FC2ブログ

美人トリリンガルアルバイト様

※この記事、書いたままアップし忘れていました。(T_T)


仕事に関しては、
特許事務も雑務もできる限りの力を尽くしたと思っておりますが(←出来については言及しない。)、唯一心残りなのはBTA、美人トリリンガルアルバイトさんのことです。

周りにおしゃれなお店もなく、
同年代の同僚もいない、
うちのような小規模事務所に入ってきてくれた
大手特許事務所の外国チーム出身のBTAさん。
容姿端麗、英語と中国語が堪能で、仕事もきっちりできるし、
おしゃれで会話も楽しいスーパーアルバイトさんです。

2年くらいかけて、
国内特許事務を基礎からお教えしたいと考えておりました。

外国と国内の両方ができれば、
お子さんの中学受験が終わって、
将来的にもしどこか他の事務所に行くとしても、
きっと転職し易くなると思ったからです。

しかし、次々に舞い込む外国案件の処理で、
余り教えて差し上げられませんでした。

そして突然の事務所移転。(>_<)
その後はバタバタしており、新しい国内特許事務をお教えすることは全くできませんでした。

本当に申し訳ありません。m(_ _)m

BTAさんの人生設計もありましたでしょうに、
恐らくそれを狂わせてしまったようで、
心苦しく感じております。

今後のご活躍を、
ただひたすらに祈念致しております。


〈おまけ〉
いつも楽しい時間をありがとう〜♡
色々あって面白かったね〜。(o^^o)




スポンサーサイト



美人トリリンガルアルバイトさん登場!

我が事務所が誇る有能なアルバイトのBTAさんに
折角だからご登場戴きました~(笑)
内容自由で記事をお書き戴きました。
固有名詞のみ手を入れさせて戴きました記事を掲載させて戴きます。


******


10年ものブランクがあったおとぼけ主婦が特許事務に復帰することになり、

遠い記憶を呼び起こしながらお仕事を始めましたが
先生はじめ特許婆さんに温かく見守っていただきまして、
この1年8カ月でなんとか社会復帰することができました。

本当にありがとうございました。

こちらの事務所にお世話になる前は、
外国(内外)事務中心の業務を行っていたので、
今回、ご一緒させていただきまして国内特許や商標、意匠、実用新案など
今まで知らなかった世界を知ることができて、とてもとても勉強になりました。
そして知的財産の世界は奥深いな~、
やっぱり特許事務って楽しい仕事だな~改めて思いました。

事務所移転の一カ月は
人としての心やこれから自分の進むべき道など考えさせられ、
戸惑い、悩むこともありましたが、
明日からまた前を向いて真面目にコツコツ特許事務の仕事を極めていきたいと思っております~。

それを続けていけば、
またさ・ら・に素敵な特許の世界で特許婆さんと出会えるはず・・・
と信じて努力してまいります。

いままでありがとうございました💛


*******


婆を持ち上げる記事を書いてと頼んだわけではありませんよ~
ま、目が怖かったかもしれないけど。(笑)

本当に本当によく頑張ってくださいました。
ありがとうございました。m(_ _)m


奢られるものは久しからず

昨日は義理息子がどうしても焼肉に行きたいというので、
都内の漢字教室の帰りに下北沢に直行しました。

ラクロスも後から合流したので、
一人前1500〜2000円の肉をガンガン注文していました。

「お母さんこれから暫く、
アルバイト生活なんだから
ちょっとは遠慮してよ〜(T_T)」

などとぼやきながらも、
お店の人を巻き込んで、
みんなでワイワイと賑やかな焼肉を楽しみました。

お店のお兄さんに、
テーブルでクレジットカードを渡そうとすると、

いつもは
「ごちっス!」
「あざっス!」
の義理息子が、

「ここはわたくしが( ̄▽ ̄)」

と自分のクレジットカードを出してきました。

「えーっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
いいよー、
お母さん出すよー」

と抵抗しましたが、
結局押し切られご馳走になってしまいました。

結構な額です。
さすがに恐縮してはっちゃけに、

「ごめーん、いいのかなー。」

と言うと、
ケロッとした顔で、

「いいのいいの!
その代わり、リッツよろしくね♡」

と。

((((;゚Д゚)))))))
結婚記念日近くの週末にリッツカールトンに泊まりたいというので、
婆の会員割引を使って予約してあるのですが、
その代金がこちらに回ってくるというシナリオが…?!

銀行員同士の若夫婦、恐るべし。

奢ってもらったと喜んでいたのも束の間だった
という話です。





なんでそんなに働くの?

義理息子はよく働きます。

朝は新聞配達が来るより早く家を出て、
夜は22〜23時に帰ってきます。

ノルマも月に1億を超えますが、
駆けずり回って集めてきます。

リビングではっちゃけがラクロスをいじめている横で、

「よく身体がもつねぇ。
なんでそんなに働くの?」

と義理息子に軽い気持ちで聞いてみたところ、
彼はひそひそ声でニコニコしながら答えました。

「たくさんお金を稼いで、
この人と楽しい老後を過ごすためっス。」


神様!
婆にもこんな旦那を下さい!!


結婚1周年

紙婚式というのでしたっけ??

紙婚式なんてネーミングは、
結婚して25年、30年経った、
紙のように薄っぺらな繋がりの夫婦に相応しい
ような気がしますが(笑)

本日ははっちゃけと義理息子の
「無事結婚して1年経過記念日」
でした。

残業をして22時くらいに帰ってきた義理息子は、
顔に似合わぬピンクの薔薇を5本、

これまた薔薇が似合わぬ顔のはっちゃけに
買ってきてくれたのでした。

「あいつが、花なんか買ってくるわけない!」

と断言していたはっちゃけですが、
喜びで大きな目が更に大きくなっていました。
キラキラしておりました。

義理息子よ、ありがとう。
はっちゃけは南関東一幸せな嫁かもしれない。
また1年、どうぞよろしくお願いします。




たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR