FC2ブログ

取消審判請求書の補正 

先の記事で書き忘れましたが、
→記事はこちら

取消審判の対象が国際登録の場合、

請求の趣旨の欄の指定商品(取消を求める部分)の記載も
英文でお書き下さい。

そうしないと庁から電話がかかってきます。
(というか、かかってきました。笑。)

退職3日前に補正書か~
はじかち~ f^ ^;)



<おまけ>
ご存じかと思いますが、
取消審判に限らず、
副本を添えて庁に提出した書類の補正には、副本をつけることをお忘れ無く~
老婆心ながら。

スポンサーサイト



やっぱり最終日前日まで特許庁受信することに変更!

いよいよ最終週となりました。

朝一番のBOSSの指示は、

「やっぱり特許庁は6/9まで見て。」

でした。

嬉しいような、
前日まで見ると、さすがにきついような複雑な心境。

でもなんとか頑張ります。

今週は登録査定と特許査定だけだと嬉しいのですが~(^^)



結局昨日で特許庁受信は終了でした。

6年間勤め上げた特許事務所での
最後の特許庁受信!!

登録査定がどっときてくれると嬉しい!
出願のキリ番も欲しい!

などと気合いが入っておりましたが、
なーんのことはない、
BOSSが急な外出で(←やたらと「急」が多い方です。)
今日の特許庁受信作業はなくなりました。(T0T)

昨日が最後だと知っていれば、
もっと感慨深い受信作業となりましたものを・・・よよよ。

これが人生最後の特許庁受信でもないし、ま、いっか~


国際登録商標の原簿取り寄せ

「楽をしようとしたら、危うく失敗するところであった」
という良い例をご紹介します。

マドプロの登録原簿が必要となり、
外国の原簿閲覧はしたことがなかったので、
まずは特許庁ホームページで手引きを確認しました。

→こちらの666ページ6(1)

1500円かぁ。
しかも紙なの?
オンラインで閲覧できないのかしら・・・

と思って、自分で調べれば良いのに、
面倒くさいからといって特許庁に電話で聞いてしまいました。

担当者が周りの人にも確認してくださって、
「国際登録の原簿はオンラインではとれません。」
と回答してくれました。

ふうーん、だめなのかぁ。
でもこのご時世で本当にダメなのかなぁ・・・

すると特許庁ホームページにこんなページがあるのを見つけました。

→こちら

むむむ。
とれるねぇ。
これ、確実にオンラインでとれるよねぇ・・・
(特許庁でも間違えることはあります。)

とりあえずやってみましょ。
    ⇩  
いとも簡単に、1時間もしないうちに閲覧可能になりました。

やっぱり楽しようとしてはいけませんね。(^^)

商標不使用取消審判 「被請求人が海外の場合」

海外の権利者を被請求人欄に書くときは

国際登録の場合は 現地語のまま(英語が多い)
それ以外の場合は カタカナ表記

だそうです。

なお、国際登録の場合の商品指定役務等も英語で書かなければなりませんが
その和訳については不要だそうです。

たいやきさん
プロフィール

特許婆

Author:特許婆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR