中では最も若いJ2が、ミニアイパッドとほぼ同じくらいのタイミングで
正解を出してはいましたが、やがては負ける日がくるでしょう。
その日はかなり近いとお見受けしました。(笑)

アイパッドなしでは話ができないねー

というのが2012年のJ4の結論なのでした。

<おまけ>
飲んだあとにお茶しようということになり、
「ルノアールでもなんでもいいじゃない」と気持ちの上では合致していたJ4ですが、
如何せんこの「ルノアール」が4人とも出てこない。
「ほら、あのなんとかワールとかノールとかいう昔ながらの純喫茶でもいいじゃん」と
言いながら渋谷のスクランブル交差点でカフェを探していたおばちゃん4人なのでした。











いやーん爪が


今日は仕事納めです。

清掃員が別にいる大きな事務所と違って
掃除といったら台所からトイレからガレージから何から何まで
自分達で掃除をしなければなりません。
(あ、厳密に言うとガレージはいつもボスがお掃除してくれています。)

これは普段でも同じこと。
ゴミを分別したり、集積所に持っていくのだって
キッチンの流しをキレイにするのだって
便座の裏側をキレイにするのだって
自分の家と同じように掃除しなければなりません。
(あ、ちょっと嘘。自分の家は汚ーい。)

こういうことが嫌いな方は、大手の事務所にお勤めにならないといけませんね。
自分が使っている場所ですからキレイにして、気持ちよく仕事したいものです。
自分の家と同じ愛着をもって、職場を可愛がりたいと思います。


それはさておき、掃除が終わってハンドクリームを塗り込もうとしたら
あーら大変、マニキュアが全部とれちゃっています~

ドイツかなんかの「洗剤不要のマジックスポンジ」とかいうものが
汚れも落とすけどマニキュアも落としてしまうみたいです。
すごい威力ですな。

最終日だからぱーっと遊びに行こうと思ったのに~
この爪では~
いやーんかっこ悪い~(T T)

最後まで仕事そっちのけで、ぶつぶつとこんなことばかり言っている特許事務員ですが、
来年もこの調子で続けます。(←今年もまた全然反省しないわけです。)

来年も特許事務、頑張りまっしょい!!
お疲れさまでした!!






言葉に関するテレビ番組


昨日の夜、結構遅い時間に
テレビで言葉に関するクイズ形式の番組をやっていました。

はっちゃけが

「当然、お母さんは全問正解なんだろうねぇ。」

と、いや~な笑顔で言います。
日常会話の中の誤った使い方を指摘するくらいなので大丈夫だろうと
はっちゃけと一緒にテレビに向かってクイズに答えておりましたら(おっさんか)
わからない問題がありました。

日村が大爆笑

これは間違いだそうです。

爆笑・大爆笑は大人数で笑うことを指すので、一人には使えないそうです。
一人の場合は「大笑い」で。

私もよく「ひとりで大爆笑した」と言っていましたので、今後は気をつけたいと思います。
10人で爆笑しているくらいの勢いでガハハハ笑っていることは確かですが。

年賀状完了



事務所の年賀状の投函完了。

とは言え、半分以上はボスがシールを貼ってくれたし、
投函もボスがしてくれました。

特許事務員 「すみませーん。」
ボス    「いいのいいの。でもこの作業やってるところ写真に撮ってくれる?」

・・・いやです。撮りません。
ブログに「鬼事務員」とか書かれてしまいますからね。


今年は700枚近く作りました。
昨年も書いたけれど、いつの間にかこんなに増えました。
お客様、ありがとうございます。

年賀状なんて時代遅れで、無駄だと仰る方もいらっしゃいますが、
これを送ることで年金納付や商標更新時のお客様の行方不明が減ります。

そう思うと、念頭の挨拶もできて所在確認もできる、年賀状とは実に便利な道具のような気がします。





どあほ


久々におじーの話です。

今朝はラクロスが遅くてよいというので
6時半に携帯で目覚ましをセットしておいたのですが、6時に携帯が鳴りました。
出ると、頑固おじーから

「通帳がまだ着かんのだ。」

あわわ、忘れてた。
1週間前におじーから電話があり、「通帳を持ってこい」と言われたのでした。
持っていく暇がないので「郵便で送る~」と言ったままでした。

私 「あーごめーん。年末帰るからその時に持っていくー。」

おじー 「どあほっ!!明日の3時までに必要なんだ何をしておるっ!!」

私 「えー。期限があったの~? のんびりしちゃってたー。」

おじー 「郵便で送ると言ったら、その日か次の日には発送するのが常識だ!!(ブチッ)」

朝から怒鳴られました~。
相変わらず元気だねーおじー。

確かに確かに、私がのんびりしすぎていましたね。
飲んで歌っている暇があったら、送れましたよね。
というわけで、朝一で『午前中必着』の宅配便を手配してから出社した次第です。


<おまけ>
朝っぱらから怒鳴られて目が覚めました。
いやー久しぶりにおじーの「どあほ」を聞きました。
「ばかもんめ!!」又は「どあほっ!!」を子どもの頃から何度となく
浴びせられてきましたが、この関西弁の叱責は標準語のそれより効くんですよ~
なぜでしょうかね~











書いたでしょ


早速T子から「書いたでしょ」のメールがありました。

私ははっとしました。

もしも、T子のご実家に空巣が入ったなら
私がブログに金塊の在りかを書いたからだと責められやしないかと。

いやいや、
むしろ私が最有力容疑者になるのではないかと。

年末年始に金塊盗んで、年明けバリに国外逃亡・・・

地味な特許事務員の綿密な犯罪計画にインターポールもびっくり、みたいな。

普通は目元にだけモザイク入れるのに、
「特許事務員A子」はなぜか顔全体にモザイク入れられたりしないでしょうね。
嗚呼、想像しただけで腹が立ちますな。(笑)

さてと、ご飯でも食べましょ。


【その他】の欄は大切


昨日の権利譲渡や表示変更等は、それぞれ別の手続と同日又は事前に行うものであり、
特許庁での書類の動きを考慮して全て【その他】欄に
「○年○月○日付にて意願○○-○○○○に関する○○を提出済み。」と入れました。

包括委任状に関する【援用の表示】も必要だったりして、
「うーん・・・これを出してこれだからこっちにこれ書いてあげて、
 これも別の部署に行くだろうからここにはこれを書いてあげて・・・」
特許事務員の独り言は激しくなるばかり。(笑)

【その他】の欄の記入は、提出者から特許庁への気配りみたいなもので、
それを書かなかったために、特許庁サイドで同一案件の別手続書類が別部署でばらばらに処理されて
結果、受理までに時間がかかってしまったり、
特許庁サイドの手続上のミスが生じたり、
と色々な弊害が起こり得ます。

たとえ特許庁サイドのミスで識別番号をふたつ付与されてしまっても、
統合手続はこちらでやらねばならず、結局手間が増えてしまいます。

毎日大量の書類が特許庁に届き、それを各担当部署に振り分け、処理する。
それは大変ですよね。

お互いに仕事がやりやすいように、【その他】の欄の記載は面倒ですが必要だと思います。

そんなことはないかもしれませんが
「お~、【その他】欄に書いてくれて助かったよー。」
と特許庁の担当者が思ってくれると嬉しいですね。




若い娘はよく笑う


うるさくてかなわん。
読みたい本と読みたいレポートがあるのに。

なんとかならんか。
・・・ならんな。
ならんならん。


30年前は私も友達とのお喋りが楽しくて仕方なかった。

「箸が転げても」というが、本当に些細なことで笑いが止まらなくなり、
授業中にもかかわらず涙が出るほど笑い、挙句の果てに先生に廊下に摘み出されても
まだ笑いが止まらなかったことがある。
不思議なことに止められないのである。

若い娘の笑い声はなんだか幸せそうに聞こえる。
笑う娘たちはぴんと張った頬が紅潮して、大袈裟ではあるが「きらきら」している。
陽の気を撒き散らしているようだ。

そう、笑う門には福きたる。
笑わせておきましょう。

福の神よ、こっちですよ~ん。





こんな時間に・・・


はっちゃけよ

こんな時間に友達を3人も連れてくるでなーい!!!


そんなにお布団ないし、

寝る場所だってないし、

そもそも私の眉毛がない。


せめて私がお風呂に入る前に連れていらっしゃい(T T)


珍しく今お昼完了

年に一度あるかないかのお昼のずれ込みです。
1時間半もずれ込むと空腹の峠を越えてしまいますね。
(でも食べます。)

ボスが心配して

「お昼食べないのー?倒れちゃうよー?」

と声を掛けてくれましたが、ちょっとキリが悪かったので続行した次第です。

・30条の証明書提出書1件
・商標権の表示変更5件
・特許権の表示変更1件
・意匠権の移転登録申請1件
・意匠の名義変更1件
・包括委任状提出2件
・特許登録料納付書1件
・減免申請書1件

午前中の作成書類は以上です。
ね、これらを中断してお昼を食べると、
なんだか初めから頭を整理し直さないと再着手できない感じしませんか?
私だけかしらん。
私には無理です。
食事を摂ると頭も身体も完全リセットされてしまうので。(笑)

今回出てきたイレギュラーパターンは、
特許設定登録で市町村民税非課税で減免申請をして1~10年分一括で支払うというパターンです。

1~3年は免除だから登録料納付書は提出不要
→では4年~10年分だけ納付しよう
→おやおや、4年分以降では【事件の表示】が出願番号では通らない
→1~10年分納付にして【特記事項】の欄を修正
→通りました
→あれあれ、減免申請書の【申請の理由】の欄もこれに合わせないといけない

そんなこんなで、特許事務員のお昼は珍しく遅れたのでしたー。
午後、実用新案を触ると今日も「四法の日」になりますねー
(触りたくないよー。)

T子の金塊


なんだかんだ言ってよく絡むT子、みたび登場です。

T子の実家には金塊があるそうです。
(T子のキャラ的に、こういった話は自慢話ではありません。何でも言う人なんです。)

もちろん金庫にしまってあります。
結構な額になるそうです。

この話しを聞いて

「で、ご実家が留守になるのはいつなんだい?」

と質問した時の私の目は、『笑っていなかった』そうです。
うっそだ~ (T T)

街の数字

10 素通り
20 チラ見
30 ちょっと気になる


50 歩みを止める


70 血湧き肉躍る 


そしていよいよ
90%OFF! 私のハートを鷲づかみーーーっ!


以上、年末セールの数字に対する特許事務員の反応パターンでした。





海鮮居酒屋でクリスマス

斬新なクリスマスイブであった。

世の中はクリスマスといえばイタリアン
イタリアンとフレンチのお店はどこもいっぱい。

ならばまさかの海鮮居酒屋。
ガラガラだから、お店の人にもありがたがられる。


大漁旗の下、クリスマス会スタート!

シャンパンの代わりに生グレープフルーツサワー

前菜は、うるめいわしとみりん干しを火であぶって
かにみその甲羅焼きと
えびのぷりぷりマヨネーズ
なんだか色々出てきたけれど思い出せないほどすぐ胃袋へ。

メインは、がっつり鮪のカマを熱燗とともに

お口直しにちくわの磯部揚げ

最後はいくらとカニと雲丹山盛りの軍艦寿司

ホッピーセットが宙を舞う



今宵は楽しいクリスマスイブ
そうさ我らは仏教徒♪


<おまけ>
この後ろに、「からっぽ皿は ナンマイダ!」と続けて下さった方がいらっしゃいます。
うまいわー。くらっときましたわ。


話し上手・聞き上手

話し上手・聞き上手とはどういう人のことを言うのでしょう。

私の周りの話し上手な人を思い浮かべてみました。
1.話題(知識)が豊富
2.空気が読める
3.気配りができる
4.笑いのツボを心得ている
5.自分の話題にもっていかない

同じく、聞き上手な人を思い浮かべてみました。
1.表情が豊か
2.空気が読める
3.気配りができる
4.集中力がある
5.自分の話題にもっていかない

話し上手で聞き上手な人になると、それはもう神の領域。
共通項はあるにしても、なかなか両方できるものではありません。

いずれも重要だと思うのが5番ですが、これは本当に難しいと思います。
話し上手さんは
自分のことはネタとして使いつつも、
決して自分のことばかり話さないで相手の考えを聞きだします。
(最終的に相手に話しをもっていけるように、考えながら話題を提供しているのだから凄い。)
聞き上手さんは
相手の話から連想された自分の話に話題を移行することなく、
軽く情報提供をする程度で相手に同意します。
(軽く情報提供をするためには文章を要約する力が必要なので、
聞き上手さんにはかなりの文章力があると推察します。)

これはもう神業でしょう。
自分を客観視できる冷静な方でないとできないと思います。
でも冷静すぎては訴えるものが少ないので、人の心・ホットな部分も持っていなくてはならない。

うーん、学ぶところが多いです。

昨日の昼間、漢字教育士の受講生で女子会(婦人会)があったので、話し上手・聞き上手・両方上手の皆さんに私は感心するばかり。
私も80歳くらいまでに、なんとかどちらかを身につけたいと思います。
完全な婆になるまでに、やらなくてはいけないことがたくさんありすぎて、
私のこれからは大忙しです。


<補足>
私は日本人のくせに富士山山頂に行ったことがないので、
歩けるうちに登らなくてはいけないということも、昨日気づきました。あー忙しい忙しい。







サンタクロースがきました


今夜は家でのクリスマスパーティーでした。

なんと
はっちゃけとラクロスから私にクリスマスプレゼント!

エッセンスアイマスク(目元用美容液マスク)と
マルチスティック(充電・カイロ・懐中電灯)を戴きました。


プレゼントそのものも嬉しかったけれど、
何よりも
君たちが優しい大人になってくれたことが1番のプレゼントでした。


サンタクロースさんありがとう!








夜中に息子が


お風呂に入って、
歯磨きをして、
おしゃれして、

こんな時間にどこへ行くんだよお前さん。

  ラクロス 「いまから(彼女のところへ)帰るんだよ~ん♪

ほっほー。そう来たか。
 
  母 「じゃ、お兄さん、また遊びに来てねー!!!

と満面の笑みで見送ってやったら、

  ラクロス 「あーうそうそ。行って参ります。」

と前言撤回して出て行きました。
私の笑顔はそんなに怖いのかしらん。







この時期嬉しい3連休


年の瀬のばたばたした頃、

クリスマスの準備に忙しくて、もう1日休みがあったら・・・と思う頃、

この3連休は誠にもってありがたい。



国家の象徴・天皇陛下はとても良い時期にお生まれになった。


では3連休に突入~!
(ちなみに、飲み会と食事会で毎日埋まっております♪)



川越シェフの「ハッピーターン入りちらし寿司」


まずそうなタイトルで失礼致します。

先日テレビで川越シェフが満点を採った創作料理でございます。
満点を採ったけれど、「本当に美味しいの~?」と再現を躊躇していた特許事務員ですが
昨日、トライしてみました。

激うまです。

材料は
ご飯 2合くらい
ちらし寿司のもと 2人前くらい
大葉 10枚くらい
煎りごま  大さじ3杯くらい
むきえび  30匹くらい
ハッピーターン  30枚くらい
※分量にすべて「くらい」がついているのは、私がスーパーO型だからです。
 川越シェフに責任はありません。
 
作り方は
冷凍むきえびを塩・胡椒・ガーリックで表面に焦げ目が付くくらいに炒める
(炒めながらむきえびを半分くらいに「へら」で切る。超手抜き。)
大葉を細かく刻む
ハッピーターンを袋の上から叩いて砕く(粗め・細かめ混在がいいです)
これらと市販のちらし寿司のもとと煎りごまを、炊きたてのご飯に混ぜる
これだけ。

お煎餅とちらし寿司を混ぜるなんて~
と思うでしょうが、これをおにぎりにして海苔で巻いたらホームパーティーとかでも
話題沸騰だと思います。
すごーく美味しいです。

でも、時間が経つとハッピーターンが湿気てしまうので美味しくなくなります。

作りたてのパリパリした食感が、ご飯にアクセントを添えてかなりいけます。
色どりがよいのでクリスマスパーティーにも使えるかも。

「うわっ気色悪っ!!」と食べることを敬遠していたラクロスですが、
一口食べたら「めっちゃうめ~」と感動しておりました。
さすが川越シェフでございます。

対決 近所の悪ガキ


うちの近所に、はっちゃけより2歳下の有名な悪ガキがいます。
幼馴染なので、小さい頃から泊まりにきていました。昔は可愛かった。

先日はっちゃけとカラオケに行ったら、
その悪ガキが友達二人でちょうど受付をしているところでした。

サングラスにひげ面、極細の眉、この寒いのにTシャツに皮ジャン、
パンツ丸出しの腰パンにジャラジャラと貴金属がいっぱいでピアスだらけ。
相変わらず悪そうなやっちゃなーと思いつつ、後ろで息を潜めておりました。

悪ガキが後ろにいる私たち親子に気づきました。

開口一番、

「ブスじゃーん!」 (あたかもうちの娘の名前が「ブス」であるかのように呼ぶ。)

おいおいおいおい、公衆の面前で何を言う。
マスクをしていたはっちゃけがマスクをとって反撃しましたが

「ブスじゃーん!!」

と再び。
さすがのはっちゃけも周りの人の手前、ひるみました。
悪ガキの友達は横で大笑い。
顔は不細工でも可愛い我が子!加勢せねば!

「ちょっとぉ!ひとんちの娘にブスブスブスブス言わないでよ!!」

と悪ガキの上腕部を右手にスナップきかせてぶっ飛ばしました。

「マジ痛ってぇ~よぉ~~~」

やった、勝った、と思ったら
はっちゃけが

「お母さんの方がブスブスブスブスって大きい声でたくさん言った~(T T)」

と。

ほんとだ。これじゃどっちの味方か分かんない。
というわけでドロー。


<おまけ>
悪ガキのご両親とは仲が良いので、2~3発ぶっ飛ばしたところで問題なし。











私のダックワーズ


私はダックワーズが大好物です。

死んだらお墓には、ダックワーズとわさびと梅酒をお供えして欲しいと
息子と娘に口をすっぱくして言っているくらいです。

いま、セブンイレブンで巨大なダックワーズが売っており、
これがびっくりするほど美味しいのです。

自分へのご褒美として週に1度は買って帰ります。
(「元気に生きている私ってすんばらしい!」という、かなり低めに設定されたハードルではありますが。)

で、2日くらい前に買って冷蔵庫にしまっておいたのですが、それがなくなっている。
あれれ、ないないない。

すると後ろから
「美味しく戴きましたよ~。」
とラクロスの声。

えええええええーっ

それだけではないのです。
今朝、私は炊飯器に夜ご飯用に3合炊いて出かけたのですが、
帰宅すると炊飯器は空っぽであり、また炊き直しました。
そう、ラクロスがお昼に3合食べちゃったのです。

100歩譲ってご飯は許すけど、ダックワーズまで食べることないじゃーん
私のダックワーズ食べることないじゃーん
はっちゃけのオーストラリア土産のカンガルージャーキーでも食べてなさいよ~~~
ワニジャーキーもまだあるわよ~

そんなわけで明日またダックワーズ買って参ります。

この時期が一番好きです


去年も書いた気がするけれど

クリスマス前のこの時期の街が一番好きですねー

イルミネーションがきれいだし、
なんとなく皆さん浮かれていて、
気のせいか若い男女がいちゃらいちゃらしていて、
(「クリスマス追い込みカップル」或いは「にわかカップル」とでもいうのかしら
兎に角カップルが増える時期です。)
全体的に街が、陽の気に満ちているように思います。

これがクリスマスを過ぎると一気にお正月準備モードになり、
学生たちは故郷に帰り、
一気に街は高齢化します。

お正月もよいけれど、やっぱりこの時期が一番いいなー♪

お、もうこんな時間、帰ろうっと。
お疲れ様でしたー

プリンターの調子悪し


事務所のプリンターの調子が悪いです。

印刷面に黒い筋がでます。

ドラムの交換をしたり、汚れ部分のローラーを拭いたりしても
なかなか改善されません。

因みに、ドラム交換とかローラーのお掃除をやっているのは私ではなくボスです。
横で一生懸命やってくれています。

なぜ、事務員がやらないのか

それは私が怪力でガサツな為、精密機器に私が触れることを
ボスが怖がるからです。

握力は40以上あります。
腕っ節には自信があります。(役に立つのはジャムの瓶の蓋を開ける時くらいですけど・・・)


<おまけ>
はっちゃけは握力が「9」です。
「右手は14もある」と自慢しておりましたが、私の1/3ということになります。
口では勝てませんが、いざとなったら10秒で倒す自信があります。
(娘ですから、倒す必要はないか・・・)




職業病


バリのオプショナルツアーをここ1週間で決めなくては、
と思って毎晩のようにネットでバリ情報を検索している特許事務員です。

昨日、夕飯を作り終えて子どもたちが帰ってくるまで暇になり、
またバリ情報を検索しようとパソコンを立ち上げました。

コーヒーを飲もうとキッチンに行き、
戻って画面を見ると、なんと

IPDL!

何をやっているんでしょうか私は。(笑)
「バリオプショナル」とかいう一連一体の商標でも検索しちゃうのでしょうか。

無意識って怖いです。







今朝、痴漢に遭いました。


特許婆は年甲斐もなく髪を伸ばし、
自慢の最新兵器「クレンツヘアアイロンプロフェッショナル」ちゃんで
毎朝くるくる巻いておりますゆえ、後ろ姿は若く見えるのかもしれません。

そんなわけで、久しぶりに満員の京王線で痴漢に遭いました。

「そりゃお前さんの勘違いだろうよ」
と私を知っている誰もがそう思うでしょう。

しかし、
痴漢に遭ったことのある人は、その『手』が痴漢のそれであるか否か、
はっきりと分かるものです。

おしりにくっついているその手が
グーなのかパーなのか
掌がおしり側なのか、手の甲がおしり側なのか。
洋服の上からだって、それはちゃんと分かるものです。

満員電車に乗る時のポジショニングが悪くて、
うっかりおしりのところに手がいってしまい、痴漢と思われたくないから
その手を別の場所に移動することもあるでしょう。
その動きまでは痴漢行為としてカウントはしません。
意外にこちらは冷静ですし、極めて良心的です。
「様子見」という執行猶予が与えられています。

初めグーだった手の甲が、
電車の揺れと同時にぐるりと回転し、
次の揺れとともにパーになり、
恐る恐る揉み揉みし始める。

たわけ者めが。
お前さんが触っているのは婆のおしりだ。
降りるときに顔みてびっくりしても知らん。後悔しても知らん。

私はコートの前を開けていたので、コートの中から
自分の手をおしりと、おしりを触るその手の間に入れました。
直接その手を触るのは気持ち悪いからです。
するとその手はその後、微動だにせず、終点まで固まっていました。(笑)


<おまけ>
50代後半のサラリーマンでした。
若いイケメンだったら良かったのに・・・ではなくて、
こういう人が普通に会社勤めして、普通にお父さんしていると思うと
なんだかがっかりですよね。
どうか今後は、お家で奥さんのおしりを気が済むまで触ってから電車にお乗り下さい。











バリ旅行オプショナルツアー


1月にバリに行きます。
アヤナリゾートとというホテルに泊まります。
ホテルが充実しているのでずっとホテルにいても楽しめるそうです。

そのホテルの敷地内にロックバーという海に突き出たバーがありまして、
特許事務員はどうしてもそこでお酒が飲みたいのです。
バリの海に沈み行く夕陽を見ながら、ブルーのカクテルを飲みたいのです。
なんとしてでも飲みたいのです。(←特許婆の執念を感じて戴けますでしょうか。)

で、ツアーを頼んだ旅行会社にオプショナルでこの『ロックバーで飲む』というものがあり、
これに申し込めば、間違いなくここで飲めると思った私は
何よりも先にこのオプショナルツアーを申し込みました。

ところがですね、ネットの情報を掻き集めると
アヤナの宿泊者はオプショナルツアーの集団とは別に、優先して入店でき、
しかも夕陽の見える特等席に通してもらえるというのです。

オプショナルツアーは割高の上に、お席もよくないらしく、満席の場合は待たなければなりません。
日没に間に合わない可能性もあります。
宿泊中に何度か足を運んだ方が、よい時間に良いお席で飲めると思ったので
結局オプショナルツアーはキャンセルしました。

ホテル宿泊者がそのホテルのオプショナルツアーを申し込もうとしたら
「それはかえって不利ですよー。」と言ってくれるような旅行会社がよいと思います。
ネットで気づいてよかったです。

必ずや、飲んでみせます。
特許婆! ロックバー!

お後がよろしいようで。



心の臓が・・・

さきほど、
お客様がいらっしゃるので接客用テーブルを台ふきんで拭いておりましたら
飾ってある額の後ろにとかげが・・・

特許婆、絶叫して部屋の隅まで避難しました。

すると驚いた様子もなくボスがやってきて
とかげ(私はヤモリだと思っていた)を平気で指でつまむのです。

「えーーーーーーっそのままつかうじゃうのぉ!?」

こともあろうか、
ボスはとかげを私に向けて投げつけてきました。

ひいいいいいっ!!!!!!!!!!!!



おもちゃでした。
精巧なおもちゃでした。
心の臓がばくばくいって、確実に寿命が縮みました。
「(寿命が縮んで)それくらいで丁度いいんじゃない?」
とボスが言いました。

この一連の言動を、世間では何ハラと呼んでいるのでしょうか。ご教示下さい。


<おまけ>
早速「TOYハラ」なる名称のご提案を戴きました~♪
ゴロも良いですし、採用させて戴きますm(_ _)m



潔い母


昨年までラクロスはアメフト部でしたが、
同じチームだったM川君が昨日の甲子園ボールに出ていました。

結果は惜しいところでまさかの逆転負け。
日本一を逃しました。

高校でも群を抜いてうまかったM川君でも負けてしまうのか・・・
大学アメフトのレベルの高さを痛感します。

今日、M川君のお母さんとメールのやり取りをしたのですが、
「関学は凄い!点差よりも断然強い!」
と書いてありました。
なんて潔いお母さんなのだ。かっこいい。
僅差で負けたら私だったら「惜しかった、惜しかった」と100回言いますよ。
1時間に100回ね。(笑)
やはり大物プレイヤーの親は違います。

そして、M川君は
「大好きな先輩を勝たせたかった」
ともらしたそうです。

もう目頭が熱くなってしまいます。
泣かせる話じゃーあーりませんかー
うーんいいね~、スポーツの世界は。

東も西も、日本一を目指して頑張ってもらいたいものです。




おじーに先を越されました


おじーから電話。

私 「もしもし?」

おじー 「お、かかったかかった。ブチッ。(切られた)」



おじーから電話。

私 「もしもし?」

おじー 「あ、お前か。ブチッ。(切られた)」



おじーからの着信履歴。かけ直す。

私 「もしもし?」

おじー 「なんだい?あーなんでもないんだよ。ブチッ。(切られた)」



おじーから電話。

私 「もしもし?もしもし?もしもーし!!

おじー 「(明らかに同じ敷地内に同居している兄との会話が延々と続き)あれ?
      なんか電話が喋っとる。誰だ?もしもし?」

私 「誰だじゃないよ。そっちが掛けてきたんでしょ~。」

おじーから兄に替わり 「おじーがiphone5にしたんだよ。お前の電話とメールで練習しているらしい。」


OH MY BUDDHA!
おじーがガラパゴス携帯を卒業。
先を越されました。(T T)





優秀選手


ラクロスが昨日の試合で活躍したらしく、優秀選手として賞品を戴いて参りました。

体育会系とはいえ、とてもとても目立たない子でして、
勉強もできないし、
リーダーシップもとれないし、
『草食系体育会男子』という妙なカテゴリーに属しています。

ですから試合で活躍することは、本人にっとても親にとっても唯一最大の喜びなのであります。

スタバのバイトが23時に終わって、
24時過ぎに帰宅して晩御飯を食べ、
翌朝練習がない日は、そこから着替えて2時くらいまで駐車場で素振りの練習をしています。
地道にこつこつ頑張るタイプですが、その頑張りが日の目をみないことも当然あるわけです。
頑張りを知っている家族としては、今回の賞は本当に嬉しいです。

毎晩の夜中の晩御飯作りと、
大量の練習着の洗濯と、
頻繁にある合宿代支払いと、
休みの日でも5時起きでお弁当と水筒に温かいお茶作り・・・
という私の苦労も報われます。



なのに、
なーのーに、
優秀選手の喜びを
彼女に真っ先に報告しに行くってのはどうなんだい~


以上、今日になって報告を受けた母のぼやきでした。


<おまけ>
わかってます。わかってます。
これが普通ですよね。まともに成長している証拠ですよね。

小学1年生のとき、野球でデッドボールを受け、そのまま味方のヒットで2塁3塁と進み、
ホームを踏んだあと真っ直ぐ私のところに走ってきて「痛かったよ~」と泣いた小さなラクロスが
思い出されます。

さてと、私は昨日買った漢字の本でも読むことにしますかね~











たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR